非常食試食レポの追加報告分+D型の近況色々。

2013年も丸5ヶ月を過ぎ、そろそろ梅雨も見えてきたんじゃないかという6月頭。

ダイです。
ここ2-3ヶ月での精神的ダメージが結構蓄積していて、4コマ及び記事の更新頻度が落ちてしまっております;
描きたい(書きたい)ことは毎日増えていくのですが、それに反比例して手が止まるというのが何とももどかしい・・・
相変わらずお絵描きをしながらギリギリまで体力を使い込みながら生活の質を改善する・・・という方向性は変わっていないのが救いといえば救いですねぇ。

等と余り文句だけ言っていても何も進まないので、ここ暫くで状況に変化のあった非常食周りの追加レポートをまとめてみようかと思います。
ついでにD型の日ごろの行動についてもちょこちょこと書き留めておきます。

※前回の記事: 2013年3月の非常食レポート初日

前回の非常食レポートの時から3ヶ月経過した6月5日時点で、バッグの中に詰め込んでいる内容が少々変わりました。

大雑把には、シリアルバーの種類変更と、(自分達にとっての)新しい非常食候補の発見、水の簡易タンクの追加がありました。
後はこの手の非常食調査でやっておかなければならないことの、”賞味期限切れの食料を食べてみる”をやってみました。

水のタンクはそこらへんのスーパーでも売っている、10Lのプラスティック製。普段は完全にペシャンコになっているので重量・体積的にも邪魔になりません。
3月のときから買おうかどうか迷っていましたが、夏場は水の消費が増えると思い、先月末に買い足してみました。

シリアルバーの変更は、前回レポートをまとめたときに食べていたマケドニア製のヤツが近所のスーパーで入荷しなくなってしまったため、時点候補としていたNatureValleyのアップルクランチに切り替える羽目になったためです。

PIC_0144_2.jpg

こいつが先代のシリアルバー。5月下旬には近所のスーパーから完全に姿を消してしまったので、今のところは食べ納めです。
安くて美味しかったのに・・・

PIC_0147_2.jpg

こいつが切り替えたシリアルバー。確か前のレポートでもちょっと触れたような記憶があるのですが、どうも海外製品としては非常にメジャーなブランドらしいです。
1箱6袋、1袋にはシリアルバーが2本入っています。お値段は1箱580円程度。最近スーパーで2割引のセールを行っていてくれるお陰で、480円程度で入手できます。

食べてる部分の写真を撮影し忘れた・・・というより、3日に1袋程度のペースで普通に食べてしまっているため、写真なんぞ撮らなくてもいいかと思っていたのはさておき、
食感はコーンフレークをギッチギチに圧縮したような感じで、とっても腹持ちが良いのが特徴。
自分の場合はおなかがそんなに空いていない時は1袋開けるのに若干苦労するほどですが、くどくない甘さとアップルパイのようなシナモン+りんごの香りは食べ続けるのに向いています。

カロリーは2本で185kcalで腹の満たされ具合に対してやや低いうえ、シリアルバーという構成上、一気に食べるのは非常に難しいため、必然的に噛む回数が増えて満腹中枢が刺激されます
恐らく本来の用途はダイエットなんだろうなぁ・・・と、毎度毎度食べながら感じます。

当初は1箱の価格に少々戸惑ったのですが、実際に食べてみると、腹が空いていても2袋食べることはまずありえず、1袋を食べきるか小腹が空いているだけならE型と1本ずつ分けて食べるという芸当が出来るので、意外と価格的な燃費も良かったりします。
定価でも1袋95円程度、2割引で買っている現在では1袋78円程度で確実に小腹を満たせるので、間食にはすごく向いているというありがたい結果も出てきました。

実際に現在の我が家には、非常用のほかに間食用として1箱余計にストックしてあります。二人とも食べるため、大体1週間程度で1箱ずつ消えてゆきます。

・・・何となく話がよれた気がするので、次。

PIC_0148_2.jpg

新規にバッグに放り込むことになったノザキのニューコンミートと、ホーメルのコンビーフハッシュです。
両方ともアルミパウチです。

こいつらは元々4月下旬に、「そういやコンビーフの食べ比べでもしてみようかな・・・」等と考えていたため、ノザキの純コンビーフと共に、試食用として購入したものです。
純コンビーフは当然の如く美味しかったとして、この二つに関しては1パック148円程度とコンビーフとしてはやや安いのと、コンビーフ=缶のイメージが定着している二人なので、味はそこまで期待できないかな・・・と思っていました。

ーが、実際に食べてみるとことのほか食べやすい上に非常に美味しいというオマケ付き。
ニューコンミートは缶タイプの物と味は同じで、パウチタイプの関係か少し油分が多めになっている感じです。
ただし、缶タイプのほうは単品で食べる場合は逆に油分が少ないのがマイナスになってもそもそしちゃうのが難点でした。
そのため、非常用として単品で食べる場合はこちらのパウチタイプの方が、缶で指を切る心配も無く、かつ手も汚さない上に食べやすいという意外な結果になりました。

次にホーメルのコンビーフハッシュですが、元々ホーメルのブランドはスパム(SPAM:お肉のほうです。迷惑メールの同単語はこいつが元ネタなのですが・・・)のブランドとして有名なことを知っていたのですが、この手のお肉はD型としては多分苦手なのかなぁと今まで敬遠していました。

毒見役として、臭いなどに強いE型に先に食べてもらったところ、「実に美味しい。むしろコッチのほうがいいなぁ」との評が出たため、自分も食べてみることにしました。
実際予想していたのとは異なり、別に油っぽい感じは無く、小さく角切りにされたジャガイモとスープで煮込まれているため、水分もソコソコ補充できます。
味自体もコンビーフ単品より癖が抜けているというか、アッサリしているというか・・・
恐らく日本人の口には合いやすいのではないかと感じる味付けです。

両方とも最終的に綺麗に食べる場合、スプーンを使ってパウチの中身をすくったほうが良いのですが、そのまま袋の端っこを持って搾り出すように食べても問題なく食べることが出来ました。

カロリーも一般的な食材と比べて別に高すぎるわけでもないため、非常用もさることながら、冷蔵庫に入れておけば炒め物の材料とかにも使えるのは普通のコンビーフと一緒です。
保存期間はおよそ1年半なので、十分すぎるほど日持ちします。

前のレポートでも書いた、シーチキンと並んで、家庭で普通に使う食材との併用が効くと言う面でこいつらは有効なんじゃないでしょうか。

コンビーフなどの問題点として、殆ど肉でしか構成されていないというものはありますが、D型E型に取ってみれば、逆に”非常食でも普通に食べられる貴重な肉類”となっています。
ビーフジャーキーなどは臭いがこいつらより強いですし、肉の好みは個人差が激しいので・・・

バッグの中身の変更点はこんな感じで、先に書いた賞味期限切れの食材を食べてみる検証についての簡単な感想を。

PIC_0143_2.jpg

今回都合よく(?)先代のシリアルバーの最後の1箱が、何故か買った初日なのに賞味期限が2週間後という状態だったため、これを6月まで放置してから開封しようということになりました。
(4割引の値札がついていたため、実際は店側が古い在庫を整理しようとした都合なだけだと思います^^;)

6月3日の夜におもむろに開封してみましたが、普段食べていたものと比較しても全く変化はナシ。
実際にその日の夜に2本ずつ、翌日の昼に1本ずつ食べて消費してしまいましたが、お腹が痛くなるようなことは無かったです。
味は”賞味期限切れ”というのを気にするのであれば、もしかしたら少し違うのかな・・・?という程度の誤差レベルしか感じられなかったので、いつも通りの味だったのではないかと思います。

このシリアルバーも、3月の試食以来、在庫が入手できていた間(2013年3月上旬~5月中旬)は1日に1袋近いペースで間食用として補給していたので、すごく食べなれた味になっていたのですが、現在は系列店舗と周囲の雑貨屋を見回しても、近場では入手不能になってしまった様子です。
実際に撮影した箱は近所のスーパーの最後の1箱だったようで、購入した翌日には該当品の棚自体がなくなっていました;
味的には食欲が乏しくても食べられる点で、自分にとってはすごくありがたかっただけに残念でなりません。

そんな感じで追加報告終了です。
非常用の食料とは言っても、その場だけでの用意では、ちょっとした不注意で残飯になってしまいます。
毎日食べていたら非常食にはならないので、毎月1回、全体の20%ぐらいを食べることで更新をかけてみるのが、心理的負担も経済的負担も少なくていいんじゃないかと思います。
実際、非常食レポートの後はゼリー飲料よりシリアルバーを間食・朝食用としてキープするようになりましたし・・・


■近況の簡単なまとめ

 ・E型がSims3をプレイしているのを眺めつつ、自分もちょっとやってみるかーと思い立ってパッケージを購入しました。建築楽しいのぅ

 ・お絵描きの速度がちょっと落ちている穴埋めとして、庭いじりの回数を増やしました。アロエの露地栽培の傍らで、伸び放題になっている雑草の刈り取り+梅雨前に試験的にクジャクサボテンの露地栽培をしてみようかと画策中です

 ・5月下旬から何故か朝6時に起床してしまう問題が発生しているため、常時寝不足気味です。対策として昼寝してみたり、夜早めに寝てみたりしていますが、朝早く起きる症状は一向に変わりません;

現在は次の4コマの細かい修正を始めたところです。何とか中旬には公開したいなぁ~と思っております。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。