SIMフリースマートフォン移行計画:端末編その1

PIC_0532.png

E型@イナムラ総研です。

以前、Wishlistとして書いていましたが、携帯端末を新たに購入しました。
参考:SIMフリースマートフォンのWishlist(端末編)

SIMフリースマートフォンのWishlist(端末編)

一緒に、現在使用しているWillcom(現Y!Mobile)とは解約し、新たにMVNOキャリアに変更することになりました。
新しいSIMは早くても数日はかかるので、それまでは辛抱です。

さて、端末ですが、今回はFreetelのSamurai Miyabi(FTJ152C)をチョイスしました。
カタログスペックと比較して、比較的安価に入手可能であるため、と言うのが一番の理由です。
国内LTE対応、画面解像度が1280×720で、メインメモリが2GBモデルで\19,800(税抜)と言うのは結構な強みです。
あとは技適取得済み、と言うのはあります。

参考:本体内側に印刷されている技適マーク(最近では珍しく電子式表示ではない)
PIC_0533.png

ただ、2015/10/10現在、総務省のデータがまだ対応していない(7月中旬まで)ため、正式な確認は取れないでいるのですが。

使用感については、スマートフォンそのものに触れている期間が無いため、こちらでレビューしてもしょうがないので省略します。
主に本体構造やベンチマーク結果などを記載しておきます。

■本体
ヨドバシ店頭にて確認した段階で、保護フィルムが無いと指紋が付きやすい印象がありました。
デフォルトで簡易保護フィルムは付いていますが、このまま使うわけにはいかないので、フリーカットの保護フィルムを購入して使用しています。

なお、2015/10/10時点で、専用フィルムが発売されているようです。

裏蓋は薄手のため、若干心配にはなりますが、そこまで扱いづらいわけではないです。
ただ、頻繁にSDカード等を抜き差しする場合、ちょっと気をつけないといけないかもしれません。
本体ストレージが32GBあるため、そこまで外部SDカードに頼る必要が無いのは救いです。

まぁ、いざとなればUSB OTG対応のため、適当なストレージをUSBポートに接続して使えば良いのですが…
今、microUSB対応のハブ等が無いため、実験できませんが(汗
2015/10/29追記:FTJ152CはUSB OTG非対応です。

起動時の見た目。特段変わったところは無し。
PIC_0535.png
なお、本体色は黒です。シャンパンゴールドにすればよかったかなぁ

■ベンチマーク
すでに各所で行われているようですが、こちらでも調査。
あまり使われていない、Passmark PerformanceTest Mobileで評価してみました。
結果は以下の通りです。

Total: 3204
CPU: 21247
Disk: 14100
Memory: 3461
2D: 2855
3D: 803

スペック所見としては、CPUは現行世代としては標準(ミドルクラスとして)、GPUがやや2D寄り、と言ったところでしょうか。

CPUについては、CPU-Zで確認した結果、MediatekのMT6735で確定。
ただ、GPUがMali-T720のMP2(2コア)なのかMP4(4コア)なのか、場所によって表記が分かれていました。

WikipediaではMP2と表記
https://en.wikipedia.org/wiki/MediaTek#ARMv8

GPU GFLOPSではMP4と表記
http://kyokojap.myweb.hinet.net/gpu_gflops/

結果としては、3Dのベンチマーク結果がMali-400 MP4より若干上、かつAdreno 306(Snapdragon 410内蔵)より20%弱下、と言う点からMali-T720 MP2と推測できます。

実際に使用している段階では、特に問題があるとは感じません。
まぁ、何せスマートフォンと言うのに触れていたのが、W-ZERO3 esの時代ですからねぇ(汗

なお、メモリはかなり余裕がある状態です。常時1GBほどキャッシュしておけるので、タスクを相当量立ち上げていない限り、不足することは無いと思われます。

■ADBについて
2015/10/10現在、ADB用USBドライバが出回っていないので、とりあえずLinux側に接続して確認してみました。
lsusbコマンドの結果、デバイスIDが“0e8d:201d”(Vendor IDはMediatek)、デバイス名が”Mediatek”と認識しているので、これを元にudevにルールを作成すれば、ADBで接続可能になると思われます。

root権限を取るつもりはありませんが、ROMのバックアップを取っておく際に必要になるかなと。

とりあえず、SIMが届くまでの間はWifiで運用しつつ、バッテリの持ち等について、色々確認してみる予定です。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − six =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)