きまぐれUO日記:♀弓手用、2017年夏向けスタミナ210/武器ダメ100装備(正式版!)

どうもダイです。

毎日暑くて暑くて、体調管理も大変難しい状態が続いております(汗
お絵かきとかも進めたいのですが、なかなか気力に結びつかず、いきおいUOをプレイするという状態に…

…というわけで、今回はizumoのメインキャラ用の装備作成です。
ちょっと前にも夏向け装備を作ったのですが、やはり性能的に(見た目にも)今一つだったため、この度リテイクとなりました。
しかし今回は抵抗値のしわ寄せが辛かった…

例によって長いので折り返します。


さて折り返し。

まずは装備の見た目の解説をば。
左側が2Dクライアント、右側がSAクライアントでの見た目です。

弓手用2017年夏服(正式版!)

何とか夏向けの涼しげな装備を作れないものか…とあれこれ考えてはみたのですが、現在弓手は封建籠手(武器ダメ30%のドラゴン籠手)を前提に武器を作っているため、瞑想可能系にするのがほぼ無理、という事が前回判ってしまったので、大人しく瞑想不可で固めつつ、涼しげな色で何とかしてみようという事になりました。
明るい色は見た目が膨れてしまうのが難点なので、最終的には明るさとシャープさを両立できるような色でまとめることになりました。

実際の色ですが、骨足がオフホワイト、手が白色染料、後は頭が金属染め緑青、首とウッドランドベルトが光沢色革(白緑)、腕が金属染め/胴体が光沢色革(白青)でそれぞれ同色で纏めました。染色代はほぼかかってない感じですね。
クリスタルヒドラブーツなどの、クリンナップ抵抗靴は、あらゆる染色を受け付けないのが辛いところです。

そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

弓手用2017年夏服(正式版!)

画像にも書きましたが

・ピンク枠が装備を決定する上でのキーパーツ
・緑枠が過去に作成したこと/使ったことのあるパーツの流用品
 (素体や改良しただけの途中品も含む)

になっています。

まずはメイン装備6種から。

・疾風のサークレット(過去流用品
これは前回の夏服作成時に作ったものをバラして再利用したものです。
丁度装備上DEXが3不足していた関係で、これならそのまま使えるなぁ…という事になりました。
(新規にDEX3以上+スタミナ10を狙ってみたのですが、あまりにも出なかったので流用という事になりました><)

・剛力ハイドネックガード
新規作成スタッド系装備のうち、最後に作ったものです。
最初はスタミナ10を何とかして…と思ったのですが、抵抗合わせがあまりにもきつく、ベースを100回作って1個候補が出るか出ないか、という有様だったため、アクセサリその他を見直して、合計スタミナ215(このパーツだけスタミナ8)で妥協できるようにしてみました。
本当はSルニの剛力でSTRとかHP変換とか引きたかったのですが、運悪くHPだけ引く形になってしまい、ダメもとで生強化してみたところ成功してしまったため、後は有効なプロパティ…という事でマナ回復1を選択しました。
…これならB革で一発作成したほうがいいじゃん!という気がしますが、引きが悪かったという事でTT
なおベース作成回数が2,000回ぐらいになってしまい、大変目と手が疲れました。

・疾風のスタッドビスチェ
新規作成スタッド系装備のうち、最初に作ったものです。
スタミナ10+練成で付けられないプロパ一つ、を念頭に置いて作ったもので、かなり早い段階でSTR4を引いてくれたものが生強化に成功してくれまして、無事採用となりました。
(抵抗値合計と成功率を勘案して、S革にしたのがよかったのかな…)

・速攻ボーンレッグ
新規作成スタッド系装備のうち、2番手になった装備です。
こいつはベース部材は何とか数点作ったのですが、S革の強化にことごとく失敗してしまい、次次点候補ぐらいのものを使用しました。
それでもINT4/マナ回復2と引いているので、今回の装備としては無駄は出ずに済みました。
なお、ハイドネックガードと並行して作っていたため、こちらもベース作成回数が1,200回ぐらいはあったのかなぁ;

・言霊の速攻プレートアーム(キーパーツ
貴重な右肘のプレートアームで、かつDEX4、スタミナ10、マナコスト8で抵抗抜け無しという大変良い品です。
先日友人の転送便に乗っかる形で、北斗より他の品と共に輸入してきました。
元々瞑想不可状態だったので、メイジ系の方には使い道がないなーと思ったため、今回のキーパーツとさせてもらいました。
さすがにこれだけは匠の地金を投入して、Verite強化を施しています。

・Groves of Feudal Grip(キーパーツ
PUB96のレシピ品である、新武器ダメ籠手です。
バッチレア品を使うのはもったいないという事で、余分にキープしていた紫籠手を使って新規にこしらえました。
こいつにはマナコストがついていないため、残り5パーツでなんとか稼いでやる必要がある以外は、ほぼ完璧なプロパティなんですよねぇ…

んで、ここからアクセサリとその他装備。

・指輪(過去流用品
昨年の(いかさないため没になった)秋用装備を解体している途中で発見した、かなり都合の良いプロパティが盛りだくさんの伝説級アクセだったため、流用決定となりました。
スタミナ4、命中20、CR3、速度10、武器ダメ25と重要な部分を全部引いているうえで、マナ回復3、INT8と上乗せしているので、大変使い勝手が良いです。
(霊話が騎士道とか治療だったらなぁ…)

・疾風の殲滅ブレスレット
これは昨年、トレハン祭りを相方と実施していた時に入手した品です。
短命ながら、弓手に必要な全部のプロパティが既に付与されているため、無改造で運用できます。
(無改造:短命でもてんぷら粉が3回までなら振れるため、それなりに重要だったりする)

・卑しき矢筒(過去流用品
去年の10月ごろに酒場の常連さんから購入した、冷気抵抗10%の品です。
このほかにも、先の転送便で北斗から輸入した、同じく冷気抵抗10%の品があるのですが、こちらは色替えを行っていない品だったため、色合いがしっくりくる手前の装備に組み込み、そこからあぶれたものをこちらの装備として流用することにしました。

・Duelist’s Edge(過去流用品
これはいつもの品。

・ブラックソンの紋章入りウッドランドベルト
これも北斗からの転送便で輸入した品です。最初はタングル版を流用しようかと思っていたのですが、装備作成に難航しまくったため、急遽こちらのシンクチャー版を投入してDEXを調整することになりました。

・守りのイヤリング(エネ)
これは相方の装備で、もう使わなくなっていたものを引っぺがしてもらって、使わさせてもらいました。
今回は抵抗値配分の関係で、イヤリングとブーツの抵抗をあてにする必要があったのが辛いところでした…

・クリスタルヒドラブーツ
これは市中に売られていたものを調達してきました。
多分家のどこかにも眠っていると思うし、クリンナップポイントは余っているので、自力調達でも良かったのですが、市中のお金を動かすという意味で購入という形にしました。
色がちょっと明るすぎるのがなぁ…

ふぅ…
長くなりましたが、各装備の簡単な解説でした。

で、トータル性能は以下のような感じになっています。
(今回は速度40%/武器ダメ抜きのHQコンポジを装備している状態で撮影)

弓手用2017年夏服(正式版!)

DEX150、スタミナ215/HP141/マナ94と、まずまずな状態を維持できています。
マスタリーはマナ確保のため騎士道マスタリーにしています。騎士道パンチとかリジュベネーションとか使い勝手良いし!
今回はマナコストを重視した関係で、最終的に51%まで伸びました。
全体抵抗値は82/75/74/76/80(抵抗強化を入れて実抵抗75/75/70/75/80)と、冷気抵抗以外は限界一杯になっています。
あと全体的に回復系が充実していて、マナ回復が10(最終実マナ回復8)になっているので、マナコストと合わせて、イグノアを撃つ分には快適になっているのではないかと思います。

あと余談ですが、製作にあたり匠の地金は1chだけ(プレートアームの強化分)で済みました。
その分ゲーム内費用的にはかなーーーり散財する感じになってしまいましたが><
(Sルニ2個、Hルニ15個、N皮4万枚、ブロンズルニ300chほど消費)

匠の地金の在庫があるなら、使ってしまったほうが精神的にはかなり楽だと思います…

さて、ようやくまともな弓手側の装備が出来たので、大変暑い今年の夏場はこれでしのごうかと思います。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:♀弓手用、2017年夏向けスタミナ210/武器ダメ100装備(正式版!)” への2件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    コメントどうもありがとうございます。

    スタミナは現在の仕様だと、最大240程度まではいくのですが、弓手の場合だと現実的には210~220が(見た目の整合性も考えると)限界だと思います。

    ポーションなどの一時バフを使用しないスタイルゆえ、その分装備がギリギリになってしまいますが、その代わりどんな状況でも動けるのは強みだと思ってます。

    折角PUB60以降は練成システムにより、好きな見た目にすることが出来るようになったので、その方面で思いっきり楽しむようにしています^^*

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)