E型:メインPCのキーボード買い替え~長い付き合いを目指して

Author:試作E型

ここ暫く記事を作成していませんでした;
エイです。

12月は毎年のことなのですが、何となく忙しいです。
今の生活になってから、決して特段忙しいと言うことはないはず、なのですが…
周囲の空気と言うか何と言うか。

まぁ、別サイトのお年始用イラストとかがあるので、忙しいと言えば忙しいのですが;
あとは寒いので能率が落ちているのとか。
ストーブを焚けば暖かくなるけど、部屋の空気がものすっごい悪くなるからなぁ…

それはさておき。
タイトルの通り、この度、久々にキーボードを買い替えました。

元々は安いキーボードを使いつつ、潰れたら次のを購入…と言う流れだったのですが、
それでも
・キーの打ち心地がそこそこ良くないと、使いつづけるのが難しい
・キー荷重が重いものだと、小指あたりが非常に疲れる(これは入力をSKKに変更してから特に頻発)
・キーの加工や配置によっては、キー押下ミス(同時押し、ずれなど)が結構な頻度で発生する。
 ある意味厳しいホームポジションミスなども含む
あたりが気になりだしまして。

そういえばD型はキーボードをずーっと買い替えてないなぁと思い、いっそのこと
「末永く、愛用できるもの」と言う観点でチョイスすることにしました。

キーボードの感覚を変えずに、長いこと使えるのであれば、価格もあまり考慮せずに済むので、
(5年みっちり使うことを前提とすれば、\10,000程度でも年\2,000ぐらいで快適さまで付いてくる)
ある程度高いものも視野に入れることができます。

選定にあたり、耐久性やタイピングの感覚などは勿論、実際に店頭まで出向いて、直接触ったりした感覚なども含め、結構悩んだ末、最終的に購入したものはこちら。

・東プレ Realforce 108UH-S(SA010S)
製品リンク:http://www.topre.co.jp/products/elec/keyboards/spec_009.html

元となっているモデルである、108UHの静音設計版です。
元のほうは価格が\2,000ほど安いのですが、試しにD型のキーボード(東プレ Realforce 106)を使ってみたときに
かなりキー押下時の音(底打ちの時の音)が気になったので、静音版をチョイスしました。

全キー押下圧35gはややヘアトリガー気味のため、変荷重のものか悩みましたが、変荷重の場合、静音版が無いため見送りました。
あとは英語配列(“[” “]”キーが横に並んでいる、などがメリット)も考慮していたのですが、後々にキーボードを使いまわす可能性を考慮するとパス。

なお、購入時(2014/11/16)の価格は\16,898也(価格.com調べ)。この手前でちょっと価格が高くなっていたので、元に戻ったタイミングで購入しました。
ちょうど秋葉原に出向いた時(11月頭)に高くなってたので、直接は購入できず。(この時、店頭で\18,000ぐらい)

注文して翌日には届いたので、さっそく開封。
すでに生産終了になっている、D型使用中のRealforce 106との比較。

結局東プレ:Realforce108UHS

Windowsキー周りの2キーが追加されている以外に、ほぼ外見に変化なしです。
ちなみに箱もほとんど変化なし(106の箱は射的の的にしてしまっていた(汗))で、質素な箱でした。

・使用感など
キー押下音そのものは非常に静か
カチカチと言う音ではなく、ポスポスと言う軽い音がしますが、この音は遠くまで響きづらいです。

また、キートップや本体には艶消し加工がしてあり、テカリなどが発生しないようになっています。
このざらつきは好みかとは思いますが、E型は好みです。

押下圧45gだとちょっと重たいかな?と感じる時もあるが、これ以上軽いと不意に押ささってしまうため、丁度よいと言うイメージ。
(E型の完全な好みになりますが、40g前後が一番良い…けど、それに合致するキーボードは無い)
基準は「指を預けていても、不意に押すことはない、ギリギリな」状態。
30~35gだと、指を預けると押ささる場合があります。

以前使っていたキーボードなどであったような、「押したのにキーが認識されていない」などの現象は発生せず。
キー押下の中間地点で認識するため、打ち損じは原則なし。打鍵感はかなり良いと思っています。

結局東プレ:Realforce108UHS

別に変荷重と言うことではないのですが、キートップの面積が広い(=キーそのものの重量がある)ためか、ShiftやCtrlなどのキーは相対的に押しやすくなっている感じです。

また、傾斜配置になっているため、パームレストは置かず、キーボードを直にテーブルに置いた時の方が打鍵しやすく感じます。
普段からスペース節約のためにIntuosをパームレスト代わりに使っていたので、脇によけて使ったほうが良さそうです。

唯一の不満点といえば、PS/2接続ではない、ことぐらい(何
USBキーボードの制約として、「キー同時押下は6キーまで」の制限がかかるのと、古いマシンだとUSBキーボードをBIOSが認識しない可能性があることが挙げられます。
今となっては何を今更な部分ですが…

なお、無理矢理USB->PS/2変換コネクタを使用して、PS/2接続に変換しても使えないので注意。
(公式サイトにもその旨の記載があります)

まだ使い初めて一ヶ月弱ですが、今後長い付き合いになりそうです。
10年現役でいられるかなぁ?

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

“E型:メインPCのキーボード買い替え~長い付き合いを目指して” への1件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    記事作成お疲れ様です。

    現在自分が使用している東プレのキーボード(記事にもある通りRealforce106)はもう8年近く購入から経過していますが、打鍵感などにヘタりが全く見られないため、非常に安定して使えていますなぁ。
    今回のキーボード選びでしこたま他のキーボードも叩いたけれど、Cherry軸は個人的にウマが合わないという感じでしたねぇ。(例外として青軸は叩いていて”楽しい”というのがありましたが)

    現在PS/2接続のキーボードを買い求めようとすると、「すごく安くてどうでも良い」か「めっちゃ高いゲーム用」に二極化されちゃうのが問題といえば問題かなぁ。
    (現在東プレ製品のPS/2タイプはG-Tuneブランドで出ている REALFORCE108B-MP”MasterPiece” しかない)

    とりあえずのんびり使い込んでいきましょう~

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)