きまぐれUO日記:出雲♀トレハンマスコット用、幸運ハイレグスーツの作成。

 

どうもダイです。

物理的に体調の厳しい日がここ1週間以上続いていて、なかなか日々の作業とかが思うように進みません…
特にお絵かきが深刻な状態です><
(日常生活でかなり手一杯な有様です)

それでも何もしないわけにはいかないので、気力を振り絞りつつ、PUB105、新トレハン仕様対応の幸運装備なんかをこしらえてみました。

例によって長いので折り返しますね。

 

 

さて折り返しです。

まずは装備の見た目の解説をば。
左側が2Dクライアント、右側がSAクライアントでの見た目です。

あれこれ悩んだのですが、幸運装備という事で6パーツフルで装備する必要性があったのと、抵抗値その他の兼ね合いで、普通にテッカテカのスーツアーマーという形に落ち着きました。
素材は金属にするか、ラテックスゴムみたいなのにするか…(何

色合いは、この子のパーソナルカラーであるピンク~紫系で、膨れ上がらない色でまとめることになりました。

なお配色ですが、胴体、腕、脚が贖罪染料のラベンダー、首、武器、盾がハオチ染料のプリティピンク、イヤリングが同キャンピオンホワイト、頭がクリンナップ染料のリフレクトフューシャ、ブレスレット、タリスマンが同ディープバイオレット、手袋が同チリアンパープル、サンダルだけ普通の布染めになっています。

胴体をディープバイオレットにするか悩んだのですが、そっちの方がやや目に悪かったので、ラベンダーで落ち着いた感じになりました。

 


そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

画像にも書きましたが

  • ピンク枠が装備を決定する上でのキーパーツ
  • 緑枠が過去に作成したこと/使ったことのあるパーツの流用品
    (素体や改良しただけの途中品も含む)
  • 赤枠が、作成過程に問題がありすぎたパーツ

になっています。

まずはメイン装備6種から。

・強運の宝玉のサークレット
今回は防具6パーツ全てが作製品で固まることになりましたが、そのうちの第2パーツ目になります。
抵抗値はフラット気味で良かったので、折角だからと宝玉のサークレットで作ってみました。
カッパールニック80chと、ベース試行回数37回で無事幸運150を引けたので、残りプロパティを練成後、匠の地金を使用してGold強化を施しました。
このぐらい楽に作れるならいいのですが…><

 

・開運ウッドランドネック(キーパーツ/問題児
今回の最初の作製パーツにして、最難関の品でした。
条件が、抵抗値はそこそこに、「幸運150を引いたうえで、練成後OakではなくHeartWoodで強化して、幸運40を偶発的に引くのを、匠の地金を使わずに行うというものだったため、果てしなく試行回数がかかりました…
大体ベースを150~180個作って、Ashルニで幸運150を引くのが6個程度(このとき消費が70~100ch程度)で、ここからが問題。
5プロパつけたうえで瞑想可にもしなければいけないので、特別な手法を利用して、瞑想特性変更(見せるだけ)→5プロパ練成→HeartWood強化→成功したらプロパに寄らず瞑想特性変更(実際に渡す)というルートを1回1回通って、幸運が190になるまで延々と試行していました。
最終的に作った幸運150のベースは30個、耐久値は120程度で抑え込んで補強の粉末代+強化成功率を楽しつつ、強化に成功したのが6個。
その6個目が幸運+40でした!

Oak強化で匠の地金を使用したほうが早くて安いってのはあるのですが、それだと木防具である必要性も薄くなるうえ、素材ボーナスの都合(Oakだと合計11点、HeartWoodだと合計16点)があって、何としてもHeartWoodで作りたかったのです…

でも無事にできて本当に良かった。

 

・開運女戦士のプレート
作製パーツとしては最後作ったものになります。
条件は幸運150だけなので、抵抗値だけ合わせこんで、カッパールニックで何とかしました。
こちらは凄くあっさり、60ch程度で完成したので、残りプロパティをつけつつ、先の首パーツと同じように瞑想特性変更技により、5プロパ+瞑想可にしてあります。
強化成功率が鍛冶に限り、古代+60/ガーゴイル練成120で3%ほどあるのですが、そんなものに賭けてはいられないので、匠の地金を使ってGold強化を施しています。

 

・強運のボーンレッグ
作製品4パーツ目になります。
抵抗値の合わせこみに、試行回数が300回ほどかかりましたが、思ったより素直にHルニで幸運150「だけ」を何故か引いてしまったので、採用ということになりました。
プロパティのつけ方、及び瞑想特性変更技は先と同じで、裁縫の場合は幸運150からの強化は成功率0%なので、匠の地金で何とかしています。

 

・開運プレートアーム
作製パーツの中では5番目に作ったものになります。
他の部分での抵抗合わせがうまくいっていたので、ベース選定は200回ほどで済みました。
カッパールニックの消費も60ch弱で、大変あっさり出来ました。
プロパティの付与の仕方、瞑想特性の変更、強化の状況は他のパーツと同じ工程を経ています。

 

・強運の魔力ボーングローブ
作製パーツのうち、3番目の作製品になります。
この部位は、トレハンでの鍵開け時には外す必要性があるため、秘薬コストやHPなどの、外すと問題のあるプロパティについては付与しない形にまとめました。
条件は幸運150/マナ回復3なのですが、本当はHP回復3のほうが理想だったのです。
ただし、Hルニでダブルワード指定で引く場合、剛力(HPまわり)側と魔力(マナまわり)側を比較すると、圧倒的に魔力側の方が回復3を引いてこれるため、そちらを優先しました。
Hルニを110chほど使用したところで、該当物が完成。
ベースの試行回数は600回程度でした。

これだけ4プロパで収まる練成内容だったので、練成終了後に瞑想特性を普通に変更して、最後に匠の地金を使ってS革強化を施しています。

 

ここから武器盾アクセサリとその他装備。

 

・開運指輪(キーパーツ)
いつか使うと思って、アトランで1年以上前に仕入れていた品になります。
幸運150だけのネガなし指輪がベースです。
魔法+10とCR3が必須プロパで、あとは窃盗をGM以上にするためと、秘薬コストの端数調整のために7%という中途半端な数値になっています。
なお、練成強度ですが、骨手が496%以外は、すべてのパーツで強度500%になりました。
この1%の詰め込みが悩ましいのですが、詰め込めた時の嬉しさはひとしおだったりします。

 

・Bracelet of Primal Consumption(過去流用品
売り物となる幸運装備セットを作るために、以前まとめて作っていたPUB96のDOOMAF改良品になります。
今回はスキルブーストが小さいため、投入することが出来ました。
幸運200に全抵抗20%という、かなりぶっとんだ性能なので、これが装備できると大変防具の自由度が上がります。

…罠の仕様を考えたら、炎変換のものにしておけばよかったかな?

 

・Minax’s Sandals(過去流用品
幸運装備としてはもはや鉄板のいつものサンダルです。冷気-3%品を選択しています。
今回は♀弓手の軽重混合アーマーから引っぺがしてきて、その分は毒-3%のものと差し替えています。
丁度抵抗値が冷気が余っていたので、これならぴたり一致するのです。

 

・幸運のお守り
これまた幸運装備には鉄板のパーツです。
今回は在庫予備がなかったので、ベンダーで売られていたものを購入してしまいました。

 

・アメジストのイヤリング
ただのオシャレ小物です。
当初は毒サンダル+毒イヤリングの予定だったのですが、抵抗値が思った以上に理想的になったので、普通のイヤリングになりました。

 

・開運セプター
トレハンの箱を掘り出すときにだけ装備しておく、武器と盾になります。
最初Goldルニックでやっていたのですが、回復6を引くケースが多く、それだと練成強度が足りないことから、Bronzeルニックのパワフル+シングルワード開運で偶発引きを狙いました。
Bronzeルニックが150ch程度で出てくれたので、まぁ上出来といったところです。
残りプロパを練成して、匠の地金でGold強化を施しました。

なお、見た目とプロパティのイメージから、Stimulation Rodという名前を付けました。

 

・強運の剛力バックラー
こちらも箱の掘り出し専門の盾になります。
(サルベージの時は、別途釣竿を持たねばならないため)

武器と違って、Goldルニックでダブルワード指定で辛抱強く引くのを粘った感じになります。
180chほど使ったところで何とか出現してくれました。

盾は他の部位に比べて、練成できる内容に乏しい+練成強度も低いため、改良で頑張らねばならない領域がかなり多いのですよねぇ…
成功率の関係で、匠の地金を使いGold強化を施しています。

 


以上が各装備の解説になります。
相変わらず長いなぁ…と思いつつ、書かないと何が何だかわからなくなりますし><

で、トータル性能は以下のような感じになっています。
(今回は武器盾を装備している状態での撮影です)

抵抗値はプロテク込み、エルフで全抵抗最大の70/70/70/70/75(盾ぬきで実抵抗70/71/71/71/75)となっています。
かなりギリギリでしたが、何とかなりました!
マナ回復こそ4点しかありませんが、HP+25/HP回復17も搭載しています。
これはトレハンでの役割が、罠解除と箱の掘り出しが専門であり、ソロで敵を討伐することは想定していないからです。

今回の主プロパティである幸運は、武器盾込みで2,170まで稼ぐことが出来ました!

鍵開け時は、武器盾および手袋は外しての作業になりますが、それを忘れてうっかり作業しないことだけが気がかりです。
(絶対装備のつけはずし忘れて作業しそうで…)

 

とりあえずこれで、PUB105の準備は終わりました!
現在リリース2がTC1に来ていますが、果たして出雲への実装はいつになるか…

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:出雲♀トレハンマスコット用、幸運ハイレグスーツの作成。” への1件の返信

  1. ピンバック: (UOイラスト)幸運超ハイレグスーツ! – 『イナムラ総研(仮)の開発レポート的な何か。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)