きまぐれUO日記:第17回 北斗CS槍試合に参加してきました!

どうもダイです。

今日はまだ暖かいですが、昨日は寒かった…
日中雪が降っていたので、そりゃ当然、という気温ではあるのですが><

さて、題記の通りですが、01/18の22:00より、北斗シャードのトリンシックマーケットプレイスにて、第17回、北斗CS(クラシックスタイル)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

 

※画像が多いため、折りたたんでおきます。

 

 

 

さて折り返しです。

 

 

今回で17回を数えるCS槍試合。

イベント被りや、寒さによる病欠も発生し、参加人数はやや少数になってしまいました。
こればかりは「プレイヤーは人間である」ため、いかんともしがたいところです…

今回に限らず、馬上槍試合では、新規参加者を随時募集中です!

 

さて、今回も衣装のお披露目からスタートしましょう。

見た目については、ネタに詰まってしまったため、1月のこの時期=寒行の時期ということから、白装束による寒行スタイルにすることにしました。
寒行らしい感じにするために、できるだけ防具は目立たないものを最低限だけにしています。

 

また、今回の参加者は5名となっております。

とりあえず全員のPDを撮影できましたので、ペタリ。
※PDは左からアルファベット昇順となっています。

参加者5名ですので、今大会はリーグ戦形式となりました。

なお、リーグ戦の順位の決定ルールですが、以下のようになっています。

  • 勝数
  • 得失点差
  • 上記二つが同数ならば、同着とする

クラシックスタイルの順位決定は割とシンプルです。

 

肝心の試合内容ですが、とりあえず撮影できたものを合間に挟めつつ、試合記録を書いていこうと思います。
(左右の表記は実戦とはずれている可能性がありますので、そこはご容赦ください)

 


 

[第1試合]

2〇うちの相方 VS ドス赤い魔王×1

初戦は、比較的回避が続く展開になりました。
途中相方が先制して、何とか追いつきたい魔王とのにらみ合いが続いたのち、10合目で相打ちが発生。
クラシックスタイルでは2本先取なので、そのまま相方が押し切る形になりました。

 

 

[第2試合]

1×ドス赤い魔王 VS 放浪の老戦士〇2

魔王は連戦。お相手は、元ムングロ騎士で、現在騎士を返上し、放浪の旅に出ているという老戦士様。
予想に反して、この試合は事実上の最速(老戦士様1本→相打ち)である2合で決着がついてしまいました。

魔王は大苦戦の予感…

 

 

[第3試合]

2〇放浪の老戦士 VS 自分×1

1合目でいきなり叩き落されて、暗雲が立ち込めます…
その後はブロック合戦が続き、8合目で1本取り返して五分まで盛り返すものの、12合目で隙をつかれ2本目を奪取されてしまいました。
老戦士様は、今回は調子が特によさそうな感じです。

 

 

[第4試合]

1×自分 VS 金色の代理人〇2

装甲(ハカマ)をパージして回避を上昇させようとしてみましたが、特にそんなことは無く、イメチェンを果たした金色の人に1本先取→相打ちというコンボで順当に叩き落されてしまいました…
(今回は相打ちが結構多い展開です)

 

 

[第5試合]

2〇うちの相方 VS 放浪の老戦士×0

前半戦ラストの試合。
この試合は珍しく相方のストレート勝利で決着しました。
こういう流れを見ると、意外と数値ではわからない相性差というものを感じます。

 

 

前半を終了したので、記念撮影(トップ画像)と休憩をはさんで、後半戦へ。

 

 

[第6試合]

1×ドス赤い魔王 VS 自分〇2

サッシュをパージして、更なる軽量化を試みた試合。
1合目から相打ちで緊迫する試合展開になりました。
麻痺カウンターで凌ぎつつ、何とか2本目を首尾よく奪取できました!

魔王はこれで全敗にリーチがかかってしまう展開に…

 

 

[第7試合]

1×放浪の老戦士 VS 金色の代理人〇2

ラスト1戦、なんとか3勝目をあげたい老戦士様。
ただし相手は安定した戦績と、鉄壁の防御を誇る金色の人、苦戦が予想されます。
お互いに1本ずつ取り合った後、9合目でわずかな隙をついて金色の人が2本目を奪取して決着です。

これはちょっと難しい展開になってきたなぁ。

 

 

[第8試合]

2〇うちの相方 VS 自分×1

今回は回避性能上は大きく負けているため、苦戦が予想されますが、何とか勝ちたい1戦。
イヤリングをパージして戦闘開始。
…最初にターゲットを間違えて攻撃していて、慌てている間に1本取られるという大失態を演じてしまいました><
その後はにらみ合いが続きましたが、8合目で相打ちが発生、押し切られる格好になってしまいました。

あふーん

 

 

[第9試合]

0×ドス赤い魔王 VS 金色の代理人〇2

崖っぷちの魔王と、これに勝てば、次の試合が決勝戦となる金色の人の対戦です。
久々の壺による祈願があり、これは切実だな…と思いつつ、いやな予感が会場に走ります。

そしてその予感は的中し、あえなくストレート決着となってしまいました…
試合後、魔王はウィンドランナーにもふられながら傷を癒していました。

 

 

[第10試合]

2〇うちの相方 VS 金色の代理人×0

最終戦は、勝数3、得失点+4の1位タイ同士による、事実上の決勝戦となりました!

最近調子が上向いてきた相方、1合目に鮮やかにポイントを奪取し、金色の人にプレッシャーを与えます。
2,3合目は回避する展開となりましたが、4合目できっちり2本目を決めて、相方の勝利となりました。
鉄壁の金色の人がストレート負け、というのも珍しい…

相方、優勝おめでとうー!

 

 

 

そして、最終的な表彰者は以下の通りです。
今回は3位まで表彰がありました。
(リーグ戦ですので、全選手の戦歴を纏めて記載します)

優勝:うちの相方(4勝0敗、得失点差+6)

準優勝:金色の代理人(3勝1敗、得失点差+2)
第3位:放浪の老戦士(2勝2敗、得失点差-1)

第4位:自分(1勝3敗:得失点差-2)
第5位:ドス赤い魔王(0勝4敗:得失点差-5)

ベストドレッサー賞:自分

入賞した皆様おめでとうございますー!
ベストドレッサーは、なぜかうちに6票も入っていて、ちょっと驚いてしまいました(汗

 

今回は少人数だったため、開始時間変更後(22:20競技開始)でも0時で決着がつきました。
やはりリーグ戦は、一人一人の活躍の場が均等に訪れるため、試合のモチベーションが上がります。
トーナメント戦のドラマ性も捨てがたいのですが…

ともあれ、主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦に来てくださったすべての皆様、本当にお疲れ様でした!

 

 


 

2020年最初の北斗槍試合となった、第17回北斗CS槍試合。
今回は正直衣装のデザインが思いつかなく、苦し紛れ的な感じにしたものだったため、申し訳ない感じになってしまいました><
ただ、EX槍試合とは異なり、装備に要求される条件が少ないため、今回のようなフリーダムな装備でも意外と何とかなったりするのが嬉しいところだと思っています。

お時間があれば、ぜひ観戦に、もしくはやってみたいという方は、出場選手として来ていただければ、選手及び主催者側としても大変励みになりますので、ぜひいらしてくださいー!

 

さて、次回は2/22(土)、EX槍試合が予定されています。
また、大和のほうでも2/1(土)にアリーナでの槍試合が予定されているとのことですが、もし気になる方がいましたら、ぜひそちらにも観戦に行かれるのも良いと思います。

EX槍試合は怖い…という方でも、北斗シャードでは木曜日の22時~24時の間、槍試合カフェが開かれておりますので、そちらでまず情報収集をしてみるのも良いのではないでしょうか?
様々なテストルールでの試合なども行われますので、いろいろな発見があると思います。

試作D型

試作D型 について

名前:イナムラ試作D型:通称ダイ
製造年:MCMLXXXIとどこかに書いてある
誕生日:そろばんの日と覚えている
性別:男性をイメージして設計された

主な特徴:一卵性双生児の兄を生業とするサイボーグネズミ。
特技は並列作業と体調不良。
思考回路はスコアが非常に良く、複雑な処理も行えるが反面回路的にはセーフティシステムが脆弱で過負荷状態に陥りやすい。
兄の威厳がそうさせるのか、弟のE型より体格が少しだけ良い。
最近重度の対人不信を抱えていることがわかった。

メインタスクとして、お絵描きと日常行動、人生の見つめなおしを地雷除去作業のようなギリギリさで実行中。

“きまぐれUO日記:第17回 北斗CS槍試合に参加してきました!” への2件の返信

  1. アバターすきる

    いつもレポートおつかれさまですー

    そしてベストドレッサーおめでとー
    (相方さんも優勝おめでとー

    魔王が絶不調なおかげでその分の勝ち星がみんなにまわりましたねw

    今回の新作装備はEXも兼用なので(実はほとんど流用なのですがw)次回EXで槍を交えましょう♪
    ※抵抗の穴は炎だけです!w

    返信
    1. 試作D型試作D型 投稿作成者

      コメントありがとうございますー

      大変珍しいことに、CSでのベストドレッサー連続受賞…と思って第16回の記事を見直してみたら、
      相方が優勝、というところも同様でした…(汗

      この調子がいつまで続くか心配ですが、何とかいろいろ考えていければなぁ…と思うところです。
      こちらもEX側は抵抗の穴抜け、結構激しいですよー
      (他のプロパで圧迫されるため、抵抗を稼ぐ余力がない)

      ではまた、次の槍試合でお会いしましょう!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)