2014年度墓参り旅行記:写真編

2014年度墓参り写真集

さて、先日の旅行記の写真編です。

細かい内容は先日の記事を参照してください。


とりあえずタイトルは、2日目に購入した大沼だんごです(何
味は昔(最後に食べたのが10年以上前)と変わらず、非常に懐かしかったです。

自分は「先に消費しただんごの残り餡を、もう一つのだんごを使ってくっつけて食べる」のが好きです。
外道かもしれませんが(汗
この方法、ごま餡だと少しやりやすいです。

さてさて、詳細は例によって折り返し。
写真分量がやや多いので注意。


□2014/10/12(日)

2014年度墓参り写真集
羽田発の便の中から撮影。この日は普通に晴れでした。
最後尾の席のため、ある意味ゆったり。

2014年度墓参り写真集
着陸直前の函館上空からの撮影。
ちょうど眼下に函館山が見えます。函館も晴れていて一安心。

2014年度墓参り写真集
函館空港に到着し、外のバス停にて撮影。
相変わらず本数が少ない…と思ったりするのですが、妻沼時代はもっと酷かったので、このぐらいは普通。
いや、横浜が多すぎるだけ、とも言えるのですが…

ちなみにバスは後乗車(整理券取得)前降車(精算)タイプ。

2014年度墓参り写真集
バスに揺られて、市民会館前に到着。
上空からも見えていたのですが、去年は無かった建築物が…
後で恩師から聞いた話ですが、「元の建物の老朽化が激しいので、いっそのこと新規建築している」とのこと、らしい…
この時点で、「公園部分と駐車場が無くなっている」と言うのは確定です。噴水どこやったんだろう?

2014年度墓参り写真集
そしてホテルへ到着。晩御飯も食べて一息ついた後です。
んー、まぁツアーで取った宿だからなぁ、多少ボロいのは仕方がない。

そして明らかにアルバイト(学生さん)と思しきベッドメイキングのチームが。
2マンセルで行動し、一部屋1分ほどで布団を準備する様は結構圧巻。時間が時間(19:00過ぎ)だけに、学業後にするアルバイトとしては選択肢としてアリなんだなと思った次第。

それにしても…3Gの電波が入らない場合があるのは厳しいです;
ちょうど一番海側、と言うのもありますが…

□2014/10/13(月/祝日)

2日目です。

2014年度墓参り写真集
天気は曇り。それでも函館山が見えるぐらいの天気。
大森浜はあいかわらず漂着昆布の山です。臭うんだよなぁ;

2014年度墓参り写真集
恩師と合流ののち、墓参りへ。
墓前で恩師に撮影してもらいました。

墓碑には、昨年は無かったはずの叔父の名前が…一瞬焦りましたが、赤字のため存命中。
没年表記が無いのも納得。
この辺りの手間をかけさせたくないと言う、叔父の心境が見えたりします。ちなみに御年70越え。胃の全摘もしたよ!(何

2014年度墓参り写真集
毎年恒例のカット。函館山側から函館港側への風景。
今年はちょっと雲が多いです。

で、その後どうするかが完全に予定ナシだったため、隠れた目標を提案。
大沼方面へ行くことにあいなりました。
2014年度墓参り写真集
道中、トイレ休憩と称して北海道昆布館へ寄り道。
近くにはラッキーピエロの総本店があったりします。
(個人的にはラッピ、好きじゃないんだよなぁ…)

…恥ずかしながら、北海道昆布館に「入る」のは初めてだったりします。
バス特活の時とか、必ず寄っていたはずなのですが…
「トイレ休憩」だから「降りなかった」と言うのが原因かと。

展示物を見ながら恩師とちょっと話したり。
恩師が顧問をつとめているサークル「埋蔵文化財研究会」の関係で、色々解説してくれたり。
(未発見の古銭発掘でニュースになってたり)

2014年度墓参り写真集
で、目的地の一つ、「大沼公園駅」に到着。
意外と混んでいてびっくり。バス観光がメインだからかなぁ

2014年度墓参り写真集
そして本命の「沼の家」さん。
後に判明したのですが、ごま餡+醤油の方は原則ここでしか手に入らないらしく、ある意味貴重品。
(あんこと比べて、製造数が少ない+固くなるのが早い)
通常のあんこ+醤油ならば、市内のスーパーでたまに並んでいたり、特急北斗内で購入できたりするのですが。

ついでにわかさぎの筏焼も購入。これは隣の源五郎で買うべきだったか…?

昼食のため、適当な所をチョイス。大沼湖畔のランバーハウスで大沼牛のステーキをご馳走に。
2014年度墓参り写真集
写真は食べ切ってしまった後なのですが(汗
恩師曰く「ここは地元のリピーターがほぼ全てを占める感じ」らしく、観光客用ではない様子。
そもそも「まだ店あるのかな」と心配していたレベルなのですが(マテ

赤身ならいけることが判明。以前、サーロインでやらかした(食べられなかった…)ので、これは収穫。
しかも多少レアでも大丈夫。

そして、面白いネタが無いかと考えていたのですが、タイムリーな所として、
「北海道新幹線の始発駅」となる「新函館北斗」駅の様子を見に行くことに。
2014年度墓参り写真集
とりあえず建築中。
建築中、なのは良いのですが…

2014年度墓参り写真集
ぽつーんとビニールハウスが…
「新幹線駅から20mほどの距離に農業用ビニールハウス」と言う、ある意味非常に心配になる光景。
まぁ、場所が場所だけにしょうがない、とも言えるのですが。
(元々ここは何にもない場所なので)

2014年度墓参り写真集
こんな感じで。

そして函館市街地方面へ戻るときに道に迷う;
…迷いつつも「函館総合車両基地」だけは撮影。
2014年度墓参り写真集
この時点で、まだH5系の車両は港にあったらしく、拝むことはできませんでした。
新幹線用の車両基地、と言うだけあって、ひたすら広かったです。これも例によって建築中。

2014年度墓参り写真集
そしてホテルへ送ってもらう途中、自宅がかつてあった場所に寄ったのですが…
近くの美容室の駐車場になっていました;
まぁ、買い手がついたのは良いのでしょうが…やっぱり寂しいです。

そして懇意にしてもらっていた、通称「お隣の先生」の家も消滅。
あぁ、確実に年月が経過しているなぁと感じました。

□2014/10/14(火)

3日目です。
2014年度墓参り写真集
今日は雨。まぁ台風19号が…と言う状態なので、致し方なし。
この時点では、便そのものには影響はほとんど無し、と言う情報はあったのですが、やっぱり心配。

と言うわけで、お土産の購入などは空港で済ませることにして、チェックアウト後に直接空港へ。

2014年度墓参り写真集
待ち時間もたっぷりあるので、空港内の美鈴珈琲で甘いものを補給。珈琲は味的に美鈴ブレンドと思われます。
亡き母曰く「チーズケーキは原価は安いが、腕が直接味に出るので難しい」とのこと。
美鈴のケーキは食べなれている「いつもの味」でほっとする感じでした。

2014年度墓参り写真集
ちなみにD型は当然のようにパフェを注文。
「甘いものは完全に別腹」と言うのは当人談。どんなに緊張してても食べられるらしいです(何

…そして無事帰宅。
途中、羽田の滑走路の着陸待ちで5分ほど遅れが出た以外は、順調に帰ってこれました。

2014年度墓参り写真集
今回のお土産(の一部)。お土産っぽくないものは割愛しています(何
のしいかとか…

「金のガラナ」は、飲んでみたところ、「パンチの強いコアップガラナ」と言う印象。飲み慣れているので特になんともなし。
飲んだことが無い人に勧められるかと言うと…ちょっと微妙か。
ちなみにガラナエキスの配合量が多いとのこと。これで夜も(ry

松前漬は「non子持ち」が一番好きなのですが、こいつは子持ちでした;
味はいつもの「竹田製」。「布目製」と比較して、塩辛く、ちょっとアルコール臭がするのが特徴。
ごはんのおかずとしては竹田製を推します。

…という感じで、今年の函館旅行記は完結です。
また来年も墓参りのプランを立てねば。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)