[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2入手+ベンチマーク

Raspberry Pi 2が届きました

Author:試作E型

エイです。
今回から、暫く続きそうなものを入手できたので、色々とログを残していこうかなと思います。

以前から、Raspberry Pi(Model B+)が欲しいなーと思いつつ、悩んでいたら新型のRaspberry Pi 2(Model B)が発売された、とのことだったので、ちょっと悩んだ末、RSコンポーネンツさんに発注しました。

RSオンライン上では、入荷待ちで次回入荷は2/20以降になる…となっていたのですが、何故か最短(休日を挟んでの2営業日)で出荷されてきました。
到着は2/10。ちょうど別サイトのイラストの完成が前日だったため、ジャストタイミングと言うことになります。

とりあえず、買うまでの経緯とか、使用用途とか、色々と書いておきたいことがあるのですが…
他の人が見て参考になりそうな情報をとり急ぎ。


今回はベンチマークの結果です。
購入の際の検討材料になれば幸いです。

使用ツール:UnixBench 5.1.3
使用OS:Rasbian 2015/01/31 build

なお、温度は、/sys/class/thermal/thermal_zone0/tempの値を読んで、摂氏表示したものです。
一応GUIフロントエンドもあるので、そっちで読んでしまっても問題ないと思います。

■800MHz(Default)

4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 2628245.3 225.2
Double-Precision Whetstone 55.0 442.7 80.5
Execl Throughput 43.0 354.4 82.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 65952.6 166.5
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 18922.4 114.3
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 169279.0 291.9
Pipe Throughput 12440.0 153700.0 123.6
Pipe-based Context Switching 4000.0 28122.7 70.3
Process Creation 126.0 1130.3 89.7
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 1073.7 253.2
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 296.2 493.6
System Call Overhead 15000.0 363975.7 242.7
========
System Benchmarks Index Score 155.3

4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 10490003.4 898.9
Double-Precision Whetstone 55.0 1765.0 320.9
Execl Throughput 43.0 1179.4 274.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 102015.5 257.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 28587.9 172.7
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 267229.8 460.7
Pipe Throughput 12440.0 610491.5 490.7
Pipe-based Context Switching 4000.0 108270.6 270.7
Process Creation 126.0 2516.5 199.7
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2322.0 547.6
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 305.5 509.1
System Call Overhead 15000.0 1392766.7 928.5
========
System Benchmarks Index Score 386.6

■900MHz

4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 2950245.3 252.8
Double-Precision Whetstone 55.0 498.8 90.7
Execl Throughput 43.0 343.2 79.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 71239.0 179.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 21562.0 130.3
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 186453.0 321.5
Pipe Throughput 12440.0 172932.2 139.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 31708.2 79.3
Process Creation 126.0 1225.6 97.3
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 1179.4 278.1
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 321.4 535.6
System Call Overhead 15000.0 412449.2 275.0
========
System Benchmarks Index Score 170.5

温度ピーク:56℃

4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 11811671.1 1012.1
Double-Precision Whetstone 55.0 1987.4 361.4
Execl Throughput 43.0 1300.4 302.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 113270.0 286.0
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 32005.0 193.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 292917.0 505.0
Pipe Throughput 12440.0 686504.3 551.9
Pipe-based Context Switching 4000.0 121888.9 304.7
Process Creation 126.0 2720.3 215.9
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2564.8 604.9
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 338.5 564.2
System Call Overhead 15000.0 1569203.5 1046.1
========
System Benchmarks Index Score 430.1

温度ピーク:60℃

■950MHz

4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 3121616.8 267.5
Double-Precision Whetstone 55.0 524.6 95.4
Execl Throughput 43.0 380.0 88.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 78210.0 197.5
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 22358.0 135.1
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 194511.0 335.4
Pipe Throughput 12440.0 183291.1 147.3
Pipe-based Context Switching 4000.0 33206.7 83.0
Process Creation 126.0 1294.9 102.8
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 1221.0 288.0
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 336.7 561.2
System Call Overhead 15000.0 436071.2 290.7
========
System Benchmarks Index Score 180.4

温度ピーク:58℃

4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 12477370.1 1069.2
Double-Precision Whetstone 55.0 2099.0 381.6
Execl Throughput 43.0 1363.8 317.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 120630.0 304.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 33942.0 205.1
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 310774.0 535.8
Pipe Throughput 12440.0 724914.7 582.7
Pipe-based Context Switching 4000.0 128606.1 321.5
Process Creation 126.0 2936.8 233.1
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2693.7 635.3
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 355.7 592.9
System Call Overhead 15000.0 1654461.1 1103.0
========
System Benchmarks Index Score 454.9

温度ピーク:62℃

デフォルトの温度は測定し忘れです。ちなみにアイドル中は40~44℃ぐらい。
また、消費電力を測定したかったのですが、こいつの場合は電流計が必要になるため、未測定です。
5V/1AのUSB-ACアダプタで不安定になることはありませんでした。

なお、ケースの状態が非常にアレなのですが(笑
とりあえず粉塵および水分避けが目的なので、これでも良いのですが…酔い止めの薬の箱と言う。

Raspberry Pi 2が届きました

非常に熱が篭りやすいようで、裸なら表記-5℃強ぐらいになります。

OCすると、さすがにヒートシンク無しだとちょっと熱いと感じるぐらいに熱が出ます。
GPIOの+5Vにファンを直付けして、冷やせることは確認しているので、それで何とかするかなとも思ったり。

なお、以前測定した、自宅でVNC端末+αになっているノートPC(Core2Duo U7500/Mem2GB)のスコアと比較すると、おおよそ半分~80%弱程度。
(Single:340/Multi:580ぐらい。OSはOpenSUSE)
消費電力が1/5程度なら、十二分に優秀だと思います。絶対的な処理性能も確保できています。

とりあえず、Rasbian標準ブラウザ(epiphany)+gnash(Adobe Flashの代わり)で、Youtubeの動画がブラウザ上で普通に再生できます。
ブラウザがMidoriだったころの先代Raspberry Piだと厳しかった様子なので、これは特筆すべき点かと。
メインメモリが1GBに増強されたのもプラスです。

また、XTightVNCクライアントで、D型のデスクトップにアクセスしてみましたが、先のノートPCからアクセスするのとほぼ同じ速度でアクセスできるので、これまた十分。
同時にタスクを走らせても、特にカクつくこともありません。

Raspberry Pi 2関連の記事は別途分けようかな~
今後、かなりの量になると思うので。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

“[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2入手+ベンチマーク” への1件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    ひとまず記事作成お疲れ様です~

    こちらも初めて見る小型コンピューティングボードなので興味津々で動作チェックなどを手伝っていました。

    現在は1F居間に据え付ける、動画視聴用+メインPCへのVNCクライアントの機能はすべて果たしてくれているので、これで5000円弱なら十分使い勝手の良い格安マシンとして機能させられるんじゃないかと思っています。

    ケースは何とか剛性のある素材で作ってあげたいのだけれど、加工技術が圧倒的に足りない+機材もロクにないので、木材で加工して作ってやるのがいいのかなぁと考えたり。

    現状のケース(?)は、USBとLANケーブルを抜けば蓋もキッチリ閉められるのである種美しいとは思うのですが、さすがにしょぼ過ぎるとも思ってしまいます(ぉ

    まぁ、色々こねくり回していきましょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 6 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)