[小さな機械の相棒]RaspberryPi2(Raspbian-Jessie)にSVNサーバを引っ越す

2017-07-29-105908_1824x984_scrot.jpg

Author:試作E型

エイです。

引越し直前ぐらいから、どうも我が家SVNサーバーの調子が悪いと感じていまして…
(コミットしたはずなのに、しばらくして見てみるとコミットできていない、など)
引越ししてからも発生していたので、原因を調査すると、どうもRaspberryPi(SVNサーバー他)用に使っているSDカード側が宜しくない、と言う結論に達しました。
書きこみを受けつけない状態になっている様子。道理で反映されないわけです(汗

さて…と考えたのですが、とりあえず
・現状のSVNサーバーの「読みだし」はできる
・SDカードは1枚余っている(8GBのものなので、今の環境(16GB)をそっくり移すのは無理)
ことから、新しくサーバー環境を構築し、SVNサーバーもお引越しすることにしました。

と言うわけで、手順を自分用のメモとしても残しておきます。

続きは折り返しにて~


1) SVNの引越し準備
まずは現在のSVNサーバーの情報を保管します。

$ sudo svnadmin dump [リポジトリの場所] > [出力ファイル]

で、リポジトリをダンプしておきます。
このファイルはネットワーク経由などでどこかに保管しておきます。

2) 新しいサーバー環境の構築
今回はRaspbian(Jessie)を使いました。
Raspbian公式(https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/)から、「Raspbian Jessie with desktop」を選択してダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、適当なツール/コマンド(Win32ImageWriterやddコマンドなど)でSDカードに書きこみます。

書きこみ後、RaspberryPiで起動することを確認します。

3) SVNのインストールと設定
起動したら、以下のコマンドを実行しつつ、SVNのインストールと設定を行ないます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install subversion subversion-tools

でSVNのインストールが完了します。
ここで、1)の時に生成したダンプファイルを使い、リポジトリをロードします。

$ sudo mkdir [リポジトリの場所(元と同じが良い)]
$ sudo svnadmin create [リポジトリの場所]
$ sudo svnadmin load [リポジトリの場所] < [ダンプファイル名]

少々時間がかかりますが、ログが出力されつつ、ロードが完了するかと思います。

そして忘れずにリポジトリの設定をしておきます。

$ sudo nano [リポジトリ名]/conf/svnserve.conf

以下の3行を[general]セクションに追加します。

anon-access = write
auth-access = write
password-db = passwd

※我が家のリポジトリはフルアクセスのため、anon-accessをwriteにしています。

保存してnano(エディタ)を終了します。

4) SVNの起動
最後に、SVNサーバーを起動します。

$ sudo svnserve -d -r [リポジトリの場所]

これでひとまずは外から見えるようになります。


5) SVNサーバの自動起動

systemdを利用して、OS起動時に自動的に起動するように設定します。
以下のような.serviceファイルを作成します。
(なお、雛形として、/etc/systemd/system/ssh.serviceを使っています)

$ nano svnserve.service
[Unit]
Description=Subversion Server
After=network.target

[Service]
ExecStart=/usr/bin/svnserve -d -r [リポジトリの場所]
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
KillMode=process
Restart=on-failure

[Install]
WantedBy=multi-user.target

作成したファイルを、systemdの管轄しているディレクトリに送ります。

$ sudo cp svnserve.service /etc/systemd/system/

以下のコマンドで、自動起動を有効にします。

$ sudo systemctl enable svnserve

これで、再起動後に自動的にSVNサーバーが起動するようになります。

とりあえず駆け足ですが、サーバーの新規環境構築~立ち上げまでの手順でした。
あとは日本語化でもしておけば、とりあえず大丈夫かなぁ?

それにしても、新しいRaspbianはブラウザがChromiumになったし…
別途入れなくても大丈夫になりました。便利~

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

“[小さな機械の相棒]RaspberryPi2(Raspbian-Jessie)にSVNサーバを引っ越す” への1件の返信

  1. アバター試作D型(ダイ)

    投稿お疲れ様~

    さかのぼってみると、今年の2月ぐらいからSVNが全く更新できていない状態になっていて、おかしいなぁ…と思っていたら、SDカードの書き込み限界を迎えていたとは…

    とりあえずサーバの移行作業を終えた後は、問題なくSVNが更新できることを確認できました。

    これで一安心!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + fourteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)