きまぐれUO日記:第12回 北斗EX槍試合に参加してきました!

どうもダイです。

 

年末進行状態でバタバタしております…
疲労もきついけど、精神的に大変不安定なのが如何ともしがたい><

 

まぁ、それはさておき…

 

題記の通りですが、12/21の22:00(今大会から開始時間が変更されました)より、北斗シャードのニューヘイブンアリーナにて、第12回、北斗EX(エクストリーム)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

 

今回も大変画像が多く、記事も長いので、折り返しておきますー

 

 

 

 

さて折り返しです。

今回の参加者ですが、年末の多忙な時期にもかかわらず、6名の参加者に来ていただけました!

とりあえず全員のPDを撮影できましたので、ペタリ。
(今回は主催者の服装も良いものなので一緒に…)

相変わらずですが、北斗槍試合では、新規参加者を絶賛募集しておりますーーー!

 

今回から新たに追加されたエキシビジョン専用ルールとして、以下のようなものがあります。

  • エキシビジョン時に限り、「盾の保持義務」を撤廃する
  • エキシビジョンが始まるまでの休憩時間のみ、ソウルストーンでのスキル変更を認める
  • バトルロイヤルの参加枠が空いている場合に限り、エキシビジョンだけの「飛び入り参加」を認める

上記二つは、北斗EXのみの特別ルールです。
三つ目については、先月行われた、第2回出雲EX槍試合の際に実現したものを、正式ルールとして採用したものとなっています。

 

エキシビジョンからの参加であっても、優勝すれば賞品も出ますので、奮って参加していただけると嬉しいですー

なお、リーグ戦の順位の決定ルールですが、以下のようになっています。

  • 勝数
  • 得失点差
  • 上記二つが同数ならば、同着とする

また、エクストリームの試合の関係上、選手死亡による決着の場合は、それまでの試合結果に関係なく、勝った側が3-0というスコアとすることになっています。

 

 

肝心の試合内容ですが、とりあえず撮影できたものを合間に挟めつつ、試合記録を書いていこうと思います。
(左右の表記は実戦とはずれている可能性がありますので、そこはご容赦ください)

 


 

[第1試合]

3〇金色の代理人 VS 出雲のヤンデレ騎士×0

久々に登場したヤンデレ騎士様を、最近上り調子の金色の人が華麗にさばく、という展開になりました。
相変わらず鉄壁のガードなのですが、秘密はあるのだろうか…

 

 

[第2試合]

2×初老のムングロ騎士 VS 自分〇3

さて、本大会の立ち上がりは如何に?
という状態で、お互いに1本ずつ取り合っていくというシーソーゲームを展開。
2-2という大変緊迫した状況で、間一髪で3本目を確保しての勝利となりました。

 

 

[第3試合]

3〇ドス赤い魔王 VS 金色の代理人×1

もふ VS という対決。
最初は金色の人(骨)が鮮やかに1本持っていくも、その後魔王(もふ)が続けざまに3本取り返すという強さを見せつけ勝利となりました。
この辺の微妙な力関係は、毎回思うけれども謎です…

 

[第4試合]

2×うちの相方 VS 初老のムングロ騎士〇3

最初はうまいこと相方がキルモードで攻めていたのですが、ムングロ騎士様が紙一重(ライフバーが真っ赤)で凌ぎ切り、きっちり3本確保しての勝利となりました。
今回は相方のキルモードの相性はあまりよくない様子です。

 

[第5試合]

3〇金色の代理人 VS うちの相方×1

やはり鉄壁の防御を誇る金色の人、1本相打ちにはなったものの、華麗なカウンター戦法により相方を寄せ付けずに圧勝となりました。
相方的には苦しい試合展開が続きます。

 

[第6試合]

3〇出雲のヤンデレ騎士 VS ドス赤い魔王×2

麻痺カウンターを駆使して、魔王が1本先制するものの、そこから1本逆襲→相打ちにより、双方俵に足のかかる緊迫した展開に。
最後はヤンデレ騎士様が、盾マスタリー展開時の一瞬の隙をついて3本目を奪取し、魔王を撃沈!
とりあえず目標の1勝を確保していました。

 

[第7試合]

3〇ドス赤い魔王 VS 初老のムングロ騎士×1

1-1の時点で得点カウント用のランタンが腐るというアクシデントがありましたが、わずかな中断だけで済みました。
そこから態勢を整えた魔王が2本連続で奪取し、勝利を飾りました。
ムングロ騎士様は、あと一歩及ばずという、かなり惜しい展開が続いている気がする…

 

[第8試合]

3〇うちの相方 VS 自分×0

今回の直接対決は、うちが全くいいところがなく、ストレート負けでした…
スクリーンショットもロクなものがなく、ちょっと切ない><

 

 

ここで一旦休憩を挟みます。
ついでに中間結果などもまとめて、後半戦に備えます。

 

 

[第9試合]

2×自分 VS 金色の代理人〇3

中間結果からすると、何とかここは勝っておきたい1戦。
…なのは相手も同じことで、2本連取したところまでは良かったのですが、そこで気が緩んだのか、3本とられて大逆転負けという結果になってしまいました…

あふーん

 

[第10試合]

3〇出雲のヤンデレ騎士 VS うちの相方×0

この試合は、相性差があったのか、ヤンデレ騎士様が終始相方を圧倒する形で、ストレート勝利となりました。
正攻法で硬い人だと、やはり相方の構成では辛いものがあるなぁ。

 

[第11試合]

0×初老のムングロ騎士 VS 金色の代理人〇3

現在暫定首位の金色の人、ここで勝てばほぼ優勝決定という大事な試合。
だからこそ、ここは何とかムングロ騎士様に頑張ってほしいところ…
なのですが、相変わらずの鉄壁具合により、結局ストレート決着となってしまいました。

とりあえず2着争いで頑張ろう…

 

[第12試合]

3〇自分 VS 出雲のヤンデレ騎士×1

実は、この時点で残り試合全部勝てば、優勝の目が残っているヤンデレ騎士様との一戦。
しかしこちらとしても、ここで負けるわけにはいかないため、必死に応戦します。

その執念が実り、2-0からの相打ちにより逃げ切ることに成功しました!
ただしこれで、優勝戦線は魔王との一騎打ち状態になってしまった…

 

[第13試合]

3〇ドス赤い魔王 VS うちの相方×1

魔王も残り試合を全勝すれば、まだまだ分からない状態での大切な試合。
ここは相方の猛攻をきっちりかわしつつ、自コーナー(赤)を最大限有効利用して勝利をもぎ取りました。
全員どうしてもマナ管理がギリギリ~足りない状態になるので、そこの見極めが大変難しいです。

 

[第14試合]

3〇出雲のヤンデレ騎士 VS 初老のムングロ騎士×1

試合のさなか、出雲側にデレ対象が出現という報告とともに、突然のパワーアップを遂げるヤンデレ騎士様。
やはり目標があるのは良いものです(何
ムングロ騎士様は、戦闘経験も装備も十分なのですが、ここ一番で押し切れない感じだなぁ。

 

[第15試合]

1×ドス赤い魔王 VS 自分〇3

本戦最終試合です。
魔王はこれに勝てばまだ優勝が見えるという状態ですが、こちらも入賞のことを考えると何とか踏ん張りたいところ。
結果的には、こちらの執念のほうが実り、3-1で勝利を飾ることができました!
地味に対魔王の戦績は良いような気がする…

 

 

さて、順位が決まったところで、エクストリーム名物、エキシビジョンマッチに移行します。
(記念撮影はこのタイミングで行っています)

[エキシビジョン予選]

生き残り:うちの相方

練習ではサドンデスが発生するも、最後に残っていた双方がそれを忘れており、普通に退場してしまうことになりました…
仕切り直しの本番では、エキシビジョン新ルールモードの相方に、最後追い回され、軽くパニックになったところを落とされてしまいました。
あふーん

 

[エキシビジョン決勝]

1×うちの相方 VS 金色の代理人〇3

特別仕様の相方がどこまで戦果をあげられるかが注目の一戦。

相方は盾フリーの仕様のため、武士道を入れてイベーションを展開(ブロック率65%)しつつ、適宜シールドバッシュやフォーカスアタックなどで押し込む作戦でしたが、それをもってしても硬い金色の人。

1-2で迎えた正念場も、相方のイベーション切れを狙ってきっちり3本目を確保という盤石ぶりでした。
ほんとお強い…

 

 

そして、最終的な表彰者は以下の通りです。
今回は3位まで表彰がありました。
(リーグ戦ですので、全選手の戦歴を纏めて記載します)

優勝:金色の代理人(4勝1敗、得失点差+7)

準優勝:ドス赤い魔王(3勝2敗、得失点差+3)

第3位:出雲のヤンデレ騎士(3勝2敗、得失点差+1)
同着:自分(3勝2敗、得失点差+1)

第5位:うちの相方(1勝4敗:得失点差-5)
第6位:初老のムングロ騎士(1勝4敗、得失点差-7)

エキシビジョン勝者:金色の代理人

 

入賞した皆様おめでとうございますー!
(自分は今回仕事ができたのだろうか…?)

 

今回は金色の人の鉄壁さが大変目立つ展開ではありましたが、各々の試合で見どころも多い、熱い試合展開だったと思います。
結果として相方のキルモードがほぼ封殺されていたため、丁度良いバランスになっていたというのもあるかな…

主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦に来てくださったすべての皆様、本当にお疲れ様でした!
年末の忙しい時期でしたが、大変楽しい時間でした!

 


 

2回ぶりの6名リーグとなった、北斗EX槍試合。
相変わらず見た目の数値では推し量れない強さが見え隠れしていて、各自如何にしてそれを手繰り寄せるか?という、戦国武将の験の担ぎ方のような苦悩があって、見ていてもハラハラする展開が多かったです。

6名リーグだと試合数が多く、さすがに0時を過ぎてしまいますが、それでも15試合+エキシビジョンで2時間で決着というのは十分なイベント進行速度ではないかと思います。

そしてやっぱりたくさんの試合ができるというのは嬉しい!

お時間があれば、ぜひ観戦に、もしくはやってみたいという方は、出場選手として来ていただければ、選手及び主催者側としても大変励みになりますので、ぜひいらしてくださいー!

 

 

…ここより宣伝。

 

現在北斗では毎月第2、第4、第5木曜日、22時からニューヘイブンアリーナにて「槍試合カフェ」が開かれています。
様々なルールのテストや、EX槍試合の練習なども気楽にできるようになっていますので、腕に覚えのある方、これから参加してみたいという方は、こちらにも是非是非お越しくださいませー!

 

また、来年1月にはクラシックスタイルの北斗槍試合が開催予定となっております。
(現在の候補は1/18(土))
こちらはシンプルなルールとなっておりますので、槍試合未経験者でもすんなり入っていけると思います。

見ているだけでは物足りない!という御仁には、まずはクラシックスタイルに出場、という目標を掲げてみてもよいのではないでしょうか。

 

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:第12回 北斗EX槍試合に参加してきました!” への2件の返信

  1. アバターすきる

    レポートおつかれさまですー

    代理人に代わってからEXでは絶好調であります^-^
    (気が付けばEX総合優勝二連覇中という^^;

    今回もシーソーゲームありーのストレートありーの見応えのあるいい試合ばかりでしたね♪

    それでわ来年のCSで槍を交えましょう~
    よいお年をー

    返信
    1. 試作D型試作D型 投稿作成者

      コメントいつもありがとうございますー

      相変わらずの鉄壁の防御ぶり、何とかたいと思いつつ、毎回参加しております(汗

      今年は本当にバタバタした1年でしたが、それでも楽しく過ごせました!
      槍試合などで集まれるというのも、オンラインゲームをプレイしていてよかったなぁと思うところです。

      来年1月のCSも楽しみにしています!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 14 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)