結果として毎日体力切れっぱなし。

D型4コマ17本目、コーヒーと体力管理

何とか11月中への4コマ漫画の更新にこぎつけられました。
試作D型です。

今月は本当に精神状態が厳しかった上、体調的にも風邪を引いているんだかどうなんだかイマイチ判らない体のだるさと格闘していて、同じ日常動作一つとるにも倍ぐらい体力を浪費している感じでした。

気温の上下動も、夏が暑すぎた関係で高々1シーズンの変動とはいえ「どの気温から寒さを考える必要があるんだっけか?」という季節感の無さを発揮しています(汗

そんな日々での休息にまつわるお話を今回は描いてみました。

いつもの説明+アルファの部分です。

ここ数年、ストレス緩和や定期的な休息を意図的に挟む目的で「ドリンクタイム」というものを我が家では設けいています。

(コーヒーやお茶だけではなく、ホットドリンク、スープなども飲むため、こんな名前になってます)

大体多くて1日3回、「11時ごろ」「16時ごろ」「21時ごろ」に何らかの飲み物を作って、それを飲みながら30分ぐらい休憩するのがお決まりのパターンです。

飲むものは漫画にも描いているように圧倒的にコーヒーが多いです。
夏場はアイスコーヒー対その他が1対1、冬場はホットコーヒーとホットレモンやら何やらのホットドリンクが1対1とあとコーンスープなどが1割程度という具合で、お腹でも壊していない限りはコーヒーを飲んでいる勘定になります。

元々はこういった飲み物で休憩する習慣は余り無かったのですが、小学校~中学校にかけて、母親からコーヒーのドリップの作法を教わったり、父親が突然コーヒー豆を1kg(多分ブルックスの豆だったはずだ)購入してみたりと、結構コーヒーに接する機会が多かったため、「特別に作る飲み物=コーヒー」の図式が出来上がってしまったんじゃないかと個人的には考えています。

しかもD型E型はそろってコーヒー以外のお茶(紅茶、緑茶をはじめとするもののほぼ全て)がほぼ飲めないという好みの極端さを有していたため、余計にコーヒーの立場を安定させていったのだと思います。
D型は小学校のときの牛乳リバース騒動以降、コーヒー牛乳すら飲めない状況が継続していますし、日本の代表的な麦茶ですらガムシロップを混ぜないとほぼ飲めないという・・・

そんな感じで1日最大3回ぐらい飲むコーヒーですが、カフェインやコーヒーの臭いには体が過敏に反応したりします。
具体的には猛烈にお腹がゆるくなります;

この効果は強烈で、実際にコーヒーを飲まなくても、淹れたホットコーヒーの臭いを嗅いだだけでお通じが良くなるというレベルです。
実際にコーヒーを飲んだときにお腹がゆるくなると、中途半端な腹痛と共に水と個体が完全に分離したような感じになってしまいます(内容がいちいち汚いですがご理解ください;)

それでもコーヒーが大好きなので、時間と気力があれば挽いた豆を買ってきては自分でドリップしてみたり。
・・・これは前にも書いたなぁ。

ここ4-5年の自分なりの調査では、ネスカフェのプレジデントが一番好みと一致している感じです。
ただしアイツは非常に高いコーヒーなので、普段から愛飲するためにMAXIMのレギュラーを飲んでいたりします。
ちなみに母親はネスカフェのゴールドブレンド以外はほぼ飲まなかった記憶があります。
家族全体ではブレンディとの好みの差が大きいというのもあったり、たかがコーヒー一杯、されどコーヒー一杯な感じになっています。

で、コーヒーの話の元になっているのが、恐らくE型も所有しているであろう特質「休憩するタイミングが判らない」という厄介な代物です。

具体的に「何時休むか?」なんて誰にも確定でわかるわけではないので、個々個人が生活していくなかで徐々に最適な方法を見つけ出していくものだと思ってはいるのですが、どう考えても周囲の人を見ていると「一体何時休んでいるんだ? 下手したら休んでなんかいないんじゃないのか?」という感覚に陥ってしまっています。

多分両親の生き方も存分に反映された結果としてのこの行動パターンなのでしょうが、30を過ぎてしまった現在でも、「よーしこれから30分休憩!」と思った5分後にはもう居ても立ってもいられなくなって作業を再開してしまう感じです。

しかもこの状態、自分の現在の体力とは殆ど無関係に発生してしまうんですよ;
具体的には疲れていようが体中が痛かろうが、吐き気に見舞われていようが同じペースで行動しようとします。
自分でもどうにかならんかなぁ・・・と頭を捻ってはいるのですが、いまだに有効な解決策は見つかっていないです;
(この辺は4コマの内容どおりです)

まぁ、この行動の裏返しとしてなのかも知れないですが、小さい頃から「休日だからといって休むのではなく、むしろ早起きして遊ぶ」という恐らく通常とは逆の発想になっていたりします。
およそ他の人の話やこうしたブログでは「休日は気が付いたら夕方だった」なんていう話が頻繁に見聞きしますが、我々はそういった話はまだ一度も発生したことがありません(ぉ

こんなことをやっているのは自分だけなのかなぁ・・・と悩んだ時期もありましたが、10年前にオンラインゲームを始めた頃、全く同じ発想で「朝6時から1時間プレイして、それから会社に出かける」という行動を何の前触れも無く一致させた人物が一人いました。
一応自分と同じ年齢かそれより1-2才年下の人にそういった人が稀に居るらしいです。

・・・そんな感じで4コマの説明を書いているこの夜も、朝から体力切れの状態が明らかに判っていながら、無理やり体を引き起こしてPCに向かっていたりするわけなのですが(ぉ
翌日は4ヶ月に1度の血液検査がある日なので、出来るだけ体力を蓄えてベストコンディションで望みたいのですが、「ただ黙って寝ていることが性分的にできない」ため、どんなに体力切れのエラーを抜かされていても、ジリジリと何かをやらずにはおれないのがなぁ。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)