きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2018の記録(延長データ追加)

2019/01/17 ユー2回目の記録だけ追記。

どうもダイです。
三が日も終わり、そろそろ平常運転といったところでしょうか。

UOのお話ですが、つい先ほど、匠のフェスティバル2018の最後の開催都市、ブリテインでプレゼントの配布が始まったので、ここに全都市の育成の記録を残しておきたいと思います。

以下に、匠のフェスティバルの基本ルール及び、去年までの出雲シャードの記録についてまとめた過去記事をリンクさせておきます。

参考リンク:今年の匠のフェスティバルのツリー育成ポイント検証
参考リンク:2017年の匠のフェスティバルの記録
(リンク先に、さらに2016年の記録へのリンクがあります)

…今年も結局、匠のフェスティバル期間中に、鍛冶の大口バルクを350枚は作ったのではないかと思っています。
手がホント疲れる(汗

匠のフェスティバル2018の記録。

スクリーンショットは、今年の工房2か所の様子です。

場所は去年と同じですが、内装の配置が変更され、鍛冶プレス及びミシンの設置台数が大幅に増えました。
(今年も作業風景を収めるのをすっかり忘れてしまい、寂しい感じになってしまいました)

各都市の様子については、画像が多いため折り返しにします。

さて折り返しです。

当然今年も出雲では全都市ツリー完成による、全プレ狙いで進行することになりました。
この辺のテンションは例年通りという感じです。

[第1都市:ユー]
育成期間:2018/12/05 08:20~12/08 07:59
完成日時:2018/12/06 22:12頃

匠のフェスティバル2018の記録。

今年も2017年と同じく、ユーから逆打ち(アルファベット逆順)状態で始まった匠フェス2018。

昨年の完成バルクの余りが十分にあったので、工房でバルクを作りつつ、2日目に完成式を行うことになりました。
投入役は、次期ユー首長候補の赤ペンギン氏と、サポートとして、最近復帰されたユー市民の方に行ってもらいました。

出雲では、ツリー完成の早さは基本関係なく、「みんなでツリー完成の瞬間を楽しもう!」という方向性になっています。
今回もたくさんの方に集まってもらえたので、滑り出しとしては上々かなと思っています。

[第2都市:ベスパー]
育成期間:2018/12/09 02:00頃~12/12 01:59頃
完成日時:2018/12/09 22:15頃

匠のフェスティバル2018の記録。

第二の都市はベスパー。
飾り付け(人力)がだいぶ出雲ベスパーらしい感じになっています。

投入はベスパー首長・副首長のダブルヘッダーによって行われました。
相変わらず最後に完成させてしまうのが副首長という、実にベスパー的な流れになりました。

この日は宣伝として、クランパス湧きに伴う、トレードオーダーの円滑化のため、スカラ、ジェローム、ミノックの海峡の狭いところに船を設置して、八艘飛びでショートカットできるようにしたという強者が登場しました。
大変ありがたい…

なおツリーには、カエルさんを含む様々なプレイヤーがよじ登ったり叩き落されたりしながら、ワイワイ式典を鑑賞することが出来ました。
次のトリンシック、首長の時間的な都合は大丈夫なのだろうか…(汗

[第3都市:トリンシック]
育成期間:2018/12/12 08:20~12/15 07:59
完成日時:2018/12/12 22:15頃

匠のフェスティバル2018の記録。

トリンシック首長が多忙につき、トリンシック騎士団の最後の生き残りの方に投入代理を依頼して、育成式を行いました。

SAクライアントだと、オーガナイザー機能で、バルクをどんどん渡していけることが判明し、投入作業自体は非常に楽々だったとの事でした。
他人からだと何も見えないのに、投入している本人は人力でやると必死ですからねぇ…

ツリー育成式の直前までで2段階目まで成長していたので、実質必要なポイントは2万貯金ポイント弱でした。
次のスカラまでいけば、ニューマジンシアは一息つけそう…

[第4都市:スカラブレイ]
育成期間:2018/12/16 02:00頃~12/19 01:59頃
完成日時:2018/12/16 22:25頃

匠のフェスティバル2018の記録。

丁度選挙が終わり、新首長選任の時期でもあったので、同時に出雲首長会議の議長・副議長の引継ぎも兼ねたツリー育成式となりました。
スカラ首長・副首長・第五秘書による投入で、和気あいあいと完成まで持っていけました。
年の瀬が迫ってくるので、ここからが実際本番なのかもしれないなぁ…
(なお、スカラ首長の痛恨の出馬ミスにより、後日再選挙が行われました(何)

[第5都市:ニューマジンシア]
育成期間:2018/12/19 08:20~12/22 07:59
完成日時:2018/12/20 22:39頃

匠のフェスティバル2018の記録。

ちょうど中間地点となるニューマジンシア。
今年のマジンシアの育成式では、私と市民熊と現首長という組み合わせでバルク投入を行いました。
バルクそのものは、首長が独力で作成していた分だけでツリー完成まで持って行くことが出来ました!
本当に毎年お疲れ様です…
(この時投入するバルクの報酬が高額だったため、自分の手持ちの同ポイントで報酬の安い完成バルクと交換をお願いしました。了承して下さりありがとうございました!)

この時点で、工房に残っている完成済みバルクは72,000貯金ポイント程度。
ムングロ、ジェロは完璧にカバーできるので、あとはミノックとブリテインの動向次第かな…?

[第6都市:ムーングロウ]
育成期間:2018/12/23 02:00頃~12/26 01:59頃
完成日時:2018/12/23 22:41頃

匠のフェスティバル2018の記録。

昨年は、本当に誰も知らないうちにツリーが完成していたムーングロウ。
ちなみにクリスマス前に、工房+各都市の持ち寄りバルクが、完走分に到達したので、工房はほぼ仕事納めとなりました。

ムーングロウの投入式は、ムングロ首長以下、ムングロ市民の皆様による円陣式でわいわい投入する形でした。
EJキャラクターでは、バルクの奉納は出来ても、バルク本には一切アクセスできないのがやはりしんどいなぁ…と改めて感じます。
無事点灯できたので、残るは3都市。

これから年末にかかるので、のんびりやりたいところです。

[第7都市:ミノック]
育成期間:2018/12/26 08:20~12/29 07:59
完成日時:2018/12/26 22:40頃

匠のフェスティバル2018の記録。

例年思いますが、ミノックはツリーの位置が非常にわかりづらい…

ミノックツリーは、ミノックに縁のある方々によって、投入式が行われました。
こうやって皆でワイワイやりながら投入すると、大変なバルク作成も報われる感じです。

ブリテインは別動隊がツリー完成までのバルクを保有しているため、実質次のジェロームで工房のお仕事はおしまいということになります。
そしてそのバルクはもう十分に工房にあるので、あとは育成式をやり損ねるケースだけが心配です…
(特に大晦日前後になるジェローム…)

[第8都市:ジェローム]
育成期間:2018/12/30 02:00頃~2019/011/02 01:59頃
完成日時:2018/12/31 22:09頃

匠のフェスティバル2018の記録。

年内最後となるツリー育成は、戦士の街ジェロームでした。
ジェローム首長が年末年始UOにログインできないため、ジェローム市民を有している、私とE型のキャラクターで育成式を執り行いました。
大晦日の22:00という、大変いろいろと忙しい時間ではありましたが、沢山の方に来ていただけました!
(本当は30日の夜にやりたかったのですが、それだと別件で忙しかったので…)

これ、日本より海外シャードの方が育成辛いと思うんですよねぇ…
(海外はこの時期ホリデーシーズンの為、休むのが当たり前)

これであとは首都ブリテインを残すのみ!

[第9都市:ブリテイン]
育成期間:2019/01/02 08:20~2018/01/05 07:59
完成日時:2019/01/03 22:18頃

匠のフェスティバル2018の記録。

2018年度の最後を飾る、首都ブリテイン。

ツリーの育成式は、ブリテイン現首長が不在だったため、前首長およびブリテイン有志の方々の手により、工房側は1枚のバルクも出すことなく、見事ツリー点灯まで完成させることが出来ました!
別動隊で1都市分確保できるとは、さすが首都…
(私は所用で危うく式典をすっぽかすところでした;)

これで出雲は2016年のスタートから、一貫して開催された全都市でのツリー点灯を行う事が出来ました。
工房関係者の皆様、バルクを寄贈・作成に協力して下さった方々、さらにそれとは別に、独自にバルク作成及びツリーへの提出をしてくれた皆様に大変感謝しています。

さすがに来年も同じことをやれと言われると、勘弁してくれと思うので、せめて来年からは別な形のイベントにしてもらいたいものです…(切実
(例えば、ツリー育成をするにしても、過去の日本シャードイベントのツリー育成プロジェクトみたいに、巨大な木を1本、シャードの人全員で育成する形式にして、さらに途中経過などを逐一報告してくれるようなシステムであれば、もっと楽しめるとは思います)

…2018年も本当に色々ありましたが、2019年もどうぞよろしくお願いします。
それでは皆様良いUOライフを!

(ここより追記分)

その後、他シャードの匠フェスの不具合調整だったのか、何故かユーが2回目に突入しました;

スクリーンショットを収め忘れているのですが、何とか2回目のツリーも無事完成しました。
匠のフェスティバルのアナウンスは、1月8日の朝メンテ後にタウンクライヤーが何も話さなくなった模様で、ベスパー前には正式に終了しました。

唐突に延長されていたので、果たして一体いつまで続くのかと不安ではありました(汗

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2018の記録(延長データ追加)” への2件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    >めぐさん

    ありがとうございますー
    記事でも触れましたが、みんなでワイワイ楽しめると、バルクづくりの苦労も報われる感じがします!

    でも来年は何か趣向を変えてもらいたい…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)