きまぐれUO日記:第1回 出雲EX槍試合に参加してきました!

どうもダイです。

体調不良がイマイチ回復せず、毎日毎日何とも言えない日々を過ごしております…
ほんとに原因なんなのだろうなぁ?

さて、題記の通りですが、05/25の21:45より、出雲シャードのニューヘイブンアリーナにて、第1回、出雲EX(エクストリーム)槍試合が開催されました。
その大会に今回出場(兼スポンサーとして参加)してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

画像が多いので、折り返しておきますねー

 

 

 

さて折り返しです。

試合のルールなどについては、先日投稿したデモンストレーション時に抜粋して記載してありますので、そちらを参照してください。

参考リンク:きまぐれUO日記:第1回出雲EX槍試合およびデモンストレーション開催のお知らせ
https://inamura-g-labo.sakura.ne.jp/blog_de/3051/

今回の衣装ですが、北斗EX側に近い装備にしつつも、スキル構成が違うため、各部のプロパが結構違います。
・ファストキャスト3/キャストリカバリ6
・一応命中45回避70
・表:破片残留ランス
・裏:毒ネオンランス
・騎乗生物がWindRunner

という感じです。

参考画像をペタリ。

今回の参加者ですが、地道なロビー活動が功を奏したのか、お一方が急用の為参加できなくなった以外は、8名の方に参加いただけました!
本当にありがとうございますー

参加者一覧+審判(主催者)の方のPDをペタペタ…

今回は8名という事で、通常のトーナメント方式+優勝者以外の全員でエキシビジョンという構成になりました。
上手いこと活躍できればいいなぁ…

 


 

肝心の試合内容ですが、とりあえず撮影できたものを合間に挟めつつ、試合記録を書いていこうと思います。
(左右の表記は実戦とはずれている可能性がありますので、そこはご容赦ください)

 

[1回戦第1試合]
1×自分 VS 人斬りロボ弐号機〇3

初戦の相手なのですが、見た目に大分惑わされました…
さすがベースが人斬りでした。対人の動きに熟知しておられたために終始翻弄されまくり、1-2と切羽詰まったところで”仕事モード”に切り替えてみましたが、しっかり回復も間に合っていて万事休す。
全く良いところがなく1回戦負けになってしまいました><

 

[1回戦第2試合]
3〇LOVE骨騎士 VS ベスパー副首長×2

これはほぼ互角のいい勝負になるのでは…と予想していたのですが、いきなりベスパー副首長が2本立て続けに取り、大波乱の予感となります。
しかしそこからLOVE骨騎士様の粘り腰を見せ、2-2までもつれ込みます。
最後は骨騎士様の逆転勝利となりました!
これは熱い展開でした。

「ベスパー壱の市は第1土曜日開催です!」

 

 

[1回戦第3試合]
3〇倭国の黒騎士 VS LOVEランス姫×2

速攻戦術で、黒騎士様が1本取るも、その後すかさず相打ち→反撃により、2-2までもつれ込む、これまた接戦でした。
最後はランス姫の追撃を振り切り、槍試合巧者の黒騎士様が3本目を取得、勝利となりました。

この後、ランス姫様は睡魔に襲われてしまったため、エキシビジョンには参加できず…
無念。

 

[1回戦第4試合]
3〇ヤンデレラマ騎士 VS うちの相方×1

今回は相方の装備に対して、そのほとんどを無力化する構成になっていた、ヤンデレラマ騎士様が周囲の予想に反して猛攻を仕掛けます。
途中でなんとか1本相方が取り返したものの、最終的には肝心の必殺技が発動させられず、マナ切れに苦しんでいるところをしっかり討ち取られました。

…しかし、1回戦が終わって、北斗EX出場組のうち、生き残りは一人という大波乱となりました。
(負けたうちらが問題なのですが…)

 

ここから2回戦。

 

[2回戦第1試合]
1×LOVE骨騎士 VS 人斬りロボ弐号機〇3

2回戦になっても、人斬りロボの動きは冴えわたっていました。
要所要所でタイミングを外され、その隙に追撃するという実に巧みな戦法により、骨騎士様は1本取り返すのがギリギリという状態でした。

 

 

[2回戦第2試合]
3〇ヤンデレラマ騎士 VS 倭国の黒騎士×1

こちらも実は対人巧者のラマ騎士様。巧みなラマ捌きで、黒騎士様を中々寄せ付けません。
2-1となったところで、黒騎士様の逆転劇に期待もしましたが、そこはしっかり3本目をラマ騎士様が持って行き、決勝進出となりました。
うーん、かなり意外な展開だ…

 

 

ここからは3位決定戦と決勝戦です。

 

[3位決定戦]
2×LOVE骨騎士 VS 倭国の黒騎士〇3

骨騎士様→相打ち→黒騎士様と目まぐるしく攻防が入れ替わる展開となり、トータル2-2で両者俵に足がかかります。
しかし最後はベテランの意地を見せ、黒騎士様が執念の3本目を奪取、見事3位となりました!

 

[決勝戦]
1×ヤンデレラマ騎士 VS 人斬りロボ弐号機〇3

地味にスカラ市民同士の対決になった決勝戦。あの人斬りロボ、スカラだったのか…
お互いに動きが非常に噛み合っており、息詰まる攻防になりましたが、初手はラマ騎士様がGet。
しかし相手の動きを解析し終わったのか、ここから人斬りロボが怒涛の反撃を開始。
3本連続で取り返して、一気に優勝をもぎ取っていきました。

つよかったー!

 

 

さて、順位が決まったところで、エクストリーム名物、エキシビジョンマッチに移行します。

 

[エキシビジョン予選]
生き残り:自分(サドンデス含む)

今回のエキシビジョン予選は、優勝者以外の全員(6名)が参加する大乱戦という形式になりました。
※お一人活動時間の限界という事で途中離脱のため、7名ではなく6名です。

練習試合は、出雲で初開催ということもあり、2回行うことになりました。
かなり各々の思惑が交錯する感じとなり、ライフが一桁で死にかけたり、漁夫の利を得たりする光景が繰り広げられました。

そして予選本番。

最後はベスパー副首長と一騎打ちになるというトンデモ展開になりました!
しかも勝てると踏んで突撃したら見事に返り討ちに遭い、その直後に落とし返してサドンデスにもつれ込むという「1秒以内の行動は”同時”とみなす」ルールに救われる形となりました。

サドンデスでは無事勝利をおさめ、エキシビジョン決勝進出となりました。

よかった…
これで一矢報いることができる!

 

 

[エキシビジョン決勝]
2×人斬りロボ弐号機 VS 自分〇3

エキシビジョン決勝は、1回戦第1試合のリベンジマッチという形になりました。
今回はうまいこと星の取り合いに持ち込むことが出来まして、2-1とやや有利な形で試合を進めることが出来ました。
そして最後は相打ちにより、ギリギリ逃げ切ることに成功!

そういえば、エキシビジョンマッチだけは妙に勝率が良いなぁ…と思い、過去の出場記録を掘り返してみたのですが、なんと、第5回北斗EX槍試合から数えて、連続5回(北斗5-6-7-8-出雲1)エキシビジョンに出場(優勝側含む)+勝利していることが判明しました(汗
どういう運の構造をしているのか…

 

そして、最終的な表彰者は以下の通りです。
今回は4位まで表彰がありました。

第4位 :LOVE骨騎士
第3位 :倭国の黒騎士
第2位 :ヤンデレラマ騎士
優勝 :人斬りロボ弐号機

エキシビジョン勝者:自分

観客席は非常にゆるーい雰囲気で、ダジャレの応酬となっていましたが、今回は色々と波乱アリ、接戦アリと、熱い展開になったかと思います。

主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦に来てくださったすべての皆様、本当にお疲れ様でした!

 


 

出雲での初開催となった、今回のEX槍試合。
協賛側として、何とか無事に終えることが出来て、かなりホッとしています。
(人がどれだけ来るか、本当に気が気でならなかった…)

本大会の次回開催こそ未定ですが、7月中旬ごろには、出雲ニューマジンシア主催の馬上槍試合(スタンダードなジョスト形式)が開催されるというアナウンスがありましたので、そちらにも大いに期待しています!
同時に、主に出雲シャード外の方で、出雲内に拠点のない方をメインターゲットとした施設「出雲羊荘」の宣伝もありました。
馬上槍試合のベースキャンプなどに如何でしょうかー?
(詳しくは「出雲ニューマジンシア通信」様の記事をご確認ください)

また、北斗シャードの方でも、6月中旬に第9回 北斗EX槍試合が開催される予定となっています。
お時間がありましたら、ぜひご参加、及び観戦をお待ちしております!

そして、現在北斗では毎月第2、第4、第5木曜日、22時からニューヘイブンアリーナにて「槍試合カフェ」が開かれています。
様々なルールのテストや、EX槍試合の練習なども気楽にできるようになっていますので、腕に覚えのある方、これから参加してみたいという方は、是非是非お越しくださいませー!

 

しかし、やっぱり運と言うか、流れに乗れるかどうかってのは凄く重要だなーと改めて感じました。
数値だけではなく、そこから先の何者かに愛されないと優勝は難しいなぁ…

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:第1回 出雲EX槍試合に参加してきました!” への2件の返信

  1. 試作E型試作E型

    記事作成お疲れ様ですー

    今回はまったくいいとこなしでした(汗
    まぁ、最大のお仕事である、「EX槍試合の出雲開催」にこぎつけたので、それで良しではありますが!

    各人に手前でうちの装備構成が伝わっていた関係もあって、色々対策されてしまいましたが…
    それは対応するだけの余裕があった、と見るべきところですかねー
    (これで反射型が優位だったら、それはそれで興ざめなので)

    なにはともあれ、お疲れ様でしたー!

    返信
  2. ピンバック: 気まぐれUO日記+イラスト:EX槍試合向け反射装備ネタバレなど – 『イナムラ総研(仮)の開発レポート的な何か。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 13 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)