震災以降の我が家の消費電力動向について

Author:試作E型

我が家の消費電力について、とりあえずおおよそ5年分の集計が取れた(震災直後ぐらいからデータを保管し初めた)ので、
ちょっと纒めてみることにしました。

集計期間:2011(平成23)年4月~2016(平成28年)2月
※明細表を無くしてしまった分が一部あり

グラフは以下の通りです。

電力グラフ.png

夏場および冬場は、気温によってエアコンをどれだけ使うかが大分変わってしまうので、年度ごとにバラツキが見られます。
夏場が暑かったり、残暑が厳しかったり、冬場が寒かったりすると、エアコンの分の消費電力がかさむためです。

それでも概ね年度を経るにつれて、消費電力が減少傾向にあるとは思います。
また、6月と10月はエアコンをほとんど使用しない関係もあって、右肩下がりで消費電力が落ちています。

一番消費電力の大きかった2011~12年と比較して、2015~16年はおおよそ20~25%ほど消費電力が落ちている換算になります。

さて、その理由として、とりあえず覚えている限りで書き出してみます。

[通年]
・PCのパーツ関連の見直し
・PCのディスプレイのこまめな点け消し
・蛍光灯の本数減少とこまめな点け消し
・白熱球をLED電球に置き換え
・テレビの視聴時間の減少(2014年8月以降は使わなくなった)

[夏場]
・扇風機の活用
・遮光設備の活用
・間欠冷房によるエアコン使用時間の減少
・使わない部屋の気密性の向上

[冬場]
・湯たんぽの活用
・間欠暖房によるエアコン使用時間の減少
・作業部屋の統一化(主に灯油消費量に関係)
・使っている部屋の気密性の向上

等々。
細かい部分は色々とあるのですが、大まかに書き出すとこんな感じです。

以外と食っていたのが「蛍光灯」「冬場の暖房」、そして「テレビ」

蛍光灯は常時つけっぱなしにしていると、2~3本でおよそ現在のPC1台分に相当する電力を持っていかれます。
冬場の暖房は、ハロゲンヒーターを使っていた時が一番食っており、その後湯たんぽに変更したことでかなり下がりました。
我が家のテレビの消費電力はおよそ50W強もあり、少なくとも視聴時間が減ったことによる電力の影響は蛍光灯2本程度に相当することに。
テレビは速報性のラジオ+情報量のインターネットでカバーできますし。

とりあえず、個人レベルでもこのぐらいは消費電力(エネルギー)を削減できますよ、と言うところです。

計画停電とかがあった(そして発電量が不足した)、と言うのを忘れないようにするためにも、とり急ぎ残しておきます。

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − eleven =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)