きまぐれSims3日記::現代式狭小住宅作成

ダイです。

E型の横からアイランドパラダイスの画面を覗いたり操作したりしながら、あまりのバグの多さにビックリしていました。
パッケージ追加タイプのプログラムだと、追加が入るたびに全部のデータとの整合性チェックを行うのが非常に困難になるというのはプログラマの端くれとして解るのですが、それでエンドユーザーに支払いを先に求めているのだから、もう少し動作の精度について厳しく考えたほうがいいと思うのです。
さすがにパッケージの基本要素を実行するとフリーズするような状態は、後でパッチによる修正ができたとしても製品として致命的な欠陥があるとしか言えない・・・

そんな感じで自分のゲームにもBase1.55のパッチを当ててみていろいろプレイしている最中です。
E型が手を触れていない部分で、アイランドパラダイス以外の項目・・・という関係で、自分のアバターではないシムをシムズ大学に通わせて、所謂キャンパスライフとは如何なる物か?というのを今更ながらに確認したりしています。

とりあえずシムの経路探索がかなり混乱してしまっているのと、区画でのイベント動作に大問題がある(ラビットホールにアクセスできない:区画の再設置で何とかなりますが、新規ワールドですら問題がでているのはどうかと・・・ & パーティが全く進行させられないため、NPCから呼ばれても行けない&ユニバの大学卒業パーティ等のパッケージの重要なイベントの扱いがどうなるか怪しい)ので、チェック自体も滞り気味なのですが(汗

前回の記事で触れていた、3階建て地下室付き狭小住宅の記事でも書こうと思っていたのですが、結構日付が経過してしまいました;
Lot自体のアップロード日が先月の24日なのですが、前回の記事直後ぐらいには出来上がっていたので実質3週間ぐらいまえになってしまうのか・・・

Exchangeの検索は、所属をJapaneseに絞ってもらわないと、捜索には難儀するかと思います。

日本型狭小住宅サムネ

Download == 7×10 ULTRAtiny! family starter NoCC (Exchange)

ここ2,3年で自宅近郊にやたらと建設されまくっているような住宅です。
バス停の前に5軒横並びに建設されていたりするのでかなり圧迫感があるのが特徴・・・

一応ノーチート(後述のLotサイズ調整にModは使用しているので微妙なライン)、カスタムコンテンツなしになっています。
パッケージはAMBのみで作成したはず・・・なのですが、ExchangeにはPetsも使用されているとの表記が出てしまっています。
恐らくですが、アップロードした近辺でBase1.55が入ったのと、アイランドパラダイス発売にまつわるExchange側の誤認である可能性もあります。

Lotサイズは7×10とデフォルトゲームでの最小値10×10を下回っていますが、velocitygrass氏のMod “Add Any Lot Size”を使用してLotサイズを確保しています。

“Add Any Lot Size MOD”(from Mod The Sims)

BASE1.55で、ベースゲームにはしご(新規)+螺旋階段(元々はジェネレーションに存在)が追加、基礎の高さ制限が最低4段から1段に緩和+基礎の種類追加や建築可能場所として水際が大幅に緩和されたので、それにあわせて基礎でもうすく乗せたり、ロフトでも建造しようかと悩んだのですが、それだとイチから別な家を考えたほうが早いので、この家はこのまま古いパッチ時点の家として完成!ということにします。

構造は、
   1F:エントランス+駐車場
   2F:水周り+ダイニングキッチン
   3F:主寝室+ベランダ(洗濯機置き場もかねる)
   B1F:寝室その2(子供部屋を想定)

とかなり分散してしまっていますが、実際に狭小住宅で調べてみるとこれ以上に不審な構造をしている建物が実際に存在しているから逆にビックリします^^;

日本型狭小住宅サムネ

1Fはほとんどが駐車スペースに占拠されており、ギリギリ玄関部分と階層移動用の階段を設営しています。
元々6×10のLotサイズで建築を試みてみたのですが、さすがに機能を削らないと建築不可能&かなりインチキな手法に頼ることになってしまうのでこのサイズにほんの少し拡張しています。

日本型狭小住宅サムネ
日本型狭小住宅サムネ

2Fの間取りと内観図。意地になって風呂トイレは別にしてあります。
キッチンの配置に2,3日悩みましたが、多分見栄えと実際に占有するセルの大きさを同時に考慮するとこんな感じなのかな・・・と納得しています。

あと、少し不思議な建築になっている部分としては、階段ブロック
螺旋階段でもないのに、階段同士を重ねて設営できることが判明したため早速取り入れてあります。
挙動を確認している最中に、シムが通れなくなる事態が結構ありましたが、どうやら”完全に”階段を重ねてしまうと一方通行になってしまうが、”1セル”ずらして設置すれば上昇・下降ともに問題なく使えることが判りました。
これなら階段の途中セルがどうしても余剰スペースになってしまう問題をかなり解消することが出来ます。
・・・普段そんな理由が問題になることなんて無いとは思うのですが、無駄なスペースを1セルでも削りたいというのならば一行の余地アリといったところでしょうか。

※ちなみにチートコードは未使用で作成できます。

日本型狭小住宅サムネ
日本型狭小住宅サムネ

3Fの間取りと俯瞰図。
ベランダにはエアコンの室外機、洗濯機、洗濯機の下には配管、あと物干し竿とギチギチに詰まっております(汗
これでも全部使用可能なのでオドロキなのですが、個人的なイチオシ部分としては、ベランダの”干している布団のようなフェンス”だったりします。
ベースゲームの”無敵のフェンス”が、干している布団に非常に似ていたため、他のフェンスと組み合わせてみたところ、非常に日本のご家庭な見た目になったので、これは是非導入したい・・・!と、ほかの部分の価格を少し削って投入しました(ぉ

そして個人的にはダブルベッドは置きたいんだなぁ・・・としみじみ思う次第。
やはりあのシングルベッドの横幅の狭さが気になってしまいます。

日本型狭小住宅サムネ
日本型狭小住宅サムネ

最後はB1Fの間取りと内観図。
壁紙などは色替えなどでケチっておりますが、お陰でPCを敷設することには成功しました。
広さはまずまずあるので若いシムの一人部屋としては使いやすいのかな~と思っています。

ちなみに金額はファミリースターターという概念で、家具込み18,500シムオリオンにねじ込んであります。
(デフォルトだと成人シム二人で達成可能、成人一人+子供もしくは十代二人でも同額)
想定している夫婦+子供一人だと19,500シムオリオンが基本金額なので、生活資金も当面は問題ない形にしています。
ただ、公開したあとで悩んでしまったのが、”Lotサイズをデフォルトの10×10で建築すると、18,500から少し足が出る”点でしょうか;
よくよく考えたらLotサイズの細かい変更自体がModによるものなので、本当にクリーンな環境だと整合性に問題が出ても仕方ない面はあるのですが・・・
まぁ、そもそもこんな狭い住宅にシムを送り込もうという人に、そこがネックになるような人はほぼいないとも思ってしまいますが、一応。

ちなみにこの住宅、実際にダイレクトメールとかポスティングで広告がやってくるのですが、横浜市内そこそこ好立地だと2,500万ぐらいで販売されていたりします;
シム基準10×15のLotサイズに8×9の2階建て+ロフトが建造されているタイプだと、新築で土地込み5,000万台という広告が今朝投函されていたので、気分的にもシムで動線の確認+仮住まいさせてみると面白いかもしれません。

現在はこのほかにも、40×30の25m屋内プールつきの豪邸を建造したり、ユニバーシティ検証用のシムが暮らす別なロフト付きスターターハウスやシムズ大学地区に建築したユニバ向け4人暮らし用の住宅を作成して動作確認とプレイを行っています。
豪邸は自分のところで作成したシムを8人送り込んでワイワイ生活させようか・・・などと考えていますが、”価格の高低には眼を瞑る”という逆縛りを設けた結果、価格が40万シムオリオンを超える状態になっていて、まさに豪邸・・・だけども真っ当な理由で住まわせるには如何せん高すぎる物件になってしまっております^^;
”住宅の建築費用を抑える”というのも立派なテクニックなんだなぁ~と痛感する次第です。
スターターハウスの建築というのは、見た目地味なのですが全てのプレイヤーが一度はお世話になるという意味では重要なのかなぁと考えてみたりもしています。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 12 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)