きまぐれUO日記:ニューマジンシアのブローカー講習会に講師として参加しました。

どうもダイです。
10月の日記はこれが最初という有様ですが、なんとか生きてます;

UOでは10月はイベント目白押しだったため、忙しくて日記にまとめている暇がなかったという、やや本末転倒的な感じではありましたが、それなりに充実した時間を過ごしておりました。

今回はそのイベントのうちの一つ、22日に開催されたニューマジンシア主催のブローカー講習会の様子をお届けしようかと思います。

ちょっと長いので、折り返しておきますね。
(イベント自体も時間がかかりました…)

さて折り返し。

ブローカー講習会をなぜこのタイミングで?というと、UO内でのブローカーシステムは2010年ごろから稼働していたのですが、最近になってブローカーが失踪するケースが相次ぎ、ニューマジンシアの景観がいささか殺風景になってしまっていた、というのが事の発端です。

それなら、ブローカーを誘致できるようなイベントを企画すれば、またブローカーが林立する景観が取り戻せるのではないか、そしてそのブローカーが機能してくれれば、結果としてシャードが活性化するのではないか?というのがこの講習会の目的です。

自分は今回、ブローカー講習会の”講師”として、ブローカー活性化の意義や、具体的なブローカーの運用方法などをお話しする役目を担うことになりました。

責任重大なうえ、初のイベント主催側だったりします。(緊張しました…)

このイベントに先立って、1週間ほど前にニューマジンシア首長と2時間ほどブローカーの仕様や運用方法についていろいろと話し合ったのですが、その時はかなり経済学っぽい内容になってしまいました(ぉ

当日は、それらの話を元に、ニューマジンシア首長があらかじめ作ってくれていた講習会用のテキストを読みつつ、開始時間を待つことになりました。

ニューマジンシアイベント、ブローカー講習会に講師として参加しました!

内容はシステム面をざっくり書いただけですが、UOの本で32ページぐらいあります(汗
ノウハウとか詳細な仕様なんかを書いたら、間違いなく100ページのガーゴイル本が必要になったことでしょう(汗

…最初は宣伝とかも特にしていなかった関係もあって、人がほとんど集まらないという、胃がきりきりする状況だったのですが、ヘルプチャットでの宣伝が功を奏したのか、開始15分ぐらいには結構な人数が来場してくれました。

ニューマジンシアイベント、ブローカー講習会に講師として参加しました!

第一部、システム面のお話をしているニューマジンシア首長の図です。
こうしてみると割と本格的な講習会になっていますね…
ユー首長からアドバイスがあったのですが、参加者にコーヒーでも配布するべきでした…
(UOでは現在コーヒーを作って飲むことができます)

ニューマジンシアイベント、ブローカー講習会に講師として参加しました!

そして第二部、自分の出番です!

レジュメの一つでも用意して配布すればよかったと後悔しつつ、30分ほどかけてUOにおけるブローカーシステムのメリットや具体的な商材の選定、簡便な価格の決定手法についてお話させて頂きました。

…講義中、しれっとEM様が来場されていたのでかなり緊張しつつも、ある程度は話したいことを話せたかな?という感じにはなりました。
参加者の皆様、長い話にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

…ここまででもずいぶん時間がかかってしまいましたが、まだ第三部が残っています!

まだブローカーを利用したことのない方、もしくはこれからブローカーを設置してみたいという方を対象に、実践形式でブローカーの操作を学んでもらうということを行いました。

自分のブローカーを使用しての、実際の売り買いについては、丁度ブローカーに触れたことのない方がいらしたため、参考になったのではないか…と思っています。

ニューマジンシアイベント、ブローカー講習会に講師として参加しました!

参加者の方々やEM様と一緒にブローカー巡りをする光景。これはこれですごく新鮮な風景だと思います。

しかし、時間が凄くかかってしまいました;
元々予定より15分遅れでスタートしたとはいえ、最終的にすべてのプログラムを終了できたのは0時20分過ぎという状況でした(汗

これでも話す内容はかなり制限しつつ、ロスも少なかったとは思うのですが…

ノウハウを含めて、この手のシステムを一から説明するのには、まぁ2時間程度では収まらないというが嫌と言うほど分かったので、それはそれで意義のあったものではないかと思っています(ぉ

後はブローカーを設置した方向けのためのフォローアップ講座を月曜日22時~にやる予定ですが、まぁ先にブローカーを設置したマジンシア町長ぐらいへのフォローでよいのかなぁと思ったりしています。

参加していただいた皆様、このイベントを企画立案してくれたニューマジンシア首長、長い時間本当にお疲れ様でした!

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:ニューマジンシアのブローカー講習会に講師として参加しました。” への1件の返信

  1. アバター試作E型(エイ)

    記事作成&登壇おつかれさまです~

    (あるゲーム内での)「商売のコツ」とかとなると、2時間とかだと足りないですよね…

    今回は聞く側にまわってましたが、けっこう分かりやすかったと感じましたよ~
    (自分でやったらもっと支離滅裂になる可能性が;)

    これも「プレイヤースキル」の一環なんだろうなぁと思った次第です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)