きまぐれUO日記:出雲馬上槍試合 「Lanze de Angriff ! ~Joust 2019~」に参加してきました!

どうもダイです。
今年は冷夏なのか、7月も中旬なのにエアコンを入れない日が続いています…
5月が暑すぎたんだよなぁ><

さて、題記の通りですが、昨晩07/14の22:00より、出雲シャードのトラメルはニューマジンシア大花壇前にて、馬上槍試合 「Lanze de Angriff ! ~Joust 2019~」が開催されました。
その大会に今回出場してきましたので、内容を見やすくまとめてみたいと思います。
…相変わらずですが、長くなりますのでご容赦くださいませ。

では折り返し!

 

 

 

 

 

さて本編です。

このくだりは去年も書きましたが、出雲馬上槍試合は、他シャードと比較すると、大変ロールプレイ要素が強いイベントになっております。
騎士同士の掛け合いなどが見ごたえタップリなのが特徴ですね。

今回はルールとしては、以下の点が大きな特徴になっています。

  • 個人戦による1対1のトーナメント方式、
    (敗者復活戦だけ乱戦形式)
  • 盾マスタリーのHighten Sense禁止
  • 相打ちは双方1ポイント付与
  • 2回戦までは、7合打ち合って決着がつかない場合、その時点で得点の高い方が勝利

原則は2018年のルールと同じとなっています。
この、「予選7合制限」が、かなり緊迫感のある展開を演出してくれるので、序盤でも見ごたえが大変あります。
実力者がこれによりまさかの敗退、なんてことも…

それでも、出雲は原則年に1度の大きなイベントとして開催するので、中々気軽に…とは行きませんが、逆に考えると準備に十分な時間が割ける、というのもありますので、是非主催者様の作成した動画やこのイベントレポートなどを見て、参加したいなと思いましたら、ぜひご検討くださいませ。
エンドレスジャーニーでも問題なく参加できますので、大歓迎です!
(ルールの都合上、ガーゴイルでの参加が無理なのが惜しまれます…)

 

※ルール詳細や、結果速報、参加選手一覧などは主催者様のBlogである「出雲ニューマジンシア通信」様を参照してください。
 参考リンク:出雲ニューマジンシア通信 様の結果速報記事(ルールや選手一覧もあります)

 

さて、今回の衣装になります。


今回の槍試合から、北斗や倭国で参加していた、うちの出雲騎士の姪キャラにバトンタッチしました。
こちらのほうが装備の自由度があるため、造りこみ甲斐がある、というのもあります。
(1st騎士のほうはもともとメイサーなので、槍試合にはやや不向き、というのもありました)

今回は、頭をドラゴンヘルムで、先代のキャラと揃えつつ、女性らしい見た目を追いかけてみました。
色合いはパーソナルカラーの赤黒をベースにしています。

(某酒場でお披露目したときは、「悪の幹部みたい」との評でした。確かに!)

 

さて、今回の参加者ですが、出雲の大会は事前エントリー方式であるがゆえ、10名の参加ということが判明しています。
というわけで、現地に集まった10名の集合PDをペタリ。


(今回主催者様と審判の方のPDを撮り損ねてしまいました…><)
※選手のPDは左上から名前アルファベット昇順となっています

今回も出場選手の男女比は1:1になっていました。ピタリそろっていると何だかいい感じです。

 

 

肝心の試合内容ですが、大体スクリーンショットが撮影できたので、それらを交えつつ、各試合の結果を記載してみようと思います。
※うまく名前が表現できてないかもしれませんが、その点はご容赦ください。
※2回戦以降は赤陣青陣は好みなので、実際の画像とレポートの表記がずれているかもしれません。

 

[1回戦第1試合]

2〇うちの相方 VS スカラブレイからの刺客×0

相方のキャラも、うちと同じく多シャードでの槍試合キャラに統一しての参加です。
対するは前トリンシック首長をxxする任務を受けているスカラからの刺客。
今回はターゲットが失踪しているため、「誰でもターゲットに見えるポーション」を使ってモチベーションを回復させます。

しかし、やはり本人ではないのが厳しかったのか、2-0のストレートで決着となりました。
(なんだか周囲にもポーションの効果は伝搬していたような気がする…)

 

[1回戦第2試合]

0×自分 VS 倭国の黒騎士〇2

他シャードでの槍試合では本当によく当たるカードになってしまった、自分の1回戦。
いきなり暗雲が立ち込めます。

余計なことをするか、しないかで迷いつつ、「余計なことをせずに試合に集中」することにしたのが裏目に出たのか、4-6合目で2本とられてジエンド。
うーん、やはりお強い…

勝者にエールを送りつつ、これ以降は試合観戦+スクリーンショット撮影に専念することになりました。

 

[1回戦第3試合]

1〇べスパー副首長 VS 人斬りロボ二号機×0

(予選7合の規定により決着)

毎回壱の市の宣伝に余念のない副首長、今回は槍の銘を宣伝文にするという技を駆使していました。
対するは先に行われた出雲EX槍試合の優勝者である人斬りロボ弐号機。

これはどう考えても…という結末を予想していたのですが、試合はとんでもない方向へ!

  • 不正落ちしていたのにブロックには成功している
  • 壱の市直後で疲れているのに、ものすごく回避する
  • 相手が本気を出した瞬間、カウンターで叩き落す

などなど、いきなり伝説級の仕事を次々とやってのけて、副首長が7合を1本差で逃げ切り勝利しました!
これは予想できなかった…

 

[1回戦第4試合]

2〇北斗からの使者 VS デルシア産骨騎士×0

どちらも初出場+どちらもセット防具という、大変珍しい組み合わせになったこの試合。
最初は操作が微妙に食い違ったりして、交差タイミングではないときに双方落馬などのハプニングがありましたが、結果を見れば2-0で北斗からの使者殿が2回戦進出を決めていました。

…これ、出雲の試合だと1回戦負けグループでエキシビジョン乱戦とかやらないと、アピール時間が少なくなってしまうと思うのです。
(結構切実)

 

 

さて、続いて2回戦。
ここから昨年の上位成績のシード選手が登場します。

[2回戦第1試合]

2〇元トリンシック警備隊(門番) VS うちの相方×1

前トリンシック首長失踪に伴い、職を失い闇堕ちしてしまった元警備隊の方。
前大会優勝者なのに…

怒りと悲しみの矛先を何とかそらそうと相方も懸命に試合運びを行います。
最初は相方が優位に試合を運ぶも、6合目-7合目と連続で取り返されて大逆転の試合となりました!
闇堕ちしても強さは衰えず。

 

[2回戦第2試合]

1×ブリティンの女騎士 VS 倭国の黒騎士〇2

(サドンデスにより決着)

正統派騎士同士の対決になりました、2回戦第2試合。
七徳まで修めているブリティンの騎士様に対して、しっかり八徳全てを修めていた倭国の黒騎士様。

お互いに譲らない展開を見せ、1-1の状態でサドンデスに突入。
サドンデス3合目(トータル10合)で、黒騎士様が執念の1本をもぎ取り、準決勝へ駒を進めました。

 

[2回戦第3試合]

2〇べスパー副首長 VS 北斗からの使者×1

試合開始前に、「会場のハンバーガーに毒を盛った」発言で周囲をどよめかせたべスパー副首長。
いきなり1本取られて、さすがに強運は続かないか…?と思われたのですが、そこから謎の反撃モードに。
2合目で即座に追いつき、5合目で大逆転を果たしてしまいました!

今日は何かが起こりそうだ…

 

さて、2回戦も終わり、次は準決勝枠で1つ空いている部分を、2回戦落ちの3名で争う敗者復活乱戦です。

[敗者復活戦(乱戦)]

勝ち残り:ブリティンの女騎士

昨年の大会でも、ここで真価を発揮したブリティン騎士様。
今年も見事に勝ち残り、準決勝ラスト1枠に滑り込みました。
(試合中のスクリーンショットを取り忘れていました…><)

 

 

そして、ここから準決勝。
準決勝からは7合制限がなくなり、決着がつくまで何合でも打ちあえるようになっています。

[準決勝第1試合]

2〇ブリティンの女騎士 VS 元トリンシック警備隊(門番)×0

11合目まではお互いに触らせない攻防が続き、息をのむ展開に。
(試合展開を審判も含めて間違えていたり、誤操作がポツポツ出ていたりと、緊張+時間進行がのしかかってくるタイミングになってきました)
12合目でブリティン騎士様が1本もぎ取り、15合目でその有利のまま2本目を奪取して決勝へ駒を進めました!

 

[準決勝第2試合]

0×倭国の黒騎士 VS べスパー副首長〇2

2合目で早々に1本確保したべスパー副首長、やはり今日は何かがついている…
その後はしばらく互角の戦いが続きますが、「早く終わってほしいときには終わらない」の発言が出た6合目でさらに1本重ねて決勝進出となりました!

試合巧者の黒騎士様相手に完封勝利とは、恐ろしい…

 

 

ここで一旦ベストパフォーマー賞の投票と休憩を挟みつつ、3位決定戦、決勝となりました。

[3位決定戦]

1×元トリンシック警備隊(門番) VS 倭国の黒騎士〇2

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態のもと門番氏に対して、なんとか改心させようと説得を試みる黒騎士様。
トリンシックの光と闇の側面が出ている、対照的な組み合わせになりました。

初手で黒騎士様を叩き落し、勢いに乗りかけていた元門番氏を、即座に取り返して流れを押し戻す黒騎士様。
その後はしばらく膠着状態が続くも、6合目で気合の一撃で逆転劇を演出した黒騎士様!

元門番氏が改心するかどうかは、うちの元トリンシック首長が帰ってくるかどうかにかかっている…(汗

 

[決勝戦]

0×ブリティンの女騎士 VS べスパー副首長〇2

試合開始前から、よもやの壱の市宣伝合戦になった異色の決勝戦。
…ここまで来たら伝説の目撃者になりたいという、別な期待感で会場がにわかに緊迫します。

静かな立ち上がりの1-2合目でしたが、3合目でべスパー副首長がゆるーい感じで1本奪取!
これには会場のボルテージもヒートアップせざるを得ません…!
(本人曰く、練習試合・本番を含めてこれが初成功、とのこと)

その後はどちらも触らせない展開が続きます。
…が、8合目でついに副首長が2本目を確保!
お見事…!

大変なミラクルを見せつけられながら、会場は双方の健闘をたたえて拍手喝采となりました!

 

 

さて、試合も決着がついたところで、ベストパフォーマー賞の発表から、表彰がスタートしました。
(この時点で00:35です、やはり長丁場でした)

ベストパフォーマーは、10票獲得して、ブリティンの女騎士様が受賞となりました!

立ち振る舞いが大変美しく、見ているものを等しく魅了させていたので、誰しもが納得のいく結果ではなかったかと思います。
惜しくも優勝こそ逃しましたが、戦績も華があり、自分としてもいいなぁと思った次第です。

また、投票して下さった方のうち、記名投票をしてくださった方に、抽選で賞品が授与されていました。
(こちらはユー首長からの寄贈品とのこと、寄贈ありがとうございました!)

そして、最終的な表彰者は以下の通りです。

第3位 :倭国の黒騎士

準優勝:ブリティンの女騎士

優勝 :べスパー副首長

ベストパフォーマー賞:ブリティンの女騎士

受賞された方々、本当におめでとうございます!
(やっぱり自分も壇上に登りたかった…TT)

 

 

今大会はすべてのプログラムが終了した段階で0:55と、まずまずの時間に収まったと思います。
ロールプレイ重視である分だけ、展開がゆっくりになりがちというのは避けられぬ宿命なので、このぐらいならば十分許容範囲だと思っています。

主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦に来てくださったすべての皆様、長丁場本当にお疲れ様でした!

 


 

 

今回は(今回も)残念ながら1回戦負けという、ふがいない結果になってしまいましたが、その分とんでもないミラクルを見ることができたので、別な意味で大満足の一夜でした。
結局べスパー副首長は、全試合トータルで被弾1回だけという、驚異の成績でした。
(やはりこういう競技では、確率論以上の何者か:この場合はUO乱数 に愛されていないとなしえない道のりだなぁと改めて痛感します)

全体的に大番狂わせ的な展開が多く、見ている側は良い意味で予想を裏切られるスリリングな展開になったのではないかと思っています。

やっぱりもうちょっと頑張りたいな…うん。

 

 

ここからはちょっと宣伝です。

本大会の主催者である、出雲ニューマジンシア首長のほうで、本大会の動画を撮影しているとの事です。
1か月程度をめどに動画を完成させると意気込んでおられますので、是非動画の方が完成したら、視聴してみたいと思います。

本大会の結果などについては、「出雲ニューマジンシア通信」で検索を!
一応トップへリンクも張っておきます。

参考リンク:出雲ニューマジンシア通信 トップページ

 

また、7/20(土)22:15~(選手登録は21:45~22:15)北斗シャードはトリンシックマーケットプレイスにて、第14回北斗クラシックスタイル(CS)槍試合大会が開催されます。

お時間がありましたら、ぜひ観戦にいらしてくださいね!
自分と相方も選手として参加予定です。
(選手のほうも絶賛募集中ですので、お気軽にどうぞ!)

 

 

ふー
次の大会ではいい成績を残したいな…
(その前にやることがたくさんあるので、てんてこまいになりそうですが;)

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + eight =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)