Samurai Miyabi(FTJ152C)のTPUケースを半自作してみる

Samurai MiyabiのTPUケースを半自作する

Author:試作E型

ようやく12月らしい気温になってきました。
それでも、北海道と比較すると「非常に暖かい」と言う表現ができてしまうのですが…

えー、長いこと待っていた、
Samurai Miyabi(FTJ152C)用のケースの「元」が届きましたので、早速加工とその結果報告をしようかと思います。

…到着を待っているうちに、国内で普通にケースが出てしまったのですがね!(汗

ソフトケース/ハードケースともお値段\980-です。
ソフトケースは次回入荷待ちですが…
現段階では、直接購入してしまった方が早い、と言うことになります。
あくまでも「ケースが存在しなかったから作った」と言うことがメインですので(汗

さて、加工については折り返し~


で、今回発注したケースの元は、「Lenovo P70T」と言うスマートフォン用のTPUケースです。
もちろん日本国内では発売されていない機種です。(そうでなくてもLenovo製品は…)

チョイスした理由は「寸法がほとんど一致するから」と、プラスアルファとしては「安かったから」です。
eBayで発注したのですが、単品で$0.99-(Shipping Free)と言う無茶な価格でした。
…まぁ、送付方法が非常にエコノミーだったんですけどねー

スマートフォンの寸法を調べるにあたって参考にしたサイトを以下に列挙しておきます。

・GSMArena.com
http://www.gsmarena.com

・DeviceSpecifications
http://www.devicespecifications.com

このあたりのサイトで、ひたすら寸法の合いそうな機種を探しだし、ケースがあるかどうかを調べました。
因みに国内だと、Ascend G620Sのケースを改造して使用している、と言う報告がある程度です。

寸法がほぼ一致していても、ケースの入手方法が無ければアウトなので、候補はかなり少なかったです。
国内で入手(平行輸入品あたり)できれば御の字だったのですが、あったとしても高く、価格面で折り合いがつかなかったので、
今回も海外からの入手となりました。

Samurai MiyabiのTPUケースを半自作する

発注から3週間。夕方過ぎにぽつんと自宅郵便受けに投函されていました。
とりあえず届いたので、さっそく加工を行なうことに。

主な加工箇所は3箇所。
・上部のmicroUSBコネクタとイヤホンジャック部分
・下部のスピーカー部分
・背面のカメラ用フラッシュ部分

です。
本来は右側のスイッチ部分の加工も必要になるかなと思っていたのですが、元のケースの加工精度の問題からか、かなり右側がゆるゆるだったため、特に必要なくなってしまいました(汗

加工そのものは、TPUケースのため、カッターもしくは多少切れるハサミがあれば十分加工可能です。
ハードケースの場合、本当に筐体形状が一致していないと取り付け不可+加工がかなり手間(リーマーや鋸が必要)、と言うのがあって、今回はソフトケースにしています。

…5分ほどで作業終了。
早速取りつけてみます。

Case_IMG_20151202_191346.jpg

全体はこんな感じです。右側のぶかぶかな所が無ければほぼ完璧なのですが…
まぁ1ドルのケースにそこまで求めるのも酷かなぁと思ったり。

…ついでに、家の中で使うときに付けている、自作のホルダーとセットで。
材料は100円ショップで購入してあった吸盤と荷造り用の紐です。

Samurai MiyabiのTPUケースを半自作する

見た目さえ気にしなければ、これで十分実用に足ります。
寧ろ適当に取り付け箇所を変更できるので、使う手にあわせて変更できるのは便利です。
TPUケースの上から取り付けると、若干外れやすくなりますが…吸盤を小さいものに換装すれば大丈夫そう。

とりあえずはケースができたので、これで良しとしておきます(何
まぁ、今のケースが限界だと思ったら、発売されているケースでも購入しようかなーと言うところで。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)