きまぐれUO日記:防具"最小面積"装備の改良を行いました

どうもダイです。

あっという間に2月も末日ですが、相変わらずUOは絶賛プレイ中です。
主にイベント参加とかしつつ、装備を作ったり装備を考えたりして過ごしております(何

というわけで、今回も装備作成日記です。
(月1個ぐらい作らないと、なんとなく落ち着かない…)

いつものように解説が長いので、記事は折りたたんでおきますね。

さて折り返しです。

今回の装備は、昨年末にこしらえた装備のリファインという形になっています。

参照リンク:きまぐれUO日記:防具”最小面積”の全抵抗MAXお散歩装備の作成(何

まずは恒例の装備の見た目解説から。

”防具面積最小”装備・改!

まぁ、いつも通りな感じですね(何

ちなみに前の装備なのですが、最終的にはこんな感じになってました。

帯と格闘中の図の元ネタ。

基本的なドレス部分には手を加えず、ちょっとイケてなかったマギペンを外す代わりに、ドラゴンタートルアームを組み込んだ形になります。

ちなみに防具の性能に直結しない部分を外すと、いつもの恰好になります(ぉ

パーツとしては、(おしゃれ装備除く)首/胴体/足フリー、両手フリー、服フリーにしてるので、お洋服は実質なんでも着ることが出来ます。

装備の色は、全体的にアンブランバイオレットの自然染料(とその色の布)、腕だけチリアンパープル、ネックレスはリキッドサンシャイン、サークレット、指輪、ブレスレットは金属染めとなっています。
あぁ、イヤリングは白色の自然染料でしたね。

そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

”防具面積最小”装備・改!

画像にも書きましたが

・ピンク枠が装備を決定するうえでのキーパーツ
・緑枠が過去に作成/使用した品の流用品

になっています。

まずは防具パーツ3パーツから。

・悟りの宝玉のサークレット
見た目が好きで、エルフ専用になってしまうのを知りつつも、投入してみました。
材料費が嵩む(ブルーダイヤ1個を副材料として使う)のが辛いのですが、オシャレのために奮発して200個ほど消費してベースを作成しました。

そのうち抵抗配分が良いものに、シャドウハンマーで補強不可にしてマナコスト-10%を付与し、抵抗値と秘薬コストを練成した後、Valoriteで後強化しています(全部で4個作成して1個だけ強化に成功)
匠の地金は未使用で済みましたが、シャドウハンマーが200chと、ブルーダイヤ200個はそれなりな出費になったのだろうか?

・言霊の護身ドラゴンタートルアーム(キーパーツ)
後述の流用ボーングローブとの秘薬コスト、マナコスト、抵抗値の兼ね合いで候補になったアーティファクト伝説級の品です。

抵抗値がギリギリ心もとない感じではありましたが、ボーングローブのマナコスト6%/秘薬コスト25%の組み合わせがちょうどよくかみ合ってくれました。
虎装備とドラゴンタートル装備は後強化が出来ないため、そのまま使用するしかないのが残念です…
(そしてなぜか自然染料も使えないという謎仕様だったりします)

購入時の金額は7,777GPという、ものすごい残念品扱いだったので、心置きなく投入できています。

・言霊の護身ボーングローブ(キーパーツ流用品
前回の装備からそのまま引き継いだ品ですね。特に変化とかはしていないので詳細は割愛です。
これも確かベンダー販売で10,000GP程度しかしなかった覚えがあります。

ここからアクセサリとその他装備。

・指輪
前回とは練成内容が異なりますが、基本的な作成方法は全く同じです。
強度一杯まで”防具抵抗再練成移し技”で抵抗値を上乗せしています。

・ブレスレット
こちらも指輪と同じ感じに抵抗値と、足りないマナコスト、秘薬コストを捻出する先として作成しました。

…一応、PUB96の新DOOMAFの“Bracelet of primal consumption(通称抵抗腕輪)”を使う手段もあるにはあったのですが、制作費用が嵩みすぎてしまうのと、そもそもそんなに材料がないため、今回の導入は見送りました。
(別な装備には組み込んでみたので、後日また記事にしてみようかなぁ~)

・マナ同調のオーブ(過去流用品)
これは前と全く変わりません。
マナ回復1品の在庫が切れてしまっているので、またトレハンでもやって探すかなぁ…

・ランタン、アメジストのイヤリング、ユニコーンサンダル、ハカマ、帯(過去流用品)
ランタンだけは、自分が使う専用で、アンブランバイオレットで染めたものを使っています。
メイジ向けなら手ごろな詠唱可付きランタンにしないといけないので…

・アンクペンダント
完全なおしゃれ用ネックレスです!(いや効果はあるにはあるんだけれど…)
家に一個だけ眠っていたのを掘り起こして装備させました。
(真珠のネックレスもいいかなーと思ったけど、ちょっと地味だった…)

以上、各装備の解説でした。

なお、トータル性能は以下のような感じになっています。

”防具面積最小”装備・改!

前回の装備からの目立った違いとしては、抵抗値が85/70/70/70/75となって、プロテク込み/エルフ対応になったことと、マナコストが-40%を達成したことでしょうか。
これなら多少マナが少なくても、重たいマナコストの魔法とかも使えるようになりました。

一応のペナルティとしては、エルフ専用になったこと(宝玉のサークレットのせい)でしょうか。

まぁ、装備するのは自分のキャラなので、一向にかまわないのですが!

…うーん、しかし作ってからまた思う。

「自分が使うだけなら、秘薬コスト0、マナコス40で良かったんじゃないか?」

こうしてまた一つ装備を作るネタが生まれてしまうわけです(何

この手の制限装備は作っていて楽しいのですが、人様に着せようとすると大変難儀する(主にコスト!)ので、あくまで自分用なのかなぁと思う次第です。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)