きまぐれUO日記:出雲♀テイマー用、いけないエルフサンタコスの作製。

 

どうもダイです。

相変わらず更新するときは間隔がミッチリになっていますが、書くことがある程度たまるまで検証なんかを行っているから何ともしようがないのです…(汗

今回は、ホリデーシーズンにもなってきていますし、PUB107の小物も貯まってきたため、ちょっとおもしろい装備が組めるかなーと思い、アレコレ試行錯誤してみました。

例によって長いので折り返しますね。

 

 

 

 

さて折り返しです。

まずは装備の見た目の解説をば。
左側が2Dクライアント、右側がSAクライアントでの見た目です。

見た目的には、「”わるい子”向けサンタ」という、大変フェティッシュな感じにしてみました。
サンタのパーツ(クランパス関連装備)を使いつつ、最難関である新アイテムの手袋をいかに取り入れるか?という点が難儀しました。
今回はSAクライアントの格好のほうが大変よくできていると思います!
(ダガーベルトのデザインがちょうどマッチしている)

色合いはわるい子向けということで、黒(リフレクトシャドウ)主体です。
クランパス帽子は染めると大変かっこ悪くなるため、色を抜いて使っています。

実際の配色ですが、首、胴、脚、腕、ベルトがクリンナップ染料のリフレクトシャドウ、鞭が同バイブラントクリムゾン、タリスマンがトクノ1期のバーサーカーレッド、ブレスレットが白色の自然染料、イヤリングが金属染め桶、それ以外は元の素材の色(もしくはHUE#0)となっています。

 

 


 

そして以下に個別パーツの性能一覧と、作成過程を載せておきます。

画像にも書きましたが

  • ピンク枠が装備を決定する上でのキーパーツ
  • 緑枠が過去に作成したこと/使ったことのあるパーツの流用品
    (素体や改良しただけの途中品も含む)
  • オレンジ枠が入手手段や価格などが特別かかった品

になっています。

まずはメイン装備6(?)種から。

 

・魔力Krampus Minion 帽子

今回の作製品のうち、一番最初に作ったものです。

要求条件が「マナ回復4」だったので、最初はHルニのシングルワード「悟りの/魔力」でやっていたのですが、まるっきり出る気配がないため、あれこれ試行錯誤した結果、「Sルニの補強不可+良耐久値化+シングルワードでなんとかする」という結論に達しました。
Sルニに替えたとたん、20チャージ消費するぐらいで出るという有様;

これは強化も何もないのですが、改良するとトクノ系染料が有効になります。
そのため、補強不可色になってしまっていたのを、トクノ染料の脱色で元の色に戻してあります。

 

・魔力虎皮カラー

作製品の中で、2番目に取り掛かったものです。

エレガントカラーか虎皮カラー、どちらにするかでだいぶ迷いましたが、今回は虎皮カラーをチョイスしました。
条件は帽子と全く同じ「マナ回復4」だったので、同じようにSルニで作っています。
こちらは200チャージぐらいかかりました。
…よくよく考えると、HP回復1/マナコスト4%を2パーツに割り振るより、HP回復2とマナコスト8%に分割したうえで、穴埋めに幸運を入れればよいことに気が付き、中途半端な幸運を乗せています。

抵抗値は割と何でもよかったので、作るのは手間ではなかったのですが、やはり耐久値45だとちょっと不安です。
これは改良しようとすると強化不能になるパーツなので、引けたものをそのまま使っています。

 

・言霊の剛力女戦士のプレート(キーパーツ

今回の装備スペックを決定する上で、大変肝になったパーツです。
確か去年の年始あたりにアトランで仕入れたものだと思います。

HP回復以外は実質全部引いているという、かなり恐ろしい性能をしています。
惜しむらくはマナ回復2であるため、今まで使いどころを見いだせていなかったことでしょうか…

さすがに強化失敗するわけにはいかないパーツなので、匠の地金を使ってGold強化を施しています。

 

・悟りの魔術ボーンレッグ

これも結構古い時期に、アトランで購入した品になります。
基本的なメイジパーツを全部抑えてあり、何より「ボーンレッグ」であることが自分にとってはありがたいことです。
(ボーングローブと並んで、できる限り抑えておきたいパーツです)
マナコスト10%/秘薬コスト25%なら言うことなしなのですが、パーツ限定でである以上、そこまでえり好みできないのが辛いところ。

ちょっと予備がなかったため、匠の地金を用いてSpin強化を施しています。

 

・言霊の再生ドラゴンタートルアーム

これも購入したのはいつだったかなぁ…
ドラゴンタートルアームも、見た目を考えるなら瞑想可装備としては筆頭候補なので、見かけたら優先的に購入するようにしています。
これは強化の仕様が現状ないため、そのまま使用してします。

 

・いけないエルフの手袋(キーパーツ/特別な品

プロパティ上は何の変哲もないNQのレザーグローブなのですが、名前が…(汗
英語表記だと、「Naughty Elf’s Gloves」となっていますが、大変日本語の響きが良かったので、「これで装備を作りたい!」ということになりました。
ちなみに入手元は、今年のクランパスの小銭入れからとなっています。
また、アイテムの特性としては、素材強化可能/練成不可能/改良不可能となっているため、実用品ではないのが厳しいところです。

折角強化可能だということで、Spin革で生強化を施しました。

 

ここから武器盾アクセサリとその他装備。

 

・水晶の指輪(過去流用品

このキャラの定番アクセサリです。
今回はかなり古い世代の、装備が歯抜けになってしまったところから引っぺがしてきました。
スキル40もさることながら、莫大なHP/マナ回復が付いているのもうれしいです。

 

・ダークサファイアの腕輪

これも定番アクセサリです。
今回はチャレンジ5個目でマナ回復2を引けたので、運がよかったほうだと思います。
あとは魔法/瞑想を15ずつつけて、キャストリカバリ3でピタリ強度500%です。

 

・クリムゾンダガーベルト(特別な品

PUB106の追加報酬で作れるようになった、ハーフエプロン部位の新アイテムです。
(材料にCrimson Cinctureが必要です)
ソードベルトとどちらにしようか迷いましたが、ソードベルトは主に相方用なので、自分はダガーベルトということにしました。
ウッドランドベルト以外の見た目がさらに選択できる、というのは大変うれしいものです…!
(ハーフエプロンがあまり好みではない、というのが理由です)

今回は通常布で作成して、クリンナップ染料で染めています。

 

・マナ同調のオーブ(過去流用品

最初期のテイマー装備からはがしてきた品です。
丁度家に、新品の「マナ回復/回避/マナコスト/秘薬コスト」の品が無かったのです><
とがったプロパティはありませんが、マナコストと秘薬コストを同時に稼げるタリスマンとして、大変優秀な使い道があります。

 

・盗賊のランタン

これは完全なおしゃれ品です。
今回はサンタの衣装ということで、をチョイスしています。
(黒いTwilight Lanternでもよかった気はします)

 

・ダイヤのイヤリング

これも完全なおしゃれ品です。
ダイヤかルビーかで迷いましたが、今回はダイヤをチョイスしました。

 

・Krampus Minion ブーツ

これは昨年のクランパスの報酬のレシピ(今年も出ます)で作成できる品になります。
見た目が良いのと、ホリデーシーズンにピッタリだということで、採用になりました。
ブーツのほうは素材(布)の色が反映されるため、今回はアビス布で作ってみました。

 

さらに、今回のキーパーツでもある、武器を紹介。

 

・息吹の上質Barbed 鞭
キーパーツ/過去流用品/特別な品/”*Rose Vine*“)

これは去年のクランパスから出た、生のBarbed鞭を、当時Valoriteルニックで無理やり改良して作り出した品になります。
「詠唱可FC-1/回復6-3-6」という、ピンポイントでよいものが引けたので、当時2本できたうちの1本を相方の装備に組み込んでいました。

その後、相方の該当装備がビルド変更に伴い使わなくなったため、今回譲ってもらった形になります。

また、プレイヤー作製品の鞭に限り、細工(素材は金属)で強化可能という仕様がPUB107で追加されました。
(去年の無プロパ高品質のものは、プレイヤー作製品という扱い)
折角なので、匠の地金を使いつつ、ロストランドでCaddellite Gold強化してみました。

※見た目と性能から、“*Rose Vine*”という名前を刻印しています。

 

 


 

以上が各装備の解説になります。
毎回ここの説明書きが一番時間がかかります…

で、トータル性能は以下のような感じになっています。

抵抗値はプロテク込み、エルフで全抵抗最大の70/70/70/70/75(実抵抗76/73/79/72/80)となっています。
マナ回復はプロパ数値が30(武器込み)、実マナ回復が約23.1になります。
またHP+25/HP回復18も搭載しています。
今回は幸運は考慮していない装備なので、必要最低限の強化ボーナス+端数の174までとなっています。

一応詠唱集中4%、物理変換15%、炎変換12%あるので、詠唱集中はプロテク張っている関係で機能しませんが、各種変換のほうは多少生存率に寄与してくれると思います。

 

さて、これは今週末の壱の市から装備するとして、イラスト化を急いで行わいとなぁ…
(12月はなんだかんだ言ってかなり忙しいです><)

 

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)