SIMフリースマートフォン移行計画:MVNOキャリアとSIMカード編

Author:試作E型

エイです。
SIMフリースマートフォンの相方となる、MVNOの通信プランの選定と、運用結果について少々。
素人なりの選定方法ですので、あくまで参考程度にしておいて下さい。

本体については過去の記事を参照のこと。
端末編その1:

SIMフリースマートフォン移行計画:端末編その1


端末編その2:

SIMフリースマートフォン移行計画:端末編その2

今回は、OCNモバイルoneを選定しました。
・月々の容量制限が無い、もしくは比較的大容量
・速度が高速である必要がなく、そのかわり比較的安価である
・SIMの分割が可能である
と言うところが選定基準となりました。

本当はぷららモバイルLTEの3Mbpsプランとかが筆頭なのですが、サブ側をどうするかが最大の難関になるし…
IIJMioだと、ファミリープランの上限が10GBなのでちょっと不安(但しLTE標準速度なので速い)、と言うのもありました。

参考:
OCNモバイルone:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/
ぷらら:http://www.plala.or.jp/lte/
IIJMio:https://www.iijmio.jp/

なお、6ヶ月の最低契約期間(それ以降は自由)があるので、乗り換える場合には注意です。
まぁ、魅力的なサービスが6ヶ月以内に出てくるとは考えにくいので、現状としては問題ないのですが。

詳細は折り返しにて。


■初回の契約
先にAmazon等でSIMのアクティベートコードを購入して利用すると、初回SIM発行手数料が安上りになります。
アクティベートコード使用時はSIMの発行手数料がかかりません。

2015/10/28時点では\690(送料/税込)。えらい安売りされている…
なお、通常は\3,240(税込)かかります。

ただし、契約番号が新規に発行されない、シェアSIMには使えないので、今回は主回線契約時の1セットのみ使用、と言うことに。

手続きはすべてWEBブラウザから可能。だが、
・IE 10.0以上
・Safari 7.0以上
・Chrome できるだけ最新版

しか対応していないので、普段使用しているブラウザによっては手続きができないので注意。
(自分のところも、メインがFirefoxで、IEは更新していなかった)

しょうがないので、RaspberryPi2用に立ちあげていた、Ubuntu 15.04のChromium 43からアクセスして手続きを進めることに。

たぶんUserAgentを変更すれば手続きはできるのだろうけども、さすがにそれだと不安なので。

契約手続そのものは特につつがなく終了。MNPについても、「予約番号の期限が7日間以上残っていること」を満たしていれば、手間はまったくかからず。
しいて言えば、本人確認書類のアップロードがあるのですが、この時にアップロード可能なファイルサイズが3MBに制限されている関係で、実験のために4160×3120で撮影してしまった画像がひっかかる、と言う点があったことでしょうか。
(確認してみるとファイルサイズが3.6MBほどあった。そもそもこの画面サイズで撮影してしまったE型に問題があるわけだけども)

契約手続完了後、およそ3日ほどでSIMが到着。(発送まで2営業日、それから1日程度で到着)
本人受取が必須のため、何らかの形で待機しておく必要があります。

この状態で普通に使用(電話発着信/データ通信(3G/4G))は可能。
APN設定は、同封されているマニュアルを参考にするか、さもなくば最近のスマートフォンであればすでに設定があるので、自動的に接続が完了する。

この時点で旅行へ出発してしまったため、設定はデフォルトのままで3日間ほど過ごすことに。
速度制限も契約通り、500kbpsになっていることを確認。

この時の確認端末:Freetel Samurai Miyabi(FTJ152C)

契約番号などはさらに後日(おおよそ最初の契約完了から1週間後)、親書扱いで郵送されてくる。
メールアドレスなどはこの書類が来てからでないと使用できないので注意。
自分用は旅行から帰宅後に郵便受けに投函されているのを確認。

ここで、契約内容に従い、正式にアクセスポイントの設定などを行う。
最初にSIMが到着した時と比較して、特に使い勝手に変更は無し。
ついでにメールアドレスなどの設定も行なって、とりあえず1枚目のSIMは設定完了。

■シェアSIMの申し込み
今回は2枚目のSIMとして、容量シェアSIMを選択しました。
契約時の注意点としては以下の通り。
・契約番号があること(=最初の契約完了後、郵送されてきた書類があること)
・主たる契約者と名義が同じであること(MNP/新規とも)
・音声通話プランを利用する場合、マイページからではなく、OCNモバイルoneのページから申し込むこと

上記理由(主に2番目)により、D型の回線のMNPは諦めたわけですが(汗
元々個別に契約している都合で、名義がそれぞれに分かれていたのが原因です。
まぁ、旧Willcom(現Y!Mobile)の名義人変更まで行うのが手間だったから、と言うのが一番の理由なのですが。

やはり手続きから2営業日+αほど経過した後、SIMカードが送付されてきました。
これも同じく、本体に差すだけで使用可能。

なお、メールアドレス(OCN)の追加は\250かかるのと、さくらのメールからアドレスを一つ生成してあげれば済む話だったので、その方法で調達しました。

この時の確認端末:ASUS Zenfone2(ZE550ML)

結局、契約はE型の回線一本に集約して、D型の旧回線はY!Mobile店頭にて解約、と言う方法にしました。
(書面での解約もできたのですが、いかんせん時間がかかりすぎるので)
親類縁者への連絡は固定電話がある+E型の電話番号がメインなので、これでも問題が無いと言えば問題が無いので。
ついでに、ネット上での活動はメールがメインなのも影響はしています。

なお、店頭にて解約時に特に何か引き止めなどは無し。Willcom回線だからかなぁ?

■使い勝手
特に問題だと思う点はありません。
異なる地域(神奈川/北海道)で使うことになりましたが、どちらも普通に接続可能でした。
湯の川温泉の付近は電波がちょっと弱いので、心配ではあったのですが、特に問題はありませんでした。

速度が「ちょっとだけ遅いかな…」と思う程度で、寧ろ本体スペックの話との兼ね合いになりそうな感じです。
電波そのものの入り具合は、家のどこに居てもアンテナ3~4本で、まったく問題はなし。
Willcomの時が厳しかった(電波が入らない部屋がある(汗))ので、ここは使い勝手が劇的に向上した部分になります。

シェアSIMでも「速度のシェア」はされないので、全員が所定の通信速度で通信できるのは強みです。

これは別にOCNに限った話ではないかとは思いますが、050番号での通話は遅延が激しいです。
10年ぐらい前から変わってない感じですが、どうなんでしょう?

欲を言えば、もうちょっと回線速度があると楽かなぁ…とは思うのですが、
速度の出るぷららのLTE(3Mbps)だと、SIMの分割が効かないため、テザリング以外では割高になってしまうのがネックだったりします。
1Mbps程度のシェアが一番良いのですが…そこは今後のサービス次第でしょうか。
縛りがゆるいので、良いサービスが出たら乗り換えると言うのは、MVNOの大きなメリットです。

なお、出先などでYoutubeの動画などを流していると、最大で1GB/日ぐらいの使用量になってしまうことを確認。
契約プラン上、頻繁に外出しない自分達には十分な量(15GB)なのですが、3~5GB程度ではおっかなびっくり使う必要があるようです。

通信費用ですが、
・メイン:\2,700+シェアSIM:\1,242 = \3,942
・初回費用(MNP転出手数料/旧回線解約手数料/新規SIMカード発行手数料など)
となります。月々の分はだいたい\3,000近い圧縮になった形です

今のところ、特に問題となりそうな点があるわけではないので、このまま様子見になるかな?

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

“SIMフリースマートフォン移行計画:MVNOキャリアとSIMカード編” への1件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    記事投稿お疲れ様~

    結局最初にE型がMNP番号取得→最後にD型のSIMが届くまでに3週間ほどかけてしまいましたなぁ。
    (記事にある通り、自分のSIMの契約の都合だったり色々とあったのですが;)
    ”名義人を揃える”というのは完全に思考の範疇外だったので、随分慌ててしまいましたが、キャリア側でもその辺はどうなんだろう?と考えたりします。
    (この辺が携帯電話周りは”ずぶの素人”という理由なのですが…)

    名義人周りは現在のMVNOの課題の一つにもなっている(店舗をほぼ持たない関係で、名義人変更などの一部手続きが根本的に出来ない等)ので、ゆくゆくはその辺を改善してもらえたらなぁと思うところです。

    とりあえず我々の通信の使い方としては、500kbpsでも問題なく使えることを確認できたので、それはそれで収穫だったりします。
    本当に1Mbps程度の似たようなプランでも出てこないかなぁ?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)