イナムラ総研横浜支部:エアコン専用電源工事顛末記

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

Author:試作E型

エイです。
引越しから1ヶ月ちょっと経過して、だいぶ生活も落ち着いてきました。
溜まっていたお絵かきなども進めつつ、いろいろと必要な部材を調達したりしています。
(前の家は「たぶんまた後で引っ越すことを前提」として住んでいたので…)
長期的に見て必要だと思う部材には、あまり手を出さないようにしていました。

最近は植木用の鉢(巨大)とか、それ用の土(10Lでは足りない…)などを買い出したりしました。
シャコバサボテンの鉢がもうパンパンなんですよね…

さて、引越しの時の話でも取り上げていましたが、エアコン用の専用電源の工事にまつわるお話を、簡単ですがまとめてみました。

なお、自力でやるためには「第二種電気工事士」以上の資格が必要になります。
高専の電気科に行っていれば取得できたのですが…
(うちは情報科でした)
これは余談。

以下、詳しい説明は折返しにて。


さて、以下が電気工事に関する内容になります。

■やりたいこと
・2Fにエアコンを2台設置できるように、エアコン専用コンセント(100V/20A)をそれぞれの部屋に設営

だけなのですが…
以下の理由により、工事の内容がけっこう大掛かりになってしまいました。

■工事前の現況
・主ブレーカーは30Aの単相2線式
・子ブレーカーは4つ+漏電ブレーカー1
・子ブレーカーは全て配線済み(1F用/2F用/1Fエアコン用/トイレ温水便座用)
・2F(2部屋ある)にはエアコン専用コンセントが存在しない

トイレの温水便座は、うちらが一旦この家を離れたあと、家主さんのほうで取り付けたらしいです。
うちらは使わないのですが、高齢者や女性だと使うのかな…?

なお、温水便座は消費電力が激しい(要するに電気による瞬間湯沸かし器。定格800Wぐらいある)ので、コンセントから外してあります(汗
せめて着座センサーをOFFにできれば…とは思ったのですが、OFFにできない機種のため諦めました;

で、以下が工事内容の予定です。

■工事内容
・1F主ブレーカー横に新しくサブブレーカーボックスを設営
・サブブレーカーは2F洋室エアコン/2F和室エアコンの2つ。
・主ブレーカー側の漏電ブレーカー経由で、サブブレーカーに配線
・サブブレーカーから屋外を伝い、2Fの各部屋まで屋外配線を行い、コンセントを設営
・エアコン用コンセントはアースが必須のため、アース棒を家の裏手の土に打ち込んでもらう

という感じになりました。

工事の見積もりは、引っ越し前(居住契約完了直後)に、近くの電気屋さん(小規模店舗を抱えている、街の電気屋さんです)に問い合わせて、現地で見積もりしてもらいました。

予定金額は材料費すべて含んで\86,000程度(税込み)です。
だいたい適切かなーという所です。
高所作業もなく、作業人員が一人だけ、という部分で少し安くなっている感じでした。

見積もりはたいへん細かく記載されていて、こちらでも内容把握がよくできました。
材料は原価+10%(調達マージンですね)ぐらいで見積もられていたので、そんな感じかなーと思った次第。
汎用業者に依頼すると、現地見積もり費用+出張費(合計\8,000~)がかかるため、パッと見は安くても、結果的には変わらない可能性が大きかったです。

ただ、工事日が引越してから一週間ちょっと後になってしまったので、その間はエアコンが使えない状態でした。
(引越しで持ってきたエアコンの動作確認のため、ふつうのコンセントからタップを伸ばしてましたが…)

で、工事当日。
朝9時(電気店の開店時間)から作業開始です。

まずは主ブレーカーの横の壁面に、サブブレーカーの配線を通すための穴を開けます。
うちは木造のため、かんたんに穴が空きます。
それでも電ノコを使うとたいへんやかましいですが…
(ご近所さんに挨拶に行けばよかったとちょっと反省…)

穴を開けたら、配線部材を通していきます。
2芯(我が家は2線式のため)のVVFケーブル2本(各部屋行き)+アース線(共通)1本を通しておきます。

なお、作業は2F廊下の窓を中心にして作業をしてもらいました。
(脚立無しで外に出られる所がここだけだった…あとは柵があったりするため)

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

配線は全てPVC管で完全に保護するようにしながら、曲がり角にはPVCのエルボを配置しつつ、配線(+配管)を進めます。
PVC管は一体成型のため、線材の先から通していかないといけないので、長距離の配線のときにはきつそうでした…

配線の通ったPVC管は、壁面に固定していきます。

…しかし、家の窓を全開にしているせいもあって、大変冷えます…
まぁ、作業をしている人はもっと冷えるのですが!
(うちらは見てるだけ)

お昼前には家の裏から表側まで来ました。
ここで一旦お昼休憩+脚立を取りに行くとのこと。
うちらも少し休憩しておきます。

で、午後の作業開始。
脚立を持ってきたので、配線作業がだいぶ捗るようになっていました。
(家の表側は屋根がないため、脚立がないとたいへん作業がしづらい)

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

で、まずは配線で近い方向にある、洋室からコンセント敷設作業です。
壁に穴を開け、そこから外配線で通してきた電線を引き込み、接続します。

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

コンセント設営完了です。

外側の電線の分岐箇所には分岐ボックスを設置していました。

そしてすでにエアコンが取り付けてある、和室の方へ移動。
ここからはベランダで作業ができるので、だいぶ楽そうでした。

エアコン取り付け位置まで配線/配管を行い、コンセントを設置します。

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

ここまでで、とりあえずメインの配線は完了です。
あとは主ブレーカーとの接続+ブレーカボックスの設置、あとはアース線の接続です。

主ブレーカーへの接続は、どうしてもブレーカーを全て落とさないといけないので、この作業中だけ電気が使えませんでした。
(実は、念の為当日朝から主ブレーカーは落としてあったのですが…)

この作業はさして時間もかからず終了。

最後に、アース線接続のため、家の裏手にアース棒を打ち込んでもらいます。
幸い、家の裏手は深い土のため、アース棒を打ち込むにはうってつけ。

…そして最後に通電状態のチェックです。
これは特に問題なく終了。

作業完了は16時過ぎでした。
丸一日かかりました…

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

以上がエアコン専用コンセント敷設の顛末です。
本当はエアコンを2台可動させる点から、主ブレーカーを3線式にしてもらおうかとも考えたのですが…
さすがに費用がかかりすぎるため見送りました。
(やっぱり同額ぐらいかかる…)

なのでエアコンは必ず「電流制限モード」で動作させることになります。
でないと家の主ブレーカーが落ちてしまう…
あとは炊飯器レンジを同時に使わなければ大丈夫だと思われます。

あとは夏のシーズンになる前にエアコンをもう一台調達して、完了ということになります。
たぶん富士通ゼネラルのnocriaシリーズになるかと思いますが…
ちょっと安くなったりしないかなーと思って価格情報を見る日々です(何

試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 17 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)