2018年度函館墓参り旅行記:1日目編

2018年墓参り函館旅行:1日目

Author:試作E型

エイです。

今年も函館に帰省してきましたー
とは言っても、すでに実家は物理的に存在していないため、墓参りがメインです。
あとは毎年、母校に顔を出すのが目的だったりもします。

北海道は先日も強い地震があったり、台風の影響も強かったりしたため、状態が気になるところですが…
(函館は幸いにして被害は少なかったのですが)

※長くなるので記事を分割します。今回の記事は1日目の分です。

2~3日目はこちら。
2018年度函館墓参り旅行記:2日目編
2018年度函館墓参り旅行記:3日目編


今年は例年どおり、10月の帰省になりました。
もう向こうは秋めいているのかな…と思っていたのですが、事前に天気予報などを調べると、どうもかなり暖かい様子。
予報では最低/最高とも、平年より3~5度高いとのことでした。

そのため、上着を長袖(腕がまくれるタイプのもの)にして、コート類は持っていかないことにしました。
朝っぱらか夜でないとコートは使わない気温ですし、何よりこっちに帰ってきたときに使いみちがないので…
あとは天気が悪くなりそうなので、折りたたみ傘を持って、準備完了です。

[2018/10/09(火) 1日目] 函館:曇り
(自宅→最寄り駅(徒歩)→羽田空港(リムジンバス)→函館空港(航空機)→湯の川温泉(シャトルバス)→寄り道しながらホテル(徒歩))

お昼過ぎにてくてくと出発です。
羽田空港行きのリムジンバス乗車のため、とりあえず最寄り駅でPASMOにチャージ。
(帰りは、当初リムジンバスの時間が合わない(待ち時間が1時間もある)と判断し、京急線経由にしようかと思ったのですが…これは3日目のときに)

さすがに乗車人数は少なめで、特に問題もなく、1時間ほどで羽田空港第2ターミナルに到着。
(今回はANA/AirDoの便だったので、第2ターミナル下車です)

羽田では、行きの便が出るまで1時間ほどあったので、まずは先方に渡すお土産をチョイス。
あんまり生モノはあれだと思い、乾き物の類を探してみます。

で、今回はコレにしました。

2018年墓参り函館旅行:1日目

キハチのワッフルカスタードサンドです。

行きの便は特に遅れることもなく、無事函館空港に到着。
現地は暖かく、20度ぐらいはありました。むしろ横浜が少し暑かったという感じですが。

そういえば、函館空港には繁体/簡体字表記「のみ」(一応英文はサブで書いてある)の旅行者向けSIMの受け取り端末があったりして、中国や台湾からの観光客が多いのがよく分かる状態でした。

2018年墓参り函館旅行:1日目

空港内のサッポロドラッグストアーにも、繁体/簡体字「だけ」で書かれたアンパンマンの説明書きがあったりしました。
読めない…(汗

そして時間は16時。どこかに行くにはちょっと遅い(すぐ日没になってしまう)時間なので、さっさとホテルに向かいます。
函館駅前方面行きのシャトルバスに乗り、湯の川温泉へ。

途中、バス内で「電子マネー類は使えない」と言うアナウンス。
知っているうちらは問題ないとは思ったのですが、今だときつい人もいると思うんですよねぇ…
しかも両替と精算が別の方式のため、小銭がなくてお札だけとかはかなり厳しいはず。
なお、湯の川温泉バス停までは\230でした。

車窓をぼーっと眺めていると、8分ほどで「湯の川温泉」バス停に到着。
海岸(大森浜)の眼の前なのですが、この日は風が弱く、あまり潮の香りはしなかったです。

途中、ホテルに入る前に、近くにあるローソンへ。
ホテル自室で飲み食いする分のおやつなどを調達します。

…以外と品揃えが「普通」だったローソン。
北海道での標準品があまりなく、ちょっとがっかり。パックのカツゲンが無いのはどういうことだろう?
とりあえずガラナ(小原の函館ガラナ)などを購入。

2018年墓参り函館旅行:1日目

ローソンでの購入物です。(撮影はホテルにて)
・株式会社小原 凾館ガラナ(500ml)
 中身はコアップガラナです。こちらのパッケージの品しか見つからなかった…
 比較的道外でも入手する機会はあるかと思いますー

そしてホテルへ。
今回は、「平成館 海羊亭」さんに宿泊です。

そういえばまだ泊まったことがなかったんですよねぇ、海羊亭さん。
ここ数年は湯元啄木亭ばかりだったし、それ以前はホテル万惣(現在は全面改装して、高級ホテルになってしまった…)がメインだったし。

部屋到着は5時。
夕食(バイキングです)の開始までは1時間程度あるので、とりあえず部屋で小休止。
…なのですが、今日は軽い朝食だけだったため、ずいぶんお腹が空いていたらしく、買ってきたおつまみを結構食べてしまいました(汗
その関係でちょっと夕食がきつくなったのですが、まぁ致し方なし。

夕食は(朝食も)バイキングなのですが、ここの目玉は「本ズワイガニの足食べ放題」
北海道生まれのうちらは気にしたことがないのですが、観光で来る人の「カニへの執着」というのは非常に強いらしく…
かなり押されてしまいました(汗
山盛りのカニ足をホクホク顔で持っていく人、一心に足から身を取り出している人など…
まぁしょうがないのですがー

ここのバイキングは、デザート関連にそれなりに力を入れているようで、個人的にはまずまずでした。
(啄木亭ほどではないけど、他のホテルよりは気を遣っている感じ)
フリーザーの中に棒アイス(ミルクとオレンジ)があるのが特徴でしょうか。気軽に食べられるので、口直しに非常に好適です。

適当に夕食を終え、部屋に戻ります。
そして途中、ローソンで買ってきた物資が不足してきたので、ちょっと買い出しに向かいます。
ホテルを中心に、ローソンのあった位置とちょうど反対側にセブンイレブンがあるので、そちらに行ってみました。

ローソンとは違い、セブンイレブンの方は「温泉街のコンビニ」という風情が非常に強かったです。
観光土産をけっこうな量扱っていたりしていました。
あとは海外から(見た感じでは中国/台湾系)の観光客が非常に多かったです。スマートフォンでお土産の確認をしている人もちらほら。

2018年墓参り函館旅行:1日目

購入物はこちら。他にも食べ物を少々。
・雪印メグミルク ソフトカツゲン(500ml)
 いつもの購入物その1。こちらは北海道以外での入手が難しいです。
 飲み口が爽やかな乳酸菌飲料。個人的には少し水で割るとグイグイ飲めて良い感じ。
・株式会社小原 北海道産めろんのサイダー(230ml)
 瓶入りの北海道土産のドリンク。地元小原が製造しています。
 ドリンクとしては普通に飲みやすいのですが、いかんせん高い…(コンビニで\238、ホテル内売店だと\291)
 この他にもりんごのサイダーとか、いろいろ種類がある様子。

そして温泉にも浸かります。
露天風呂はかなり熱く(体感では42~3度ぐらい?)ビリビリする感じがあったのですが、内湯がちょうど良い温度帯だったので、なかなかでした。
湯の川温泉は基本的に塩化物泉なので、湯冷めしづらくなっています。

とりあえず1日目はこれにて終了です。

翌日の天気が十分に持つことを期待して…

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 20 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)