きまぐれUO日記:不調和格闘家装備、バトルギアI型の作成。

どうもダイです。

何が原因なのかイマイチ不明なのですが、朝4時ちょっと前に必ず起きてしまいます。
おかげさまで午前中ぐらいの時間間隔がずいぶんおかしなことになってしまっております><

できれば纏まった時間眠りたいなぁ…

といいつつも、そんな中で出来た早朝の時間などを利用して、UOでの装備作成なんかに勤しんでいたりします。
ようやく目標の装備パーツが昨日出雲で揃ったので、残りのパーツを急いで組み立て、一着装備をこしらえてみました。

今回は新キャラ紹介も兼ねます!

それでは、例によって長くなるので折り返しますね。

さて折り返しです。。

まずは装備の見た目の解説をば。
左側が2Dクライアント、右側がSAクライアントでの見た目です。

不調和格闘家向け装備、バトルギアI型の作成。

今回は新キャラということで、基本的なスキル構成と予定しているバトルスタイルをつらつらと書いてみようと思います。

■バトルスタイル
・不調和格闘(サブで忍術)

■スキル構成
・格闘120
・解剖学120
・音楽120
・不調和120
・治療110
・戦術70
・忍術60

■基本ステータス
・STR125
・DEX125
・INT10

原則は不調和をかけて、忍術変身(犬・蛇)をしながら殴るか、人モードで分身を時折展開しつつ、フィストオブフューリーを展開する感じになると思っています。
攻撃力を装備に依存(カメオを投入)させることで、騎士道や武士道を外し、不調和+音楽のスキル分をひねり出しています。
移動がチャージリコしかないのが不便ではあるのですが…

ちなみに見た目のイメージとしては、比較的軽装なスタイルを目指すために、あえて背中パーツを外した状態での構成にしてみました。
(速度クロークもしくは武器ダメクロークがないと、地味にパーツ選びが苦しかったです)

色選定は、最初は統一した色合いにしようかと思って試行錯誤していたのですが、思ったよりスタッドアーマーの色味がパッとしなかったため、スタッドアーマーは色抜きのまま使い、腕-手、腰-足、首-頭の感じで色分けをしてみました。
なんとなくプラモデルみたいな色になってしまった感があります(汗

実際の色ですが、盾がハオチ染料のオーシャンブルー、頭が同ケルティックライム、ベルトが贖罪染料のハンターグリーン、首がクリンナップ染料のマザーオブパール、腕がダークレッドの自然染料、靴が革染め桶、脚が金属染め、残りのパーツは元々の色をそのまま使用しています。

そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

不調和格闘家向け装備、バトルギアI型の作成。

画像にも書きましたが

ピンク枠が装備を決定する上でのキーパーツ
緑枠が過去に作成したこと/使ったことのあるパーツの流用品
 (素体や改良しただけの途中品も含む)
オレンジ枠が入手手段や価格などが特別かかった品

になっています。

まずはメイン装備6種から。

・ブラックソンの紋章入りロイヤルサークレット(キーパーツ/過去流用品
弓手側で昔使用していた回避低下メガネのBAF版を引っ張ってきました。
格闘家の場合、錬金破壊のブレイサーと回避低下メガネが、戦力を考えるうえでどうしても必要なんですよねぇ…
(武器という概念がスペルブックしか無いため)


・錬金破壊のブレイサー[レプリカ](キーパーツ

クロックワークエクソダス特産品のブレイサーレプリカです。
素手もしくはスペルブックを持っているときのみ、攻撃に追加魔法が出るという希少なプロパティなので、格闘家にとってはほぼマストアイテムになっています。
人間エルフ用だと地味にボーンアームなので、瞑想不可にしてあげると、マナコストが稼げるのもポイント。


・悟りの剛力ハイドネックガード

半年ほど前にアトランから仕入れてきてあった、HP以外はほぼ完璧についているパーツになります。
今回は後述する盾にHPが+5付いているため、その分1パーツHPがなくてもOKだったため、文句なしに投入となりました。
マナコスト10%のスタッド系装備は、格闘家のマナコスト問題を解決するうえで非常に大切です。
抵抗不足解消の関係で、匠の地金を用いてB皮強化を施しています。

・息吹の剛力スタッドアーマー
2パーツある作成品のうち、後の方に作ったパーツになります。
条件が、「炎変換15%、HP回復3/マナ回復3/HP5」で、マナコストが今回の構成では不要だったため、Bルニを使用してダブルワード指定での一発改良品になります。5プロパながら十分高性能になりました!
今回のパーツの場合、練成することに意味が無いため、耐久値が121ではありますが、際限なく補強の粉末が振れるのが特徴かな。
このパーツは抵抗強化しなくても全体抵抗は足りていることが判ったため、あえて強化のコストをかけずにN皮のままで使用しています。

・言霊の剛力チェインレッグ
これもアトランで結構前に仕入れてきてあった、格闘家向けの装備になります。
HP変換こそ付いてませんが、それ以外が全部キッチリついているので、今回見た目の調整とも相まって投入となりました。
炎抵抗が抜けている分は、匠の地金を使用してAgapite強化を施すことでカバーしています。
…買った時からちょっと中古でしたが、問題ないレベルなので気にしない気にしない。


・息吹の剛力ドラゴングローブ

作成品のうち、先に作成したパーツになります。
原則条件は胴体と同じ感じで、「炎変換15%/HP回復3/マナ回復3」を基準として、残りをマナコストかHPで埋めるという感じで作りました。
鱗はチェインレッグの炎抵抗抜けの関係で赤鱗を使用しています。
Agapiteルニックでダブルワード指定すると、比較的望んだプロパティが出ることが判ったので、当初使用していたGoldルニックから切り替えて作りました。

ここからアクセサリとその他装備。

・流血の指輪(キーパーツ
これは確か、去年ぐらいに出雲のイベントだかで手に入れた品だったと思います。(うろ覚え…)
戦闘系プロパがこれでもかと入っているくせに、prizedで食い止めている貴重な品だったりします。
速度が若干不足な気がしますが、盾とタリスマンで速度を稼いでいるため、5%でOKだったのが幸いでした。

・流血のブレスレット
これは出雲で昔拾ってきていた、「回避+15%/魔法ダメージ+18%」の腕輪を掘り起こしてみたものです。
包帯最速巻きのために必要なDEX、5%だけ不足している命中、丁度25%足りない武器ダメージと練成して完成です。
アクセサリは強化とか関係ないので精神的には楽でいいですねぇ…

・守りのイヤリング[毒](過去流用品
以前テイマーの方で、謎セレブ装備の時に着けていたものを拝借してきました。
毒だけ73%だったので、これでピッタリ75%になりました!

・ブラックソンの紋章入りウッドランドベルト(キーパーツ/過去流用品
これは弓手の過去パーツのうち、2017年の秋冬服から拝借してきたものになります。
弓手と比べても、近接戦士(格闘家含む)はHP+25が至上命題となるため、どうしても組み込む必要性がありました。
包帯を巻く関係でDEX+5も非常に嬉しく、無駄なプロパティが一つもないのが装備として長く愛される要因なのかな…

・Shanty’s Waders
通称命中靴です。シャドウガード屋上の特産品です。
エスケープブーツとどちらにしようかしこたま悩みましたが、入手性の問題から今回の装備ではこちらを選択しています。
屋上に通っている人から格安で譲ってもらえたのもポイントかな。

・Enchantress’ Cameo(キーパーツ/過去流用品/特別な品
言わずもがなの速度タリスマンです。
格闘家の場合、敵を何体も何体も蹴散らすというプレイスタイルではないため、原則弓手の物を都度拝借して戦闘に赴く感じになります。
今はとりあえずエレメンタル特効版を使用しています。

また、格闘家として重要な装備パーツとして盾があるため、これは別途紹介します。

・バックラー[Verite](キーパーツ

アトランで6月頭に10Mで仕入れてきた盾になります。
まずバックラーという、非常に嬉しい見た目をしているうえ、実際問題回避とマナ変換以外は全部ついているというすさまじい引きをしているものだったため、即座に買って、これを使って格闘家を組み立ててみようということになりました。
フィストオブフューリーは詠唱扱いのため、詠唱可がないと装備が外れてしまうという問題があるため、詠唱可は必須。
マナ変換は、今回はマナを使わない不調和型にすることで無くてもてもOKという事にしました。
命中回避はまぁ他のパーツで十分稼げたので、むしろ絶対的に稼ぐのが辛い速度と武器ダメージをきっちり捻出してくれていることを評価すべきだと思います。
抵抗値の観点から、Veriteで生強化しました。盾は成功率が十分高いので、Gold以外は生強化で行けるのが強みです。

相変わらず長くなりましたが、各装備の簡単な解説でした。

で、トータル性能は以下のような感じになっています。

不調和格闘家向け装備、バトルギアI型の作成。

STR150、DEX142、HP150/スタミナ146/マナ58と、格闘家としては十分な数値になったと思っています。
耐性スキルおよび騎士道スキルが入っていないのでカースには弱いのですが、そこはトリンシックローズや魔法のリンゴで何とかしていくスタイルにしようと考えています。

マナコストは瞑想不可込み40%となっています。
これは、マナを使う要素が、格闘マスタリーの技と、スキル値上心もとない分身ぐらいしかないため、あえてマナコストは無理に稼がないようにしました。
メインはあくまで不調和だし…!

全体抵抗値は、95/78/76/75/80(抵抗強化を入れて実抵抗75/75/71/75/80)と、物理以外はギリギリだったりします。
各種回復プロパは、HP回復16/スタミナ回復6/マナ回復18と、ややマナ回復が過剰な気もしますが、分身を連打したりする状況ではマナ回復が重要になるので、これはこれでOKだと思っています。
スタミナ回復手段が苦しいので、緊急時は右手をスペルブックから素手にして、リフレッシュポーションを飲む感じで行ければと考えているところです。

あ、ちなみに防具だけで武器ダメージ100%素手の基本威力が3-14になっています。
魔法ダメージは防具だけで33%+侵攻スペルブック各種で特効と、魔法ダメージ+25~28%があるため、スペルブックを持った時の追加魔法のダメージはかなり高いダメージになります。

命中45%、回避は抵抗強化の関係で25%の所が24%になってしまいましたが、まぁ仕方ないところです。
また、HP変換として、物理28%、炎30%を稼ぎ出しています。これはほとんどの敵の殴り攻撃+火力の高い魔法+ブレスに対して有効な防御策になることを、先人たちの情報から取り入れたためです。

速度は20%、素手の振り速度は基本2.5秒なので、スタミナ90までなら最速殴りということになります。

さて、初めて作った格闘家キャラ。どこまで戦えるのか…!
これからあちこちに修行に出さねば。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)