2018年度函館墓参り旅行記:2日目編

2018年墓参り函館旅行:2日目

Author:試作E型

エイです。

今年も函館に帰省してきましたー
そのレポートになります。

※長くなるので3本に記事を分割します。今回の記事は2日目分です。

1日目と3日目はこちら。
2018年度函館墓参り旅行記:1日目編
2018年度函館墓参り旅行記:3日目編


[2017/10/10(水) 2日目] 函館:曇りのち雨
(ホテル→函館高専(徒歩)→お墓(恩師の車)→函館山山頂(恩師の車)→函館公園(恩師の車)→ホテル(恩師の車))

5時ごろ起床です。
天気はこの時点では曇り(薄く雲がかかっている感じ)でした。
ただ、時間が経過するにつれて、だんだん雲が厚くなってきていたので、どこかで雨が降るだろうというのは予想できます。

朝食まで時間があるので、天気が崩れないうちに露店風呂へ。
今朝の温度は少し下がっていたためか、入りやすかったです。
展望はバッチリ(もっと海側のホテルもあるのですが、高さという点を含めると一番良い?)でした。

朝食(バイキング)を済ませ、出発まで少し一眠り。
今回は、最初に「銀月」に寄るため、8:30まで(開店が8:30)は動けなかったのです…
本当は昨日寄りたかったのですが、昨日は定休日だったという(汗

なお、お部屋はこんな感じでした。和室です。

2018年墓参り函館旅行:2日目

ちょっと狭めかなぁ?
(畳は10枚分ありましたが、大きさが160x80cmぐらいだったので、実質8畳ぐらいでしょうか)

一眠りすると、ちょうど8:30ぐらいになったので、出発準備をします。
フロントに鍵を預け、出発です。

函館高専までのルートは、
ホテル→電車通りまで出る→銀月でだんご購入→途中にセイコーマートに寄る→高専
という感じです。

外の気温は、長袖の前を留めるほどではなく、歩いているとむしろ汗ばむぐらいでした。
気温は15度ぐらいかなぁ?

2018年墓参り函館旅行:2日目

そういえば、途中の湯の川温泉電停前には、足湯もあります。

そして「銀月」に到着。だんご屋さんです。
おだんごを5本(ごま2/あん1/醤油1/きなこ1とべこもちを一つ購入。計\659でした。
相変わらず安いです。
買ってから思ったのですが、墓前に供えることができるので、今日でよかったとも。
(前日購入だと固くなっておいしくなくなってしまう…)

店を出たあとは、てくてくと高専方向へ。
色々と建物がなくなったりしていて、ちょっと寂しいなと思いつつ、高専前の坂へ。

登っていくと、まずはセイコーマートがあります。
ここでドリンク類を補充しておきます。
本当はおやつ類も補充したかったのですが、これからの予定を考えると、あまりかさばるものは買えなかった…

さらにてくてく歩いていくと、目的地の函館高専に到着します。
この時おおよそ9時ちょっと過ぎ。1時限目が始まっている頃です。

さっそく、目的地の一つである保健室へ。
毎年顔を出すようにしています。

2018年墓参り函館旅行:2日目

…去年と内装がかなり違う…

去年までは、部屋の奥側(写真奥)にはパーティションがあって、その反対側に流しがあったりしたのですが、
現在はなくなっています。
保健室の先生から話を伺うと、どうやらこの部分には高圧電源が設置してあったらしく、
(部屋の工事をした時に判明したらしい…)
恐らくは、設立当初は「保健室でレントゲンを取れるようにしたかった」のでは、と言うことでした。
技師もいないのにどうするんだろうと思ったのですが…何分古い時期に設置されたものらしいので、詳細は分からず。

そうこう話をしているうちに、事前に連絡しておいた恩師と合流。
そういえば、ついに保健室の先生もスマートフォン(キャリア側ではなくMVNO)に乗り換えたらしく、その話などで盛り上がりました。
(9年間使っていた携帯が限界で、観念したらしい…)
帰るたびに「早めになんとかした方が良いよー」と話をしていたので…

あぁ、機種を何にしたか、聞いてなかったー

そしてお昼近くなってしまったので、天気が悪くならないうちに、恩師と一緒に墓参りに出発します。
だいぶ雲が出ていますが、2時間ぐらいは持ちそうとの予想。

とりあえずお昼を…という話になったのですが、せっかくなので「ハセガワストアのやきとり弁当」を所望したところ、
どうやら恩師の方でも候補になっていたらしく、途中のハセガワストアに寄っていくことに。

2018年墓参り函館旅行:2日目

「ハセガワストア 湯の川店」の外観です。
ちょうど、期間限定で「やきとり弁当(栗ごはん)が販売されているらしく、それを食べてみることに。

なお、味付けなどは好みで選択可能(あとで調べてみたら、現在は5種類あるようです)
3人それぞれに違う味をチョイスしました。

できあがるまでの待ち時間(~15分ぐらい)に、ちょっと店内を物色。
作り置きのやきとりが単品で売られていたり、「炊きたてご飯のセルフ販売」があったり、色々ありました。
(ごはんを自分で盛り、やきとりを買えば、待たずにやきとり弁当を自力構築したりも可能というシステム)
すると、仏花があったりしたので、一緒に購入することに。あとはカツゲンの1Lパックとか。

お弁当も無事手に入ったので、先に食べようかとも思ったのですが、天候を優先して、先にお墓まで移動します。

お墓のあるところは函館山の裏手で、やや標高が高いところにあるためか、雲がすこし多いかなーという感じでしたが、
それでも雨は降っていませんでした。
とりあえず墓参りの時には「雨に降られない」は継続達成中です!

2018年墓参り函館旅行:2日目

今回も曇りで止まりました。

お水で清めつつ、お花とかお線香を準備します。
「線香の火がどうしても付きづらい」と恩師の弁。次はもっと火力の高いナニモノかを持ってくると話をしていました。
この日は風はあまりなかったのですが、持参した風よけ付きライターの火力では限界があるようでした。

2018年墓参り函館旅行:2日目

準備完了。

…お墓参りは無事終了です。
途中、墓誌にまつわる話をしながら車へ。
(浄土真宗大谷派の法名の付け方など。うちらも当時勉強することになったので)

そしてお弁当を食べるための場所として、「函館山展望台」を選択。
車で登っていきます。
途中、登山をしている方を数名発見。そういえば、小学生の時に登った記憶があるなぁ…

ほどなくして山頂に到着。幸い車酔いするほどではなかったです。
(登山道はうねうねしているため。箱根の山ほどではなかった)

2018年墓参り函館旅行:2日目

さすがに山の上(標高330M程度)なのもあって、風がちょっと強く、天気もギリギリな状態でした。
そのため、食べるのは展望台の中で、ということになりました。

…しかし、展望台の中(正確にはロープウェイ乗り場他ですが)には、「持ち込みで喫食できるスペース」が無いということが判明(汗
かろうじて、売店前に椅子があったので、そこを使わせてもらうことに。
テーブルは無いので、空いている椅子か各自の膝の上で対応です。

ここで買ってきたものの紹介。

2018年墓参り函館旅行:2日目2018年墓参り函館旅行:2日目
・ハセガワストア やきとり弁当(中サイズ/塩/栗ごはん(期間限定))
 これはE型の分です。
 中サイズは「豚ねぎま串3/野菜串1」が標準になっています。
 
 なお、道南地区では、「やきとり」=「豚精肉串」なので、デフォルトではまず鳥肉は使われていません。
 「やきとりの鳥串」という表現はこちらならではかと。
 
 味は非常に「いつもの」味で、懐かしかったです。
 栗ごはんも程よく甘みがあり、非常に食べやすかったです。

2018年墓参り函館旅行:2日目
・同(中サイズ/旨辛)
 こちらはD型の分です。
 串はパッケージの縁をつかって一気に抜くことができますが、冷めてくると抜きづらくなるので注意。
 
 旨辛味はD型曰く「ほとんどキムチ味」とのこと。
 

そして一息入れたあと、さてどうしようかと言う話になり、恩師からの提案で、「函館公園」に行ってみようかということになりました。
函館山のふもとなので、すぐに着きます。

ここで、恩師の話を聞いていて思い出したのですが、どうも函館公園には、一度だけ花見で行った記憶がありました。
ここにある「遊園地」のアトラクションがまだ稼働しているらしく(!)、小さい時に乗ったという記憶があるのです。

確か飛行機がぐるぐる廻るやつだったような…と思ってたら、ありました!

2018年墓参り函館旅行:2日目

(後ろのほうのアトラクションです)

かれこれ30年以上も前の話なので…よく残ってたなぁ

他にも、ちょっとした動物の飼育所があったりしました。
こっちは記憶にない…
(古くからあるらしいのですが、見た記憶がない)

2018年墓参り函館旅行:2日目

エゾダヌキとか。
(動いているタヌキを直接見たのは初めてです。比較的もふもふ。ちなみにE型はキツネ派です

2018年墓参り函館旅行:2日目

そして、市立函館博物館に到着。
こちらにも来た記憶はなかったです。
…実のところ、このあたりはだいぶ苔むしているので、そもそもうちらは苦手なのですが(汗

2018年墓参り函館旅行:2日目

常設展観覧券です。一般は\100でした。
(なお、函館市内の小・中学生は無料です)

常設展示物の中で、気になったのは
・昭和・なつかしの暮らし展(09/27~開催中)
でした。懐かしい、というのもあるのですが、今はちょうど平成も終わりと言うこともあり、

「平成の暮らし」を博物館に展示するなら、どうなるのか。

というのを恩師と色々考えていました。
とりあえず、「インターネットの普及」にまつわるところ、と言うのは一致していました。
ただ、インフラの話であって、物体そのものではないので…

2018年墓参り函館旅行:2日目

そういえば、帰りにビジターセンターを覗いてみると、クマの剥製がありました。
ここで38年間も飼育されていたエゾヒグマとのこと。
体高から、思ったより小さいなとも思ったのですが、後ろ足で直立すると2mを超えてしまうので、特に小さいわけでもなかったです。

そして時間も16:30頃。天気も崩れてきた(雨が降ってきた)ので、ホテル近くまで送ってもらい、解散ということになりました。
来年もまた来ますよー!

さて、部屋に戻ってきた所で、2日目の購入物です。

2018年墓参り函館旅行:2日目
・セイコーマート ガラナ(500ml)
 セコマブランドのガラナです。これは本州のセイコーマートでも入手可能です。
 飲み口はわりとあっさり目。キリンのメッツガラナに近いかなぁと思っています。

2018年墓参り函館旅行:2日目 
・雪印メグミルク ソフトカツゲン(1L)
 昨日購入したカツゲンの1L版です。ご家庭用ならこちらを。

2018年墓参り函館旅行:2日目 
・いろはす ハスカップ(555ml)
 ハスカップ味のいろはす。普通に飲みやすいです。
 

途中、30分ほどうとうとしていたり(いびきをかいていたらしい)しながら、夕食の時間です。
昨日食べそこねた「トビウオの卵の醤油漬け」あたりをチョイス。懐かしい味でした。
(小さい頃はこれが好きだったのです)
酢飯が用意してあり、どんぶりにして食べてね、ということだったのですが、個人的には「ふつうのご飯」のほうに乗せた方が良かったです。

今日は体力的にお風呂にいけなさそうだったので、翌日の朝に入ることにしました。
もう22時過ぎぐらいから体力が完全に切れていたので…
かといって、早めに寝ようとしても、絶対夜中に起きてしまうので、悩ましいところと言う(汗
(原則、まっとうな時間寝るには、お薬が必須なので)

翌日に続きます。あとは帰宅だけ(のはず)

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 13 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)