[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2をWindows共有の親玉に(NetBIOSのDMB/LMBを任せる)

RaspberryPi2をNetBIOSの親玉?にする

Author:試作E型

そういえばTwitter上でつぶやいたものはあったけど、正式にログなどを残していなかったので、
メモ的なものを。

現在、「WindowsがLAN内に存在しなくても、Windows共有が使いたい」と言う、なんとも言えないことがしたい状態でして。
要するに「NetBIOS環境をLinuxだけで構築できるか」と言う話です。
「とりあえず使えればいいかなー」と言うレベルなので、大雑把ですが…

結論としては、普通にSambaで共有をしてやれば良い、と言いたいのですが…
設定したコンピュータ名が長すぎる(NetBIOS名としては15文字までの制限がある)場合、名前解決がうまくいかなくなる、と言う事態に遭遇しまして。(D型のコンピュータ名が悉く長すぎた)
また、ほとんど使っていないWindowsマシン(各自のメインPCのサブであるWindows等)を立ち上げてしまった場合など、NetBIOSのDMB(ドメインマスターブラウザ)やLMB(ローカルマスターブラウザ)の権限がそのPCに移ってしまい、ネットワークそのものをうまく認識できなくなることも多々
 
よって、常時立ち上げているマシンを、ある程度の強制力を持ってNetBIOSのDMB/LMBにしてやる必要があるわけです。
我が家の環境の場合、「常時立ち上げているマシン」となると、先代のノートPCかRaspberryPi2のどちらかになるわけですが、消費電力の観点からRaspberryPi2(Raspbian/後にUbuntu15.04)を選択。
実験用も兼ねてます。
なお、我が家のそれぞれのメインPCは、Windows/Linuxのデュアルブート環境(しかも結構頻繁にスイッチする)であるため、今回の目的としては不適格です。

※ただし、明示的にNetBIOSの「サーバ」にするのは難しい(NetBIOSの構造上の問題)
デフォルトの設定だと、「より新しく起動した、より新しいOS」がDMBの権限を持っていくため。
「絶対にこのマシンはDMBにしたくない/する」と言うことは難しいので、その辺は注意。

 
参考:
 http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-samba-network-browsing.html
 http://islandcnt.exblog.jp/16889939/
 http://www.samba.gr.jp/doc/browsing/browsing02.html ちょっと古い
 
さて設定です。
DMB/LMB用マシンの/etc/samba/smb.confの[global]セクションに以下の記述を追加します。

domain master=yes
prefered master=yes
local master=yes
os level=128	# 0-255, Windows used up to 32.

優先度は最大255まで。少なくとも接続の可能性があるWindowsマシンより高く設定する必要あり。
Windows側では最大32までしか使わないようなので、それより大きい値にしておくと良いかと。
 
設定後、sambaを再起動するか、マシンを再起動すると設定が反映される。
 
■コンピュータ名が長すぎて見えない場合
・そのマシンの/etc/samba/smb.confの[global]セクションに”netbios name =[マシン名]”を追加する。
マシンの再起動後、外から見えるようになればOK。
 

■手動での確認方法。
・Windows側: ntbstatコマンド
・Linux側: nmblookupコマンド
で確認できる。操作はほぼ一緒。
 
Win側からの操作例:cmd.exeから

>nbtstat -A 192.168.1.17	←RaspberryPi2のIPアドレス

ローカル エリア接続:
ノード IP アドレス: [192.168.1.11] スコープ ID: []

NetBIOS リモート コンピューター ネーム テーブル

名前               種類         状態
---------------------------------------------
RASPBERRYPI    <00>  一意        登録済
RASPBERRYPI    <03>  一意        登録済
RASPBERRYPI    <20>  一意        登録済
..__MSBROWSE__.<01>  グループ    登録済
HOMELAN        <1D>  一意        登録済
HOMELAN        <1E>  グループ    登録済
HOMELAN        <00>  グループ    登録済

MAC アドレス = 00-00-00-00-00-00

 
グループ名は見えるがコンピュータ名が見えない(空白な)場合は上記設定が必要。
両方見えるならOK。
また、DMBなら”..__MSBROWSE__.”となっているので判別できる。

こんな感じで使っています。
とりあえず「あれ、このマシン、設定しているはずなのにコンピュータ一覧から見えないぞー」と言うことは無くなったので、目的達成と言うところです。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 19 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)