きまぐれUO日記:PUB105向け特殊強化ペット(スキル不要強化Vollem)の育成。

 

どうもダイです。
連続投稿になります。

PUB105でトレジャーハントにテコ入れが入りましたが、それ用に現在使っている、スキル値不要の強化Vollemが微妙に使いづらかったため、それの最適化を兼ねて、特殊なペット強化にまつわるお話などをまとめてみようと思います。

 


 

Vollemの入手先など

  • UOSAパッケージの特典アイテム(当時1パッケージにつき1個、封印の水晶がついていた)
  • クリンナップブリタニアの報酬(500,000ポイント)

どちらも出てくるVollemの性能は全く同じです。

アイテム画像をペタリ。

 

 

スキル値不要強化Vollemへの注意点など

  • 基本スロット3→5
  • 基本テイム値-18.9(表記は0.0)
  • 1回の強化訓練につき、テイム値は2.4上昇する(表記は小数点以下切り上げだが、内部データは小数点以下をそのまま保持している)
  • 要求テイム値が表記30.0までなら、コントロール値は0を維持する
    また、各スロットでの”最初の1回”の強化訓練には、回数を8回分として計上する
  • →強化訓練回数は、合計12回(2スロット分強化するなら、合計4回)まで

初期状態のVollemの性能は以下の通りです。

形容するなら「乗れないけどコントロール値0のナイトメア」だと思ってもらえれば解かりやすいです。
そのままの性能でも、釣りや採掘の護衛あたりには十分活躍してくれます。

また、こいつは魔法系生物なので、せっかくなのでトクノ諸島で召喚させておきます。
(一応武士道と忍術を選択可能なようにしておくためだが、今回は取得させる予定がないため別段意味はない)

 

 

上記の内容をいろいろと踏まえつつ、とりあえず育成開始です。

 


 

 

訓練前の下準備

  • 適当なスパーリング相手で、DEX/INTを125まで伸ばしておく
  • 訓練開始ボタンを押下できるようにするため、およびテイム値30.0まで訓練するために、動物学と調教を+15ずつしたアクセサリ(リング/ブレスレット合計で+30ずつ)を装備する

アクセサリは、強化訓練終了後は外してしまって構わないので、一時的なブーストです。

また、ステータスはポイントもさることながら、スタミナ120以上にしておかないと、訓練時に大変まどろっこしい思いをするので、今のうちに上げておきましょう。

 

3→4スロット

  • 相方のバードメイジと、ダンジョンシェイムのUnbound Energy VortexとCrazedでスパーリング

(Vollemは物理以外の抵抗値が低いので、これらのモンスターで訓練する場合、鎮静マスタりー、不調和などが必須)
(ソロの場合は、ダンジョンロングのCave Trollあたりが妥当)

バーストタイムを有効利用して、15分程度で完了。

 

強化訓練内容

  • Armor Ignore
  • 格闘110
  • 物理抵抗80
  • 炎抵抗80
  • 冷気抵抗65
  • 毒抵抗65
  • エネルギー抵抗70
  • DEX150
  • スタミナ150
  • INT700
  • HP回復20
  • マナ回復11

以上

(余った1ポイントは破棄)

 

 


 

 

強化完了直後のステータスは以下の通りです。

 

抵抗値の計算をちょっとミスして、トータル360点(本来の上限はトータル365点)で配分してしまいましたが、今回のケースだと365点全部振るとマナ回復の帳尻が合わせづらくなるため、これで結果オーライということにしました。
(総訓練回数12回の厳しい制限があるため、同一項目の微調整はやってはいけない)

なお、これまで使用していた強化Vollemは、冷気抵抗を初期値のまま、DPSを18-25に上昇させているスタイルだったのですが、トレハンに関しては以下の問題を抱えていました。

  • 基礎DPSが16-22もあるため、攻撃力寄与が12%程度しかない
    (ここから魔法/ブレス使用で寄与率はさらに減少)
  • 冷気抵抗が抜けているため、トレハンガーディアンのネクロ勢のウィザーが大変痛い
  • 同じ理由で、コールドドレイク/フロストドラゴン相手ではあっさり死んでしまう

 

今回の強化訓練の内容は、それらの弱点を補強する形になっています。

実マナ回復はスキルが育ち切ると最終的に42.20まで伸びるため、このアビリティ構成ならば、マナ125でも十分やっていけるはずです。
格闘は115を読ませようか迷いましたが、ポイント50点のしわ寄せがマナ回復に出るため、110のほうがバランスが良いという結論になりました。

 

 

とりあえず絶賛スキル育成中なので、実践投入は数日後になると思います。
かなり特殊な例ですが、強化ペットのサンプルとして参考になれば幸いです。

※あくまでサンプルですので、個体値によって最終ステータスなどは異なってきます。
必ずTC1でテストを行ってから、実際のシャードで強化訓練をするようにしてください。

 

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:PUB105向け特殊強化ペット(スキル不要強化Vollem)の育成。” への12件の返信

  1. アバターRoger

    はじめまして。いつも拝見しております。

    Vollemに育成については、鍛冶屋ながら試行錯誤していましたが、こちらはわからりやすく大変参考になりました。
    実戦投入すべく、私も現在育成中です!

    返信
    1. 試作D型試作D型 投稿作成者

      >Roger様
      コメントありがとうございます!

      この手の特殊強化ペットはなかなか情報がないというのもあり、今回試験的に記事にしてみました。
      参考にしていただけたのであれば何よりですー

      返信
      1. アバターRoger

        ご返信ありがとうございます!

        質問なのですが、Vollemは魔法やEIなど、魔法を使わせるだけのスキルがあると思うのですが、今回格闘PS110を入れたのはトレハン仕様ということでしょうか?魔法PS110でもいいのかなーとも思っているのですが…。

        もう一つは、魔法スキルではヒールやブレス、キュア系を使うと思うのですが、魔法マスタリーを覚えさせるとヒール系は使わないような気がします(体感でしかないですが…)。

        お時間のある時にお教えください!

        返信
        1. 試作D型試作D型 投稿作成者

          格闘PSCに関しては、今回のケースでは何点か理由がありまして、
          ・ペットは「命中+/回避+/回避低下」などのプロパティを所有していない
           →攻撃命中率/回避率はほぼ純粋にペット自身の格闘スキル値に依存する
          ・盾スキルの使用条件が、「格闘スキルが100以上を維持していること」
           →格闘100の場合、1回ペットが死ぬと、復活時に格闘が100を切ってしまい、盾スキルが機能しなくなる
          ・総訓練回数が12回しか許容されないため、あれこれ五目に訓練させられない
           →読ませられるPSCが実質1種類しか自分の構成では余裕がない上、ポイント的に120を読ませるのも無理だった
          ・魔法110の恩恵が、事実上GHの回復量とキュアの成功率ぐらいしかない
          ・EIの場合は攻撃魔法のダメージは上がるが、取得ポイントが格闘と同じだけかかる

          上記の理由から、自分としては魔法110やEI110より、格闘110のほうが恩恵が大変大きいと判断しています。

          魔法マスタリーに関しては、ヒールおよびキュア系は、「自身のライフがピンチになったときだけ」限定的に使用する感じです。
          その代わりほぼすべての魔法が「攻撃系」に集約されます。

          また、魔法マスタリーは
          「相手の弱点属性に合わせて攻撃魔法を切り替えて使う」
          「マインドブラストを使用するようになる」
          「時折デスレイを撃つ」
          「敵の目の前にテレポートで移動して攻撃を試みる」
          など、大元の魔法スキルとはかなり異なる挙動をするため、使い勝手が大きく変わってしまいます。
          (大元の魔法スキルと比べるとダメージは取れるようになるが、安定性に著しく欠ける印象)

          一概にどちらが良いとは言えませんが、安定性を考慮するなら、魔法スキルは魔法マスタリーに切り替えないほうが良いとは思います。

          参考までに。

          返信
          1. アバターRoger

            詳細なご回答ありがとうございます。

            格闘PSと魔法(EI)PSの違いはそれだけ沢山の理由があったんですね!

            私もTCで格闘PS120の構成を組んでみましたが、PS120を入れるとイグノアが入らない、イグノアを入れるとPS120が入らない…という状態に陥ってしまいました。PS115でも同じなので、やはりPS110が最適解でした。
            死亡時に盾スキルが低減する件も、まさにおっしゃる通りです。

            魔法マスタリーの挙動不審さはなんとなく感じていたのですが、そういうことだったのですね。
            Vollemは選択出来る特別能力がないので、Dragon Breathが固定になってしまうところが難点のような…魔法のまま運用したいと思います。
            私のようにスロット4の要スキル30.0で運用したい者にとっては、本当に参考になる構成です。導入させていただきます!

  2. アバターRoger

    こんにちは!

    ダイさんのスキル構成でVollem育成してみました。
    魔法と探知以外は上限に達しまして、ダスタのGドラにぶつけましたが、2匹のGドラに殴られながらも、1匹を無事撃破出来ました!
    また、シェイムの毒エレにL5毒を入れられましたが、ArchCureで無事解毒していました。

    ところで質問があります。
    記事の中で、

    >実マナ回復はスキルが育ち切ると最終的に42.20まで伸びるため、このアビリティ構成ならば、マナ125でも十分やっていけるはずです。

    …とあるのですが、育ち切るスキルは具体的にどのスキルなんでしょうか?魔法と探知以外は全て育ちきっています。
     お教えいただけると幸いです。

    返信
    1. 試作D型試作D型 投稿作成者

      無事強化と育成まで行けたのですね!
      おめでとうございますー

      ペットのスキル値の上昇があるものは、今回のVollemでは、探知以外のすべてのスキルは100まで、PSCを読ませている場合はそのスキル値まで上昇します。
      (探知スキルは上昇させる手段が実質ないのですが、運用上は全く問題ありません)

      魔法スキルの上昇がかなり遅いので、ある程度上昇したら、実戦に連れて行ってその中で上昇を待ったほうが精神的に楽だと思います。

      参考までに。

      返信
      1. アバターRoger

        ありがとうございます!

        私の質問の仕方が悪かったのですが、探知と魔法以外は全て上限(100.0)に達しています。格闘はPS110入れたので110.0になっていまして、魔法は現在85.8です。
         
         お伺いしたかったのは、スキル訓練ではマナ回復は11にしましたが、ブログ文面で実マナ回復が42.20まで伸びると書いてあったので、どのタイミングでそうなるのかな、と思った次第です!

        返信
        1. 試作D型試作D型 投稿作成者

          なるほど、実マナ回復のお話でしたかー

          実マナ回復の計算はやや複雑なのですが、スキルが育ち切った状態の今回の強化Vollemだと、
          「INT700/集中100/瞑想100/マナ回復プロパ11」
          の状態における、実際に10秒間に回復するマナが約42.20ある、ということです。

          これは計算しないと出ない数値(クライアントには少なくとも実マナ回復の表記はないです)なのでわかりにくいのですが、
          スキル値(瞑想と集中)が100まで育っていて、強化の時にINT700/マナ回復11にしていれば、すでに実マナ回復はその数値になっています。

          こんなところかな…?

          返信
          1. アバターRoger

            ご回答ありがとうございます!

            私のVollemは何故かINTが666で打ち止めになってしまいました。その他の数値はダイさんのものと全く同じなのですが。
            思い当たる点としては、訓練途中で余計なボタンを触ってしまって計算式?が妙なことになって、それ以来おかしくなりました。

            なるほど…そういうことでしたか。10秒間でマナが42.20回復ということは、1秒で4.220回復するってことですね~おそろしい回復力です(笑)

            ダイさんにウチのVollemの画像を見てもらいたかったのですが、ここは画像を送れないので残念です!

          2. 試作D型試作D型 投稿作成者

            あぁ、Vollemの個体値は、抵抗値が思ったよりブレるため、同じ強化内容にしても最終的なステータスが微妙に異なります。
            (今回の例では、STRとHPは強化項目として選択していないので、初期個体値そのままのブレ幅となっているはずです)

            INTが666ということは、うちのINT700とくらべて、INT34、ポイントに直すと17ポイント違うことになります。
            それ以外が同じということは、おそらく初期抵抗値がトータルでうちの個体と比べて5ないし6点分少なかったのだと思います。
            (抵抗値は1点当たり3ポイント消費)
            今回のように訓練内容がギリギリになるようなケースでは、結果が違っても微調整ができないため、ベテランでも神経を使います…

            ちなみに、INT666ですと、同一構成では10秒実マナ回復は約41.26点になります。
            INT700と比べるとちょっとだけ少なくなっていますが、それでも十分すぎる回復力なので問題はないです^^

  3. アバターRoger

    こんばんは。
    なるほど…INTに全振りしても違いがあったのはそういうことだったんですね~
    確かに微調整がきかないシビアさは感じていました。4→5の時にやり直したらいいや、ってのができませんからね。

    先程SAの達成沸きに連れて行ってみましたが、2沸きの赤閣下、pit fiendも楽勝で、ボスの devourer of soulsも、適宜ヒールをかけるだけであっけなく終わりました。
    なんて強いんでしょうね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)