突然Sims3プレイ日記:自分再現プレイ(自宅作成)

エイです。

あまりにも突発的ですが、
最近になってSims3をプレイし始めました。

2012年1月までUOをプレイしていたのですが、当時のPublishなど(Pub73導入後)の状態などを鑑みて、先行きが不安になり止めることになりました。
そのほかにも色々理由はあったのですが、ここでは割愛。

当時はGameTime180をUOGameCodeでドル建て購入していたので(当時は1US$=¥78.00ぐらいで、確か$64.39)、6ヶ月辺り\5,000ぐらい(実際は二人分のため\10,000/6ヶ月)かかっていたかと思います。

その後、何かできることがないかなと、各種Microtransfer系MMO(いわゆるアイテム課金型)を支払い無しプレイヤーとしてうろうろしてみたり。
(どこへ言っても代わり映えはしなかったのですが・・・;)

そういえば、前々からSims3が気になっており、マシンの強化と平行でこつこつとパッケージを買っていたのですが・・・
最近ようやくストレス無くプレイできる環境になったので、これを期に始めてみようかと言う感じになりました。

さすがに先代のマシン(PentiumDualcore+RadeonHD5450+WindowsXP(メモリ4Gフル))の組み合わせではFallout3がひぃひぃ言うレベルだったので・・・;

前々から「自分再現プレイ」をやってみたく、特にSims3ならうってつけかな?と思い、ひとまずあるデータセットだけで構築してみることにしました。


さて、まずは自宅の再現から。

・・・これが結構難関だったわけですが・・・

(条件)
・二人暮らしでの初期資金 18,500シムオリオン で暮らせること
・できるだけ間取りは再現すること

何せ現在の家は2階建て、3DKの魔改造ハウスですからねぇ・・・

・・・と言っていても始まらないので、おうちの作成に入ります。

何度かの試行錯誤の結果、
・Lotサイズは20×20で十分→土地代が安く浮く
・各部屋のパーツは、できるだけ現実に即した配置にする。
 我が家の場合は階段下がトイレブロックだったりするので、その辺りを注意。

副次的に判明したことではあるのですが・・・
シムズの1マスっていったい何cm四方なのでしょうか?
日本的には1マス=半畳という感じでいいかとは思っていたのですが、どうもしっくりこない。

一応海外の建築業界のサイトを当たってみると・・・
・1タイル16’四方が標準→これはシムズ3の「半タイル」の大きさに相当
・シムズ3の1マスはこれの2倍なので、32’四方(=80cm平方強)
と言う感じのようです。
このため、日本風の間取りにするにはちょっとした苦労が。

・ベッドが1×3マスのため、最短マスを3マスにすると、シムがつっかかる。
・4畳半は4×4マスでちょっと広く取る。(273x273cm:320:320cm)
・6畳は4×5マスでだいたいこんな感じ。(273x364cm:320x360cm)

・・・
と言う感じで組んでみた家がこちら。

Sims3再現プレイ:自宅図

うーん、ちょっと古めの日本家屋です。
ちなみに庭付き、家具なし予算は16,300シムオリオンほど、ぎりぎり単身世代でも住めると言う。

Sims3再現プレイ:自宅図

1F内観図。真ん中が廊下で、右側はもともと4畳半の部屋を二間ぶち抜きで改造したLKスペースです。
システムキッチン化されているので、ビルトイン食器洗い機を奮発。
廊下は1ブロック詰められるのですが・・・そこまでするとさすがに住みづらくなり却下。
あと押し入れブロックですが、シムズには押入れの感覚が無いため、とりあえず空きスペースとして作成しています。

Sims3再現プレイ:自宅図

2F内観図。この折れ階段がどうしても再現できず、一部チートコードを使って再現。
うまくやれば後ろ1ブロックを削ることができるかと思ったりしていますが・・・そこはあまり無理はしない。
部屋割りは6畳二間。右側の部屋からはベランダに出られます。
ただ、ベランダが狭いため、物干し竿などを置こうとするとたぶん使えないと言う悲しい状態に;

Sims3再現プレイ:自宅図

そしてキッチン付近の内観図。
実際にこんな家です(笑)
レンジフードなどのキャビネットをつけたかったのですが、いかんせん費用がかさむ為、初期状態としては却下しました。
あとベッドもダブルでごまかしたり。

本当にこんな家に住んでいるんだなぁと改めて感じる次第です。

次はプレイに当たっての分身、シムについて、の予定。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − twelve =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)