8月近況報告ついでに2012年夏の出来事まとめ

どうも、試作D型です。
ブログのアクセス解析機能とかを少々見ていたりするのですが、自分の本家サイト
(R-18イラスト展示が中心・2001年開設)に設置しているアクセス解析を基準に操作しようと
してしまうため、やや使い勝手で苦戦しております^^;

というのも、ブログのアクセス解析って、時間毎クラスが標準単位で、1週間の統計とかが
大雑把に把握したい場合、力技で統計を取る必要がある
のですよ・・・
このブログの標準ツールだとそういう仕様なのかも知れませんが。

もともとそこまで更新速度を上げるつもりが無いため、例えば何日の18時にアクセスされた個別内容とか
を解析する必要性は薄いわけで・・・

まぁ、ツールの使い勝手などは、自分(+たぶんE型も)の基本理念である「手元にあるもので何とかしよう」
の精神で無理無理克服してしまうんじゃないかと思っています(ぉ


今年は去年と比べても暑さが厳しいような気がします。
気象庁の統計データを穴の空くほど調べてみたりしていますが、ここ2,3年は暑い日は確かに37度とか
胡散臭いほど気温が上昇した日もあったりする反面、最高気温が30度に届かない日もちらほらあって、
ある程度良い意味でメリハリがあった感じがするのですよ。

それに対して今年は満遍なく暑い;
天気予報を見ても、毎日26/34度から±1度程度しか動かず、字面からもうじわじわと体力を削り取ってくる
勢いなのが苦しいですねぇ・・・
せめて1日2日ぐらいは一息つかせてほしいものです。

暑さに対する文句はここまでにして、今年の夏(2012年8月)に発生した我が家での大きな出来事を
纏めてみようかと思います。

■G先生がやや大量に襲来
 とりあえず9月はもう出てこないと踏んでいますが、今年は3匹も出てこられましたTT
 去年は0匹だったもので、油断していました・・・
 出現地域は台所2匹、浴室1匹。うち浴室ではすでに死骸と化してました。
 捕獲した際の形状から、クロと識別できましたが、やはりこいつらどこから進入したのだろうか?
 水周りをチェックしてみましたが、彼等の出入りできそうな箇所はきっちり封鎖してあり、薄いながらも
 可能性としては、7月の終わりごろに一度家の台所の窓を換気目的で数時間開けていた(ただし、網戸はきっちり設置済み)際に侵入されたのではないか・・・と考えています。
 窓の構成上、中途半端に開けると窓枠部分の一部に1cmほどの隙間が出来てしまうため、そこをすり抜けて
 来たのではないか。
 
 実際、過去にトビズムカデやヤモリ(数年前の元日!)にも侵入されているので、これで間違いない・・・と
 思うんだけどなぁ。

■HDDを吹き飛ばす
 これは前にも書いた内容なので詳細は割愛。
 よく知人からはHDDを吹っ飛ばしたなどと聞きますが、自分自身の体感では、10年PCを動かして、1-2台破損すれば
 多いほうじゃないかな?と思っていたところに、6月(これはE型),8月(こっちがD型)と連続で破損させてしまったので、しばらく精神的に落ち込みが激しかったです;

■体調不良と肉体的アクシデント
 先の暑さやPCの不調なども重なって、精神的・肉体的にかなり参っていました;
 夢見が非常に悪い上に幻覚性も高く、学生時代の1日を追いかけるような夢を4日連続で見たと思えば、現実には存在しない、「自分の夢の記憶だけで作られた町」で生活する夢だったり、普通に自宅で朝起きて外出する夢(当然起きたときには布団の中)だったりと、嫌がらせのごとくこちらの精神をかく乱してきます。

 そんな中、1週間前になりますが、非常に腹の立つ夢を見まして、(夢の中で)その腹の立つ対象を振り払おうとしたのですよ。
 ・・・大体察しがつくとは思いますが、実際にも腕を振ってしまい、それが柱を直撃。
 丁度柱の角に右手でチョップを打ち込む形になってしまい、見事なまでに打撲しました><
 
 打ち込んだ際の力はそうでもなかった・・・と記憶していますが、如何せん実際に手が動くなんて思ってもいないので、柱に対して全く減速を行わず手を振りぬく形になってしまったのが運の尽き。
 
 打撲から1週間、ようやく腫れが引いてきて右手で物を持てるようになりましたが、当たり所が少々悪かったのか、右手小指外側の皮膚感覚がやや麻痺している状態が続いています。(小指の運動には支障なし)
 たぶん内出血による神経の圧迫が原因だと思うので、腫れが引いたら皮膚感覚も元通りになるでしょう。
 
■自分は被検体?
 昨日になりますが、丁度精神科の通院日だったので、上記のお話をちょっと主治医に話してみたのですが、
 それを聞いた主治医から、先週処方できるようになったお薬があるんだけど、使ってみる?」となにやら怪しいアドバイスが。
 日中飲むお薬らしいので、現在減薬中の睡眠薬とは競合しないと判断して、とりあえず承諾。効果が現れるまで最低2週間はかかる上、普通は状態を見ながらこまめに服用量を変更するので、まずは低容量で様子を見ましょうということになりました。

 ・・・で、薬局で該当のお薬を頂いて、説明を受けてみたところ、どうもADHD(注意欠陥・多動性障害)に効果の挙がるお薬らしく、ついでにSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果があるとのこと。

 薬局ではどうのこうの調べることは出来ないので、とりあえず帰宅してからレッツ検索タイム。

 ・・・本当に先週認可されたばかりの新薬じゃないか!

 調査元:注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療剤「ストラテラⓇ」、
日本で初めて、成人期のAD/HDへの適応承認

 元は2009年に日本で認可の下りたADHD用のお薬だったのですが、成人期に診断がついた患者さんには適用できなかった問題を抱えていたらしく、その認可が下りたのが8月24日。受診日の5日前というタイミング。
 確かに既存のお薬では中々自分の抑うつ性や幻覚性の高い夢見などは改善しなかったとはいえ、本当に最新のお薬を投入してくるとは・・・
 しかも、医師の判断ではADHDの症状として認識されているということなのか・・・?

 さらに、現在自分の医療費がかからないのを逆手にとってないか?とやや邪推したくもなってしまいます。
 だって、薬価だけで話をするならば、今回頂いたお薬だけで月18,000円相当というふざけた金額だし・・・;
 他にも家族性高コレステロール血症対策の抗コレステロール薬、睡眠薬なども加えると、月25,000~30,000円近い薬価になっているんじゃないだろうか;
(例え3割負担だとしても、薬だけで月1万近い支払いが発生、診察その他を含めると本来2万近い・・・)
 これでは貧乏なのか裕福なのか判断に苦しんでしまいます;
 
 まぁ、ここは前向きに捕らえて、新薬の効果に期待するとしましょう。
 いずれこんな高い薬を使わずとも生活できる日を信じて・・・

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)