駆け込みながらwindows7(64bit)をwindows10にしてみよう

windows10に今更アップグレード

どうもダイです。

windows10の無償アップデート終了まで一ヶ月程度となりましたが、ちょっとwindows10での動作確認をしてみたくなりまして、現行使用しているマシンを一旦windows10にアップグレードしてみようか、ということになりました。
元々windows7と運命を共にするとも思っていたのですが、アップグレードしてもどうせロールバックすれば良いやと軽い気持ちで始めたのが運の尽き。どっぷり沼にはまってしまいました;

以下はその顛末です。windows update問題も含めて大体20時間以上、アップグレード完了までかかりました…(汗

大変長ったらしいので、折り畳みにしておきます。

さて折り返し。

内容は比較的備忘録的な感じになるので、読みづらいかもしれませんが悪しからず…

<そもそもwindows updateの挙動がおかしい>
現状D型の使っているマシンでは、なぜかwindows updateの通知がもう半年近くも来ていない状況にあった。
(2016/01/13にアップデートを大々的にかけたのが最後)

実際にwindows updateを実行してみても、ネットワークトラフィックに何の反応も出ていないので、アップデートプログラムに何か問題があるのではという事になった。

並行して、windows10のアップグレードにまつわる調査なども行った。



公式アップデートやWindows10 アップグレードアシスタント経由ではどうにもうまく行かず、途中で反応がなくなってしまうため、windows10のISOイメージを作成してそれを利用してアップグレードを行った。

参考リンク:Windows10、「メディア作成ツール」のダウンロードページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

このメディア作成ツールを使用して、ISOイメージを適当な場所に作り出してやり、それをDVDに焼き、インストーラとして使用したところ、ほかの手法より先には進んだのだが、windows10の本格的なインストール画面になった瞬間にリブートが入り、結局windows7に戻されてしまった。

windows updateを正常に動かしてやる必要があるのと、windows10へのアップグレードをどうやるか?という2点を並行作業で調査することになり、この時点でだいぶ頭を抱えてしまった…

参考リンク1:Windows 7 の WindowsUpdateの不具合回避法(進まない、終わらないなど):Hone.のたま~に戯言 様
http://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/cf4334674dcab6634eef72c59446ad9f

参考リンク2:WindowsUpdateのダウンロードが0%のまま進まない、または途中で止まってしまう:INCOMPLETE++ 様
http://mikan.lunarscape.net/2014/01/windows-update-stuck.html

参考リンク2補足:Windows Update を、正常に実行できるようにする!「WindowsUpdateFixer」。 :k本的に無料ソフト・フリーソフト 様
http://www.gigafree.net/system/install/WindowsUpdateFixer.html

参考リンク3:Windows10アップグレードトラブル:東京イラストリー 様
http://irastry.seesaa.net/article/424052698.html

何とかネット上の情報をかき集めながら調べた限り、上記サイトの情報がかなり有効に機能してくれた。
上記のリンクを参考にしつつ、WindowsUpdateFixerを利用したりして、何とかwindows updateを修復し、必要な更新プログラムを片っ端から入れてみたり、windows10のインストーラーから修復メニューに入り、コマンドラインから

X:Sources> bootrec /fixmbr


としてブートローダを修復してみたりしたところ、何とか無事にwindows10へアップグレードをさせることができた。
(ちなみにこのブートローダの修復で、どうしても更新できなかったKB3033929も無事アップデートできるようになった)

※windows10のアップグレードが途中まで行ってしまったからなのか、windows7のディスクからでは修復メニューに入ることができず、もしやと思いwindows10のディスクで同様の操作をしてみたところ、メニューに入れた次第。

駆け込みwindows10へのアップグレード(win7 64bit)

(修復作業前は、このインジケータが0%のままで、かつこの画面が表示されたとたんにリブートされてしまっていた)

なお、windows10へのアップグレードは、デバイスの依存関係をできるだけ減らすように、USB機器(外付けHDD、ペンタブレット、ディスプレイ側へのアップストリームケーブル、複合機)の接続を切って行った。

駆け込みwindows10へのアップグレード(win7 64bit)

(あと少しで完了!)

作業開始が26日の9時半、windows10が起動したのが翌27日の15時。
睡眠時間や休憩時間などを差し引いても20時間程度作業していたことになる。

日曜日を丸々つぶしてしまったのは結構痛かったが、こういうことも知識の種なのと、windwos10をDSPパッケージで買う代金を考えるとまぁ仕方ない時間と考えることにした。

…もしかしたら、windows10へのアップグレードだけなら、ブートローダの修復と、windows updateの修復だけで、更新自体は不要だったかもしれない。

駆け込みwindows10へのアップグレード(win7 64bit)

(とりあえず起動したwindows10。ライセンス認証も無事引き継いでいることを確認)


<1歩進んで3/4歩下がる>

ただ、あれこれいじっている間にLinux側にダメージが出てしまったのか、Linux Mintのブート中にエラーを吐かれるようになり、どうやっても起動できない状況になってしまった。

幸いLinux側の資産である、ペンタブのドライバはwindows側で保管しているし、サイトの更新情報などは別PC(Raspberry Pi2)をSVNサーバとして稼働させているため、そこからwindows側へとりあえずturtoiseSVNを放り込んでチェックアウトして来ればOKなので、しばらくはそっとしておくことにする。

肝心のWindows10で動作確認したかったのは、最新版Krita+Princetonのペンタブレット+マルチモニタの組み合わせであるが、Princetonのドライバがwindows10に対応しているか不明であるが故に難航しそうになるも、ひとまずKrita2.9.6.1では問題なく動いていることを確認できた。

課題の最新版であるKrita3.0での動作確認だが、マルチモニタ下でもクラッシュしないことはしないのだが、今度は筆圧が全く動かない状況であるため、今のところはどうしようもないことも判明した。
Kritaは次のアップデートであるKrita3.0.1で、この手の「安ペンタブレットの諸問題」を解決してくれる様子らしいので、リリース日である7/15をおとなしく待つことにする。

参考リンク:Kritaの次のリリース予定についてのアナウンス(Krita公式サイト)
https://krita.org/jp/item/post-kickstarter-news-jp/

そしてLinux環境を半ば吹き飛ばしてしまった以上、今更windows7に戻る義理を半分失われてしまったので、この際本格的にwindows10に切り替えてしまおうかとも考えている。

windows7側のアップデートがあまり意味をなさなくなってしまうが、E型のマシンはまだwidnwos7を維持する予定なのと、同様の症状で悩んでいたので、今回の手順はその対策として役立てることにする。

とりあえず、windows10で現在D型マシンは稼働しており、一通りの作業およびゲームについては遊べることを確認しています。
今後使う機会が訪れるかもしれないDirectX 12のこともあるので、1台ぐらいはwindows10のマシンがあっても良いかなと今は考えています。

Radeonの新カード、価格的にも期待大きいんだけどなぁ~
(どうも北米市場あたりでは、RX 480だけではなく、RX 470/460も6月29日に発売されるらしい…)

別サイトの更新を数日後に控えているので、環境の変更は一旦これぐらいにしておいて、サイトの更新が無事終わったら改めて全体的な環境再整備を行おうと思っています。

それでもまぁ無事アップグレードだけでもできて良かったと思う次第です。
これで進むも戻るも地獄という状況になったら目も当てられなかったので、そういう意味では一息つけました。
(Linux環境は半ば吹き飛ばしてしまっていますが… これもまた折を見て復活させる予定です)

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“駆け込みながらwindows7(64bit)をwindows10にしてみよう” への1件の返信

  1. アバター試作E型(エイ)

    記事作成お疲れ様~

    Windows10、見ている限りでは使いづらそうなんだよなぁ…
    しかし、DirectX12の件があるので、新しいカードを購入する可能性のあるマシンでは、アップグレードしておいた方が良いかも。

    Windows7でも動けばいいんだけどなぁ、DirectX12…

    何気にXP→7の時はアップグレードに失敗していた記憶があるので、環境維持のアップグレードは初成功なのかな?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 20 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)