きまぐれUO日記:弓手♀向け夏用戦闘服を作ってみました

2016年UO夏服

どうもダイです。
世間では今日が七夕だという事を、この記事を書いている途中に思い出しました(汗
北海道では子供たちが家々を回るので、それの準備で忙しいのですが、こちらではそういう事はないのでいたって平穏です。

今回は、UOの周囲の方々も”夏服”にお着替えしているのを見かけまして、「じゃあうちでも夏服を作ろうか!」という事になりました。
白羽の矢が立ったのは、例によって弓手♀キャラです。

家に余っていた、性能は良くても使いどころの難しい装備を引っ張り出しつつ、何とか構成を考えること丸一日、完成したのがトップのスクリーンショットの恰好です。
(最初はもっとピンク主体だったのですが、色合いがイマイチだったのでもう少し地味にしてみました)

見た目の特徴としては、とにかく薄手の服装に見えること!
それでいてスタミナ210を維持させるのが目的なので、家にあったAF伝説級の防具で使えそうなのが無いか、しらみつぶしに組み合わせを検討します。

すると、虎皮胴をクリンナップ染料のマザーオブパールで染めると、なんだかサマーセーターのように見えるんじゃないか?という事を発見しまして、とりあえずこれを採用。
さらに膝小僧が使いづらくてしょうがないスタッドレッグも、ロングブーツを履いてしまえば濃い色のタイツのように見える!というのも見つけ出し、これら二つのパーツを軸に装備一式を考えることになりました。

で、最終的に揃ったのが以下の防具たちです。

2016年UO夏服

本当は戦闘職として、全身瞑想不可にしたかったのですが、それだとどう組み合わせても暑苦しい服装(かつ今までの装備とコンパチ感が強い感じ)にしかならなかったため、期間限定の服装だから瞑想可能品が多くてもいいじゃないか!ということで思い切って瞑想可能品をできるだけ混ぜ込んでみることにしました。

結果、瞑想不可品は、スタッドレッグとボーングローブの2か所のみになりました。
抵抗強化(&スタミナ減少抵抗)が大分心もとなくなりますが、弓手なので近接職ほどシビアに考えなくても良いのでまぁ何とかなるとは思います。

作りこんだ順番としては、(出雲シャードでは)材料があまり現実的ではないドラゴンタートルアームを練成だけで妥協しつつ、虎皮カラーとボーングローブを何とかHルニックを使用した改良でDEX5/スタミナ10を引くまで粘り、最後に素材が楽で、かつ抵抗合わせが比較的しやすい金属製品のサークレットを金ハンマーでこしらえることになりました。

少々作成品に無駄なプロパティがポツポツついてしまっていますが、それでもHルニは11個、金ハンマーは5本近く潰しているので、この辺で妥協することにしました。

強化には、PUB93の追加で実装されたゲーム内ストアの実験用にと購入してみた匠の地金を投入させてもらいました。(合計3チャージ)
(その割に耐久値が255ではないものが混じっていますが、弓手の特性上、耐久性255を削りきるのには多分年単位でかかるので、そこまでする必要性がないと判断したためです。一応補強の粉末も若干節約できますし!)

これにスクリーンショットには記載していませんが、アクセサリで速度+15%、命中+30%、回避+15%武器ダメージ+50%、スタミナ+9、キャストリカバリ3を稼ぎ出しています。
これは現行使用しているスタミナ210装備と互換性を残すためで、コレのおかげでコンポジットボウは作り直さずにそのまま流用できるようになっています。
タリスマンもそのまま使用可能なので、その辺は利便性もある程度確保しています。

あとは靴にShanty’s Waders(命中+10%/回避-5%のロングブーツ)、ブラックソンアーティファクトのウッドランドベルト(INT10/マナ回復2/回避+5%)と、いつもの無限の矢筒(回避+5%)を背負って装備は完成です!

2016年UO夏服

最終ステータスはこんな感じになりました。
先代の装備と比べると、スタミナが220→216と若干心もとなくなっていますが、HPは124→130まで増強、マナも72→77と増加しつつ、マナ回復もそれなりに増えているので、安定性は五分五分なのではないかと思っています。
少なくともSpMのアーマーイグノアはもう少し連射できるようになったはず!
スタミナ減少抵抗の少なさは、全身にぽつぽつ付いてしまっているスタミナ回復で何とか補える…だろうか?

まぁ、課題のスタミナは、コーガルサッシュ(スタミナ+1/回避+5%)を装備することもできるので、実践投入した時の手ごたえに応じて切り替えようかと思っています。

しかしやはり、スタミナ210装備は断然要求される資金量がシビアですねぇ…
現在資産は順調に増えているからこうした装備も作れるわけなのですが、ふつうはおいそれと手が出せるものではない、というところは良ーく噛みしめながら使っていくことにしたいと思います。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 9 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)