E型の視力状態と眼鏡事情。

E型のめがね事情

Author:試作E型

エイです。
久々の4コマになるのかなー?

プロフィールイラストや4コマ内でも、E型のトレードマークになっている「眼鏡」ですが…
実は最近までほとんどかけていませんでした(何

今回の4コマにも理由は描いてあるのですが、
「あまりに古くて度がまったく合っていない」
と言うのが理由です。

眼鏡っていざ作るor作り直すとけっこう費用と手間がかかるんですよねぇ…
特に、E型(D型もそうですが)は「処方箋眼鏡」以外は作ったことがないため、必ず眼科→眼鏡店のルートを取る必要があるわけでして。
あと頭がでかい(何)のもあって、フレームの選定が結構難しい、と言うのももうひとつ。

今回はイラストに近いフレームを選択した関係で、非常に収まりが良いです(マテ
やや幅広のフレーム+レンズが良いようです。

さて、詳細は折り返しにて。


眼科で検査してもらうに当たって、小さいときからの問題ではあるのですが…
ランドルト環の方向識別、あれって思ったより視力が悪くても識別できてしまうんですよね(汗
E型は幼少期から乱視で、常に物が二重に見える状態なのですが、
それでも「欠けている方向を識別する」ことに関しては、よほど小さくない限り可能でして。

そのため検査してくれた人にも
「乱視の関係で、どの部分(一番大きいものすら)もはっきりとは見えないけど、欠けている方向はわかる」
と伝えることに。
欠けている側は明るいですからねー

実際、視力としては両目とも1.0程度はあるらしい(左1.2/右0.8)のですが、
なにせずーっとぼやけているので、当人の体感としてはどうかと言われると困るわけでして(汗
事実、欠けている方向の識別方法がわからなかった幼少期は、右目が確か0.03しかなかったと記憶しています。
(何せぼけぼけで見えないので)

なので、数を数えるなどのタイプにはめっぽう弱いです。
例示しているのは線の本数ですが、実際に視力検査ではお目にかかったことはありません。

では、今までそのぼけぼけな視界でどうしてたか、と言うと、
「いっそのことぼけるなら、両目をわざわざ使って遠近感を測る必要がないのではないか?」
と言うことで、自然と「片目だけしか使わない」ようになっていたようです。

使っていない目が対象を向かなくなる(鏡で確認したり、D型に実際に見てもらったり)ので、それが観測できます。
傍から見ると「どこ見てんだオマエ」となるわけですが(汗
本人は楽なのです。
何せ「遠近感に乏しい世界」がおおよそ30年ほど続いているわけで…

そのせいか、物の位置の記憶方法もそれに準拠してしまっているようで、
「物理的に距離を測定したか、経験を積んで距離を把握しているところに集中して置く」
ことが非常に多いです。
たとえば「椅子に座った時に手の届く範囲」とか。
そのため、比較的物が散らかりやすい(正確にはどこに置いたか、経験則で判断していることがほとんどのため、仕舞うと見失ってしまう)状態になっています。

また、結局遠近感に乏しいことは解決していないので、
「頻繁に場所が変わる物体」
に対するアクシデントはかなり発生してしまいます。

たとえばテーブルの上のコップとか。
置く位置を変えると、目測で確認しようにも時間がかかるor確認できないため、そのまま「いつものように」手を動かしてしまい、ぶつかってしまう・・・などなど。

眼鏡を新調したことで、それが少しでも改善してくれればなぁ、と思います。
両目使用時にかなり見やすくなったので、慣れが必要だとは思うのですが、そのうち改善するかと。

…絵描きとしては甚だ不利なのですがねー(汗
なにせ線がちゃんと引けないので;

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)