気まぐれUO日記+イラスト:うちの神秘弓戦士

UOキャライラストその2

どうもダイです。

長らく痛めていた肩と首のダメージがようやく抜けてきて、生活がグッと楽になってきています。
痛みが走らない、というのは精神衛生上大変重要なのだなぁ・・・と改めて健康体の有難さを感じています。

さて、前回に引き続き、UOの自キャライラストを描いてみました。
第二段のモデルは、うちのアバターキャラクターになっている神秘弓戦士です。

UOキャラ紹介のペーパードールと睨めっこしながら描いたので、大体こんな感じかなぁと思っています。
今回は少し丁寧に作業をしたので、作業開始~完成までに12時間程度かかっています。

欲を言えば、もう少しマットな風合いにしたかったのですが、予想以上にテッカテカになってしまいました;
そしてまともな男性キャラのイラストを描くのは、このブログの自画像以外だと実に5年ぶりぐらいという有様でした(汗
一応その時よりは多少上達しているのが見て取れるので、まずまず満足しています。

■オマケのUO日記

ここ数日は、シャード各地の酒場を転々と歩きつつ、来たるイベント用の特注装備をこしらえていたりしました。

2セット都合作っていて、構想にそれぞれ1日、実際の作成にこれまた1日ずつかけまして、後は装備の色調整と回避強化を行えば完了、というところまで漕ぎ着けました。
ただし、回避強化用の部材がかなり入手が厳しい状況なので、理想値を追求できるかはかなり運次第…という感じです。
地道にトレハンでもするかなぁ。

イベントにはまだ1ヶ月程度あるのですが、気分が乗っていたので今のうちに作ってしまおう!という事になりました。

現在のUOの装備作成だと、作業工程の手前から順に

・ベースとなる装備パーツの作成
・各種ルニックツールによる改良
・練成スキルによるプロパティ付与
・特殊素材による装備品の強化
・抵抗値/回避の調整

を全装備箇所に対して余すところ無く行う必要性が最大で発生します。

複数の効果要素を加味しつつ、それを複数の装備パーツ合計でどうやって満たすのか、それにかかる費用はどのくらいなのか、そもそも作れるのか?などなど、考えることは山ほどあって大変複雑なのですが

これが実に楽しいです。

出雲の酒場でも話したのですが、自分はこういった「可能性やアルゴリズムの調査・開発・検証」が大好きなのだと改めて思う次第です。
プログラムも作るのは好きなのですが、どちらかと言うとフローチャートを作ったりアルゴリズムを提唱したりする方がより好きなのかもしれません。

なお、最終的に出来上がった装備に関しては、イベント開催直前位にお披露目したいなぁと考えております。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)