きまぐれUO日記:♀ガーゴイル投擲キャラの構築と、専用衣装の作製。

 

 

どうもダイです。

先月に引き続き、超大型の台風が絶賛接近中ということで、戦々恐々としています。
多分逸れてくれないだろうから、また眠れない夜になるんだろうなぁ…(汗

 

現在は、できる対策を可能な限り施している最中です。

 

さて、それと並行しながらになるのですが、ふっと

「サブアカウント側に遠距離攻撃キャラがいないな…」

と思い、それならせっかくだしガーゴイルで投擲キャラを作ろう!ということになりました。

 

今回はそのキャラクターの構成及び、専用装備のお披露目になります。

 

例によって長いので折り返しますね。

 

 

 

 

さて折り返しです。

まずは装備の見た目の解説をば。
左側が2Dクライアント、右側がSAクライアントでの見た目です。

ガーゴイルはおしゃれの幅が大変少なくて難儀するのですが、それでも見た目がよさそうなパーツの組み合わせを模索してみました。

ストーンアーム/レッグだと防具面積が少なく、鋼製ガーグアーマー/キルトの組み合わせは薄着のように見えるため、一番スマートな感じになると思っています。

ちなみに角は髪型変更トークンで変更+MLヘアダイで無理やり染めています。
(この角+色決めで1週間ほどかかりました…)

色合いは、角色に合わせて最初はユーイッシュバインあたりにしようかと思ったのですが、思ったより合わず、最終的にはハンターグリーンを基調とした、♀弓手の甲虫系アーマーと同じような色合いにすることにしました。

実際の色ですが、ウィング、胴体、キルト、ブレスレット、タロンが贖罪染料のハンターグリーン、ネックレス、腕、脚がクリンナップ染料のマザーオブパール、エプロンが同ブラックグリーン、イヤリングがハオチ染料のケルティックライムとなっています。
それ以外はデフォルトの色です。

 

なお、この子のスキル構成ですが、以下のような構成にしています。

  • 解剖学81
  • 治療100
  • 戦術60
  • 投擲120
  • 騎士道106
  • 霊媒99
  • 耐性120
  • 霊話34

弓手や投擲の場合は、必然的にDEX140以上となるため、包帯スキルを入れつつ、ヴァンプ+レイス+カースウェポンを実用レベルで使用可能にするため、霊話を34(これならホードミニオンも呼べる)にしています。
あとはステータス減少を抑えるための耐性120と、ギリギリまで削り込んだ解剖学/戦術を補強するための騎士道となっています。

これなら蘇生やその他支援行為もそれなりにこなせるキャラクターになっていると思います。

また、常時片手が空いているので、普段はランタン、戦闘時は潜伏薬や各種回復剤を飲むことに割り当てられます。

 

 


 

そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

画像にも書きましたが

  • ピンク枠が装備を決定する上でのキーパーツ
  • 緑枠が過去に作成したこと/使ったことのあるパーツの流用品
    (素体や改良しただけの途中品も含む)
  • オレンジ枠が入手手段や価格などが特別かかった品

になっています。

まずはメイン装備6種から。

 

・豪傑のガーゴイルイヤリング

エプロン部位がOzymandias’ Obiである関係から、各部パーツに軒並みHPを乗せる必要があるため、今回はあえてHP7にSTR(端数調整にも使える)と引くのを根気強く待ってみました。
幸いこれはカッパールニック3本程度で出てくれたので、そこまで苦労はしませんでした。
素材効果が乗ればなぁ…

 

・疾風のガーゴイルストーンアミュレット

今回は1パーツだけ、スタミナの関係上DEX3とスタミナ10を要求したため、ここにしわ寄せを行かせてみました。
ただ、これも案外すぐ(やはりカッパー石工ルニック3本程度)で無事引けたため、手間は少なかったです。
ガーゴイルは、ネックレスとイヤリング部位が素材強化できないため、幸運のペナルティがちょっと厳しいんですよねぇ><

 

・豪傑の鋼製ガーグアーマー

今回最後に作製したパーツになります。
イヤリングと同じくSTR1/HP7にするか、それともSTR5にするか迷いましたが、STR1/HP7のほうにNightSightをつけ忘れるという大失敗をやらかしてしまったため、たくさん在庫のできていたSTR5のものを使うことになりました。
そのうち炎抵抗が一番高く、使い勝手が良い(コープススキン対策)ものを選択しています。
カッパールニックをトータル14本ほど使用して、STR5が4つ、HP7だけが3つ、STR1/HP7が1つという成果でした。
さすがに生強化で壊すと哀しみを背負うため、匠の地金を用いてGold強化を施しています。

 

・悟りの速攻鋼製ガーグキルト(キーパーツ/過去流用品

相方のガーゴイル戦士が以前着用していたものを譲り受けました。
毒抵抗が抜けているのがちょっとマイナスではありますが、それ以外はガーゴイル投擲に不足するプロパを全部見事に補ってくれています。
すでにGold強化+究極強化の成功済みだったというのもポイントです。

 

・悟りの速攻ストーンレッグ

出雲でつい先日、破格で売られていたものを入手しました。
スタミナこそ8ですが、それ以外は満遍なく、十分な強度でプロパティが付与されているのが特徴です。
マナコストはこの2%でギリギリ足りることが判っていたので、丁度良いパーツとなりました。

安かったとはいえ、替えがなく破損させるわけにはいかないため、匠の地金を使ってGold強化を施しています。

 

・ストーンアーム(キーパーツ/特別な品

事実上、このガーゴイル投擲戦士を作ろうと思い立ったパーツになります。
1か月半ほど前に、アトランで145Mで出ていたのですが、当時は「良い品だけどちょっと高いなぁ…」と渋っていたら、いつの間にかベンダーサーチにかからなくなってしまっていて、「売れたのかな…」と若干落胆しておりました。

そしてつい1週間ほど前、今度は45Mで並んでいるのを見つけ、慌てて購入した次第です。
貴重な貴重な3ステータス(うちスタミナ10)系で、能力値+回復付き。
マナコストがないのはフォローできるため、事実上のガーゴイル戦士にとっては最終装備です。

抵抗値を見る限り、多分元はスタッドアームを変成したものだと思うのですが、それはそれでもったいないような…という気がしなくもありません><

しかし、変成したことにより、花崗岩で強化できるようになったため、これ幸いと匠の地金を用いてGold強化を施しました。

 

 

ここからアクセサリとその他装備。

 

・疾風の指輪

弓手投擲系に必要なプロパが全部ついているうえに、なぜか忍術が+5されている非短命品になります。
今回はDEX10/スタミナ5が必要だったため、大変重宝しています。

 

・流血のブレスレット(キーパーツ

必要なプロパティが、スタミナよりもDEXだったため、いつものスタミナ系アクセサリではないほう(速度10ダメ35)の品をベースに、残りプロパティを練成しています。
この手のアクセ、集めておいてよかった…

 

・Jumu’s Sacred Hide(キーパーツ

丁度在庫がなかったのと、アトランで変成された中古品が安く出ていたので調達してきました。
今回は下のプロパティ3つ(CR/ダメ/炎抵抗)が大変有効に機能するため、採用となりました。

 

・Minax’s Sandals(キーパーツ

今回はあえてガーゴイル用の革製タロン版を友人から破格で譲ってもらいました。

ありがとうございますー!

抵抗値が物理とエネルギーが余っていたため、エネルギー-3のこれなら実質ペナルティなしなのが強みです。
あと、サンダルのほうはトクノ染めが効かないのですが、変成及びガーゴイル版はトクノ染めOKなのは嬉しいですね。

 

・Ozymandias’ Obi(キーパーツ

ガーゴイルエプロン版になります。
人間版だと、女性が装備すると見た目が辛いのですが、ガーゴイルはエプロンしか見た目がないのが逆に功を奏して、問題なく組み込める大変貴重なパーツになります。
最終的にはシンクチャとどちらを選択するかは、防具とアクセサリの構成次第ということになりますが、投擲をやるならこちらのほうが都合がよいと思います。

 

・Enchantress’ Cameo(キーパーツ/特別な品

手前のサブアカウント側の近接戦士と共用のカメオになります。
現在悪魔/エレメンタル以外を揃えているので、用途に応じて使い分けということになります。
特に投擲(近接片手もそうですが)は、武器のプロパティがひっ迫しがちなので、何としてもタリスマンで特攻を補いたいところなのです…

 

・盗賊のランタン

これはおしゃれ用です。
なお、ランタンなどの「ブロックできない」左手装備は、投擲武器と併用しても各種ペナルティを受けないことが判りました。
対策なしに盾を持ってしまうと、そこら辺の小動物にすらまともに命中しなくなるという壮大なペナルティがあるため、実験してほっとしております。

 

さらに、今回は武器も特別製なので、こちらで紹介です。

 

・吸血ソウルグレイブ(特別な品/“Soul Combustion”

メイン武器とするべく、あれこれ試行錯誤しているうちに誕生した「スタミナダウン50%/炎70%」というソウルグレイブに、残りプロパティを練成しつつ、まだ場所が残っているTハルドゥーンキャンプにて、Bronze強化を施し、Caddellite属性の炎ネオン武器にしてみました。
鍛冶装備は属性変換40%から、物理属性を0%にできるため、ブラダンなどに持っていく場合は作成が楽なのがうれしいです。

あとはこれに、まだ未作成ですが、LT50を乗せたネオンソウルグレイブ(ブラダン用)と、あとは破滅投擲武器ベースのもの、あとは一部範囲殲滅用のエリア付きサイクロンあたりを作ることになりそうです。

なお、武器のイメージから、“Soul Combustion”という名前をつけてみました。

 

 


 

相変わらず長くなりましたが、各装備の簡単な解説でした。

で、トータル性能は以下のような感じになっています。
(今回は武器を装備している状態での撮影です)

投擲マスタリー3巻コミの性能となっています。
STR152/HP149、DEX155/スタミナ219マナ56と、HPが24点止まりなのがちょっともやもやしますが、この辺が限界でした…
ただし、STRはトリンシックローズを食べれば、DEXはそのままでEI130のカースに耐えられるように設計できました。
マナの低さは、火力面の都合で投擲マスタリーを選択している以上、これはこれでどうしようもありません…

マナコストは50%としました。
これ以上は見た目に影響が出るため、この数値で妥協です。

全体抵抗値は、ヴァンプ込み96/79/82/78/93(抵抗強化を入れて実抵抗75/75/72/75/75)と、まんべんなく高抵抗になりました。
やはりヴァンプ化している以上、炎抵抗はギリギリになりがちです。
(今回はウィングの抵抗値が凄くありがたくなっています)

各種回復プロパは、HP3/スタミナ23/マナ10と、ヴァンプ込みではありますが、まずまずの数値かなーと思います。
欲を言えばもう少しマナ回復を積みたかったなぁ。

幸運は今回は合計310となっています。
まだ幸運肩章を装備していないので、最終幸運は450まで伸びる予定です。

キャストリカバリは最低限の3だけ確保しています。

あと、防具で速度25%、武器ダメ100%、命中50%と稼いでいます。
これは武器に速度30%でちょうど最速振りになるのと、マスタリーを騎士道あたりに変更したときに、マナ+15の恩恵を受けつつ、命中45%を維持するのが目的だったりします。

 

 

 

とりあえずこれで、メイン/サブ共に近接/遠距離職がそろうことになりました。
あとは用途とキャラクターの空き具合に応じて、あらゆる狩場に出没してみたいと思います。

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + thirteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)