試作D型紹介ー多分その1

DMNo_2.jpg

今回は試作D型のおおまかな説明を。8コマじゃ足りなかったよ・・・(汗


試作E型とは対称的な感じにしようか・・・と考えた末、まぁあっちが生モノなら
こっちはロボでいいんじゃない?という、月並みな結論に落ち着きました。

・・・とはいえ、案外実情と合っていたりするから不思議なところです。
肉体は強いのですよ。特に外側は。
打撲や軽い捻挫より上のダメージを負ったことが無いんですよねぇ~
片割れは生モノゆえ、2,3回軽くメスで切られた事があるらしいですが・・・

しかし内部メンテが悪いのか、よくお腹を壊したりします;
最近では、何故か花粉症じゃないか?というような症状が出始めたり、
セフェム系抗生物質でアナフィラキシーが発生する事が発覚したりと、
踏んだり蹴ったりな仕打ちを受けたりする事もありました。

更新頻度はまだまだ遅いですが、のんびり続けていきますよ~

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。