ダイエット始めました&普通に地図は読めるのだが…

D型4コマ28本目

どうもダイです。
5月はちょっと忙しい日々が続いております。
珍しいことは珍しいけれど、これも活動の足跡になるんだと思えばやる気もまた出るものです。

今回から4コマの作成環境をLinuxに対応させるため、PhotoshopからGIMPへツールを変更しました。
凄く勿体無い気もしますが、今後Windows10に乗り換える意義を見出せない以上、どこかでLinuxへ方向転換する必要性があったので、こういうこともあるものさと考えるようにしています。

まぁ、お絵かき周りについてはそのお陰でKritaに出会うことになったわけですし、捨てる神あれば拾う神ありというところでしょう。

さて、慣れないツールであれこれ悩みながら完成させた4コマ、説明はいつもの折り返しにて行おうと思います。

さて折り返し~

ここ半年ぐらいなのですが、どうにも体重が増えてきてしまっていて困っております(汗

E型と比べると、もう15kg近く体重が違う状態になっているのがもう…といったところ。
(それでもE型は痩せ型なので、こちらが巨漢というわけではないのが救い)

ただし、体重増加はもともと抱えている持病である、「家族性高コレステロール血症」にダイレクトに影響を及ぼすので、増えても大丈夫かというと、結構危険だったりするのです;

実際血液検査の結果もじりじり悪くなってきているため、ここで何とか手を打つ必要性がありました。

…という訳で、長らく効果を疑問視していて手をつけていなかったウォーキングを行うことにしました。

現在はまだ初めて1ヶ月目だということもあって、目標は軽めに、むしろ長く続けられるようなものに指定しました。

・時速4km/h程度(やや早歩き程度)
・25分から30分を目安に(途中で休憩しないのが重要!)
・今は3日に1回のペース、1ヶ月守りきれたら2日に1回にペースアップ

まずはこのぐらいがウォーキング初心者としては妥当なところかなぁと思っています。

で、現在10回ほど続けられているので、この手の運動が長く続けられない性質の自分としては上手く行っているのではないかなぁ…と考えたり。
まだウォーキングによるダイエット効果はあんまり実感できていませんが、全体的に下半身の筋力は付いている感じです。

具体的には体重増加時にちょっとしんどくなっていた蹲踞の姿勢が、現在の体重でも苦にならなくなったことがあるでしょうか。

ちなみにウォーキングの効能アップとしては、VAAMのゼリーかドリンクが非常に高い効果を上げてくれます。
具体的にはウォーキング15分ぐらいから汗がブワッと吹き出し、倍量動いたような感じにしてくれます。

ゼリーは1/2パック、ドリンクも250mlも飲んで運動すればその恩恵を得られるみたいなので、ドラッグストアで安く売っているのを見かけたら少しストックしておこうかなとも考えています。

そして、ウォーキングの過程で改めて実感した自分達の弱点があります。

それは、「三次元空間での方向感覚が非常に乏しい」というもの。

いつもウォーキングするときやどこかにお出かけする時には、あらかじめ移動経路などを穴の開くほど調べて、道中道に迷ったりしないように注意しているのですが、実際に道に出てみると、それが思ったように上手く行かないのです。

特に事前に調査した道を歩く分にはまったく困らないのですが、そこからフィーリングで「ここショートカットできないか?」とか考えて、違う道に入るとあら大変。

あっさり道に迷う始末。

どうも、地図は読めるのですが、三次元空間での方向感覚、”今どの方角を向いていて、どのくらいの距離を移動しているのか?”がかなり怪しいらしいのです。

昔からゲームとかで3Dダンジョンものとかが好きでやりこんでいたのですが、その時は道に迷うことなんかなかったのですよねぇ…
(恐らく道が「直進か90度方向転換しかない」ため、方向感覚を狂わせづらいものだと思われます)

現実の道だと一見整然と配置されているようで、角度が微妙に異なったり、別に碁盤の目状に道が配置されているわけでもないので、その辺の道を類推するのが意外と難しいのかも知れません。

新宿辺りは何度出かけても、付近の交差点の配置が分からなくて道に迷うことが頻発するのですよ;
渋谷とかは特徴的な道なので、大して迷ったりしないのですが…

学生時代に一度行ったきりの京都とかは、迷いまくるのか、はたまたすんなり覚えられるのか、気になるところではあります。
札幌は割りと覚えやすかった覚えがありますが、地図無しで歩けといわれたら無理といわざるを得ないでしょう(汗

今のわれわれに必要な小道具は、実は「方位磁針」なのかもしれません。

…GPSのがいいじゃんというのはナシで。あれはネットワーク側に情報を吸われるので最終的には使い勝手が悪いのです。

まぁ、そんなこんなでウォーキングは日課にできればなぁと目論んでおります。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)