試作E型

試作E型 について

名前:イナムラ試作E型:通称エイ
製造年:MCMLXXXIって覚えてる
誕生日:D型とおんなじ。だって双子だもん。
性別:やや中性的な♂
主な特徴:D型と対を成す、一卵性双生児として誕生した半生ギツネ
。 特技はお絵描きと猫の物まね。のどを鳴らす音には定評アリ。
ボディを付け足す際に頭をぶつけたのか、何故か乱視になってしまった。
他にも夏風邪を引いて体重が6kg落ちて戻るのに10年以上かかったり、口の中とか耳とか瞼とかにメスを入れられたり、ボディの悩みがやたらと多い。

現在はD型と共に生活をしながら、特技のお絵描きをどう伸ばすか、あと体力をつけて人との交流を取り戻したいと画策中。

気まぐれUO日記:E型メインキャラ向け装備「Publish106対応幸運装備:アビスの魔曲家」作成

エイです。

Publish106が来て、フェローシップショップにお目当てのレシピが追加されたので、以前から画策していた、「幸運装備の更新」を行ってみました。
どうにかして「幸運メンポ」を投入してみたかったのですが、見た目が…というところに、「エレガントカラー」という新しい首防具が追加され、そのレシピ品に「幸運のエレガントカラー」なるものが追加されたので…

ベースとなっている装備はこちらです。
(参考:気まぐれUO日記:E型メインキャラ向け装備「幸運装備ほぼ最終型:プレートメイジ」作成)

これ以上の更新は、あと武器ぐらいしかない状態です。
(アクセサリはスキルブーストが必要+キャストリカバリがいくばくか必要なため、理論値ではこのあたりが限界)

と言うわけで折り返しです。

続きを読む →

UO:Publish106″Forsaken Foes” 軽く解説とバグへの注意喚起

Publish106が、2019/09/17付でワールドワイドリリースとなりましたので、軽く解説と、現在までに判明している問題点などを記載しておきます。

参考:UO公式サイトのリリースノート(英語)

Publish 106 – Forsaken Foes

■Forsaken Foesでの主な目的(フェローシップシルバー関連)

  1. 「空のソウルバインダー」を作成し、バックパック第一階層に所持しておく
  2. 海系の敵/ボスから、ソウルを回収する(回収したソウルはソウルバインダーにチャージされる)
  3. ソウルが溜まったソウルバインダーを、フェローシップ教団に提出し、「フェローシップシルバー」と言うポイントに交換してもらう
  4. 交換したフェローシップシルバーでリワードをもらう

■空のソウルバインダーの作り方

作成は「ガラス細工」で行います。そのため、錬金スキルが100.0必須になっています。
作成道具の「ガラス吹きパイプ」ロイヤルシティのアルケミストが販売しています。

空のソウルバインダーの材料は

  • 砂:20個
  • エセリアル砂:5個

で、成功率は10%となっています。
失敗時は上記2つの材料をある程度失ってしまうため、

  1. 「ガラス細工作成ボーナス」付きタリスマンを用いて成功率を上げる
  2. 何らかの生産マスタータリスマン(カテゴリは何でも良い)で、失敗時の素材ロスをなかったことにする(タリスマンのリチャージは「ルーンの小枝」で行う)

のいずれかの方法を取ることになります。
前者は「通常の砂の量に余裕がある」「作成にあまり時間をかけられない」場合、後者は「通常の砂の量に余裕がない」「作成に時間はかけられる」という使い分けになるかと思います。

通常の砂は、採掘GMのキャラクターが「良い砂の見分け方」(ロイヤルシティのNPCアルケミストが販売)という本を読んだ上で、「砂地」をシャベルやつるはしで掘ると出てきます。(一回の採掘につき1個、フェルッカなら2個出てくる)
また、海賊船の積荷に、稀にそこそこの数が入っていることがあります。

エセリアル砂は入手方法は2通りあり、

  1. ミノックに追加されたNPCから購入する(単価112gp/1アカウントあたり、500個単位で5000個まで購入可能/EJは購入不可(商品引換券の形で出てくるため)/在庫はコーガルが討伐されるたびにリセットされる)
  2. コーガルを討伐した時に、大量(約90000~95000個程度)にばらまかれるものを回収する

のいずれかになります。

■ソウルの貯め方

空のソウルバインダーをバックパックの第一階層に置いた上で、「ソウルバインド」属性の付与された敵(色がオレンジ色になっている/名前の下に「Soul binder」と表記)を倒すことで、ソウルバインダーにソウルがチャージされます。

ソウルバインド属性の付与された敵はおおむね以下の通りです。

  • コーガル/スカリス/カリュブディスなどのHSボス
  • コーガルの手下/カリュブディスの足などのHSボス取り巻き
  • 海賊船の船長/船員(商船含む)/灯台船の船員/灯台船の周囲に発生する海洋生物(灯台船は除く)
  • トレハンの箱から「最初に一回だけ出てくるガーディアン」のうち、「テイム不可能な生物」

です。

溜まったソウルの目安は以下のとおりです。

  • Measure個のソウル:空ではない~1%未満
  • Grand個のソウル:1%~25%未満(青色)
  • Exalted個のソウル:25%~50%未満(緑色)
  • Legendary個のソウル:50%~90%未満(オレンジ色)
  • Mythical個のソウル:90%~100%(紫色)

おおむね、一番ソウルを所持しているHSボス(及び海賊船船長)で、一匹あたり7214ポイント(1瓶の最大は10000ポイント、72%前後)チャージされます。
雑魚の場合、確認できたチャージ量は以下のような感じです。

  • トレハンガーディアンのタイタン:1ポイント
  • トレハンガーディアンの黒閣下:137~139ポイント
  • コーガルの手下:10~50ポイント前後?
  • カリュブディスの足:20ポイント前後
  • 灯台船周囲の海洋生物:1~10ポイント前後?

なお、状況はまだ未確定なものの、これが複数回分一気に貯まる(最大で6本分フルチャージ(合計60000ポイント)まで一気に溜まった)こともありますし、何故か少しも貯まらないこともあります。
主に「非パーティメンバーが支援/攻撃などを行っている」場合に発生するような感じ”ですが、確定状況が判明していません。
ソウルの合計数は明らかに増えることだけは確定しています。

このため、ソウルを貯めることを目的とした場合、「空のソウルバインダーを複数本(できれば6本以上)携帯しておく」ことが必要になります。
瓶がすでに満杯、もしくは所持していなかった場合、貯まるはずのソウルは消滅してしまうので、それを避けるためです。

■ソウルとフェローシップシルバーとの交換

溜まったソウル(「~個のソウル」表記になっているソウルバインダー)は、フェローシップの家にある「エセリアルソウルクレンザー」という水色の箱にドロップすることで、「フェローシップシルバー」と交換することができます。

交換レートは「溜まったソウルの量(100%を10000とする)=フェローシップシルバーの量」です。
貯まりきったMythicalの瓶を収めると、10000フェローシップシルバーになります。

なお、貯めておける上限は300000フェローシップシルバーまでで、この値を超えるように瓶を収めることはできません。

■フェローシップシルバーとリワードの交換

リワードは、フェローシップの家近くにいるNPCから、フェローシップシルバーと交換する形で入手します。

なお、2019/09/21時点では、まだ全ての実装予定のリワードがリストにあるわけではありません。
(月ごとに追加するタイプだと思われます)

かぼちゃの手漕船がほしい人などは、おそらく10月の実装(ハロウィン時期)になると思われるので、それまでにフェローシップシルバーを貯めておきましょう。

■HSボス討伐にまつわる注意点(2019/09/21現在、未修正のバグ)

記事執筆現在、HSボス(コーガル/スカリス/カリュブディス)について、大人数で倒した場合、「死体が残らない」バグが発生しています。
最初に確認されたのは、先行リリース時の出雲シャードで、以下のような状態でした。

  1. 2019/09/10:カリュブディスを30人規模で討伐、死体が消えた。(本来釣り上げた人に入るはずのAF入手のメッセージも出ず)
  2. 2019/09/11:スカリスを30人規模で討伐、3体討伐するも、全て死体が消えた。
  3. 2019/09/16:スカリスを20人ちょうどで討伐、死体が消えた。直後、10名前後の2班に分けて討伐した4体(2体x2班)は死体が残った。
  4. 日付を失念してしまったが、スカリスを14人で討伐した時には、死体が残った。
  5. 2019/09/19:ワールドワイド適用後、北斗にてコーガルを10名で討伐した時には、死体が残った。

なお、いずれの場合もソウルだけは通常と同じように貯まるのを確認しています。

本件に関しては、09/10、09/11の時に2度バグレポートは運営側に送付済みですが、ワールドワイド時点では修正案内が出ていません。

棺桶がないのはもちろんのこと、本来ボスが所有しているAFドロップの判定も消失するため、かなり深刻なバグになっています。

対策としては、修正されるまでの間は「15名程度以下で討伐を行う」ことを強く推奨します。

2019年暑中お見舞申しあげます


E型の趣味丸出しの、ややフェティッシュな二人をお楽しみ下さい(何

Author:試作E型


エイです。

引っ越しから~と書こうとして、昨年の暑中見舞いの記事を見直していたのですが、昨年も引っ越しから~と書いていました(何
でも書きます。

再びの引っ越しからおおよそ半年が経過しました。
おおよそ2年弱、野庭のほうのアパートにいることになりましたが…なんだかその時が夢だったような感じがする今日このごろです。
結果的に同じ家に戻ってくることになるとは…

今年は冷夏になるのかなー…と予想していたのですが、甘かったです…
梅雨こそ長引きましたが、いざ梅雨が開けてみると、昨年並の暑さが襲ってきました(汗

結局、暑さ対策はかかせない状態です。
外出時はできるだけ帽子などの着用と、遠出するときは冷感タオルなどの用意が欠かせない状態です。
あとは水分補給の準備は怠らないように。

こちらに戻ってきてから、エアコン2台体制(D型/E型双方の部屋に1台づつ)になったのですが、とりあえずは快適に過ごせています。
ブレーカーが落ちることもなく、また消費電力もそうとう下がっている状態です。
(ムリをさせていない、というのも大きいですが…ピークで300kWh/月に届かない

その代わり、使わなくなっている1F居間(及び1F全体)の温度が、ほぼ常時30℃という、別な意味で辛い状態にはなっています(汗
料理する時などが辛い…

さて、夏以降の予定ですが…
とりあえず、今年の帰省は11月上旬に、2泊3日程度の予定になりそうです。
(11月なのは、主に資金面のお話です。引っ越し前後の電気工事+追加エアコン購入+マシン新造が原因です)
相変わらずのフリープランのツアーで行く予定です。さすがに11月になると完全オフシーズンのため、かなりお安め。

まぁ、雪が見れれば良いかなーぐらいで構えておこうと思います。
寒さ対策もそうですが、革靴なんかで行くと、もれなく雪道に泣く(パターンがないため滑る+靴のふちの高さがないため、積雪状態によっては雪が靴に入る)ので…

そして今年は叔父に会いに行かねば…

と言うわけで、今年も暑中お見舞い申しあげます。
ここ数年はずっと災害も多く、暑さも災害の一つと言っても差し支えないほどですが、皆様体調にはくれぐれもお気をつけて下さいー

UO検証ログ:Publish105:Forgotten Treasureでのトレハン変更点について(マジック戦利品の部)

エイです。
梅雨が明けたと思ったら、今度は昨年並みの暑さですねー…(汗

さて、Publish105 でのトレハン変更点などについて、今回は「戦利品(特にマジック装備品)」を主眼に、執筆現在(2019/07/31)で判明していることを記載しておきます。

罠解除等については、また別途記事にする予定です。

■地図カテゴリについて

従来の地図には特にテーマはありませんでしたが、Publish105以降の地図には、以下のテーマから一つが付与されます。
大雑把な内容物の傾向も併記しておきます。

  • 戦士(主に重武器や盾、プレート系金属鎧など。戦闘系スキル関連)
  • レンジャー(主に弓や鋲鎧系など。野生系スキル関連)
  • 暗殺者(主に軽い武器やプレート以外の金属鎧など。シーフ系スキル関連)
  • メイジ(主に杖やデフォルトが瞑想可の防具など。メイジ系スキル関連)
  • 匠(主に作成品でしか作れなかったもの。生産型スキル関連)

■個別戦利品について

基本となるファセットはトランメル/フェルッカ/マラスです。これらのファセットでは、基本戦利品が生成されます。
なお、以下すべての戦利品の画像は、L3以降の地図から出土したものです。
(パラディンソードだけL2だったかもしれない)

  • 戦士
    基本戦利品:プレート系防具、兜類、杖以外の両手武器及び、軽量以外の片手武器、盾など
    新規ドロップ装備:ドラゴン系防具、パラディンソード(イオドーン限定)
  • レンジャー
    基本戦利品:鋲鎧系防具(ボーンを除く)、ウッドランド系防具、弓、皮剥ナイフなど
    新規ドロップ装備:特になし
  • 暗殺者
    基本戦利品:チェイン/リング系防具、軽量で「毒が塗れる」武器(クリスなど)、一部帽子類(バンダナ)など
    新規ドロップ装備:鞭3種(イオドーン限定)
  • メイジ
    基本戦利品:基本瞑想可の防具、ボーン系防具、杖系武器、一部帽子類(ウィザードハット)など
    新規ドロップ装備:特になし

  • 基本戦利品:斧系武器、「チャージ付き」武器(ツルハシ、鍛冶ハンマー類)、ほとんどの帽子類など
    新規ドロップ装備:サークレット系、ボンネット、キャップ、エルフグラス、シェフのトーク帽(イオドーン限定)
  • 特記事項
    • トクノファセットの場合は、各種カテゴリに対応したトクノ式装備追加
    • テルマーファセットの場合は、各種カテゴリに対応したSA装備追加
    • イオドーンファセットの場合は、各種カテゴリに対応したToL装備追加レンジャー:虎、戦士:亀)
    • イルシェナー/テルマー/イオドーンの場合、近接武器に「破片残留」が付与される可能性がある

トクノでの例。なお笠は匠の地図から出ることを確認。

※以下、まだトレハンの戦利品として出現を確認できていないもの

  • 熊/鹿/部族(2種類とも)/オークマスク
    どうも部族マスクはイオドーンのレンジャーから出るらしいが…こちらではまだ出土を確認できず。

■戦利品の質と量について

L1ではせいぜい「マジックアイテム上級」、L2では「アーティファクト低級」が概ね最大です。
そのため、マジック品を狙う場合は、基本的にL3以降を狙うことになります。
L3からは、最高で「アーティファクト伝説級」までのアイテムが出る可能性があります。
L4以降は、戦利品の質自体はほぼ変更がありません。(レベルが上がると、分布が変わらず量が増える)

戦利品の「質」、「掘った人の幸運値」に影響を受けます。
具体的には不明ですが、アイテムの予算ポイントが、幸運判定により増加するような感じです。
また、フェルッカでは幸運+1000相当のボーナスがあります。

また、「掘り出した時の箱ので、中身の予算の幅が影響を受けます。→鉄→の順に良い)
箱の色は、「掘った人の測量スキル」に影響を受けます。
あくまで「幅」なので、錆箱でも一番よい場合はアーティファクト伝説級が出るときもあります。(ただし強度が低い)

戦利品の「量」は、「掘った時の、箱から一定距離以内にいたPTメンバーの人数」で増加します。
ただし、箱の予算ポイントそのものはあまり増えないため、戦利品一つあたりの質が低下する傾向が強いです。

■戦利品のプロパティについて

基本的に「接頭/接尾辞は1つまで」という特殊な制限がかかっています。
通常ドロップの場合、アーティファクト上級クラスより上のアイテムは、「接頭/接尾辞が2つとも付与されている」のが普通です。

例1)(通常の「ダブルワード」)

例2)(トレハンの「シングルワード」)

片方のワードは、「付与されている全プロパティの半分まで」しか影響しないため、残り半分はワード種に影響を受けずに抽選されます。
このため、擬似的な「無ワード」扱いのものが生成されることがかなりあります。
(例外として、抵抗値は+15だけ、どのワード種にも含まれずに付与されるパターンがある)

例3)言霊の/魔術+疾風の/速攻系のダブルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」と、疾風~の「スタミナ系プロパティ」以外は各抵抗+15のみ。

例4)言霊の/魔術系のみのシングルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」以外に、HP回復や装備条件、命中、抵抗+20などを引いている。

■戦利品(マジック品)についてのまとめ

マジック関連についてはこんな感じでしょうか。
簡潔にまとめると、

  • とにかくL3より上を狙うこと
  • 欲しいアイテムのある地図カテゴリを間違わない(斧が欲しい場合は匠、など)
  • できるだけ測量スキルを上げる(100以上が望ましい)
  • できるだけ幸運を積む(2000程度が現実的なライン)
  • できるだけPTメンバーは少ないほうが、「少数精鋭」の良いアイテムが引けるので、やや推奨

でしょうか。

D型新PC用電源についてレビューのようなもの(SSR-600TL)

けっこうやることが詰まっていて、それなりにてんてこまいな状態になっています。
エイです。

2019/07/07発売予定のRyzen 3xxx番台、楽しみです。
(D型用にRyzen 7 3700Xを購入する予定です)
当初の予定である2018年末から約半年、待ったなぁ…

しかし、我が家には流用できるパーツがほぼ無い(メモリもDDR3までしか家にない)ため、新造することになりました。

現在、各所から必要なパーツを調達している(記事執筆時点で、残りはCPUだけ)のですが、今回は先に「電源」だけ、ちょっとテストした結果などを記載しておきます。

他のパーツ類は、実際にD型のマシンを組んだ時に別途検証する予定です。

続きを読む →

気まぐれUO日記+イラスト:EX槍試合向け反射装備ネタバレなど

エイです。
ちょうどイラストが完成したので、先に北斗のEX槍試合のネタバレなどと一緒に公開します~
なお、イラストは、5月に出雲で開催された、「第一回出雲EX槍試合」での装備です。
活躍の機会に恵まれませんでしたが…(汗)

参考リンク:
きまぐれUO日記:第9回 北斗EX槍試合に参加してきました!
きまぐれUO日記:第1回 出雲EX槍試合に参加してきました!

詳しい内容は折返しにて~

続きを読む →

気まぐれUO日記:格闘家への道:ダブルライダー作戦によるT-REX討伐

エイです。
久々の格闘戦の記事になります。

討伐記録(T-REX)

  • 討伐対象:T-REX(イオドーンのクエスト討伐対象)
  • 討伐場所:イオドーン Sakkarah族の村の北側地域
  • 参加人数:二人(D型の格闘家とE型の格闘家)
  • レギュレーション:通常スペルブックあり、虎モード

一度、実験のために挑んではいたのですが、まったく時間内に倒せる気がしなかった、
イオドーンのティラノことT-REXをなんとか倒してみよう、ということになりました。

一人で挑んだときは、HPの半分を削るのに、2時間半ぐらいかかってしまい、そこでリスポーンされるという悲劇に見舞われましたので…
(おおむね1時間半~2時間半でリスポーンする)

■T-REXの特徴

  • 非常に高い攻撃力/レスリング値
    • 概ね物理75で50~70点ほどは覚悟する必要があります。そしてレスリングが非常に高いため、回避するのが困難という…
  • 高い物理抵抗と高すぎるHP
    • 格闘の素殴りは最大一撃10点(エネワン/ノックアウト込み)程度。
      HPは50000程度はあったはず。
  • 雄叫び
    • スラッシャーなどが使ってくるものと同一。殴られている最中に硬直を食らうとまず死にます。硬直中でも包帯を巻けるのが救いですが…

■今回の作戦

  1. E型忍者レスラーが分身を張りつつ壁になる。火力は虎変身の出血メイン。
  2. D型不調和レスラーは不調和を入れつつ、横から殴りつける。もしターゲットが移ったら、FoFを狙う。
  3. 各自、包帯は相手にしか巻かない(クロス包帯)。よほど危険な場合のみ、自分に巻く。

討伐ログ

まずは会場整理です。
この辺りはほかの恐竜勢もけっこううろうろしているので、整理しておかないと大変なことになります。
(皆HPが高すぎる…)

さて、会場整理が完了し、相方を召喚していざ戦闘開始!
あらかじめ忍術マスタリに変更後、トラに変身しておき、5分おきのトリンシックローズに分身を中心に戦います。
今回は相方への包帯を忘れずに…

相方はまず不調和を入れるところからスタート。
不調和が入ったら、ターゲットが適度に来ること(FoFは反撃での発動であるため)を祈りつつ、ひたすらRanpageで殴り続けます。

…しかし、少ししたところで、相方に打撃が集中してしまって、一度死亡。
相手の攻撃力のほうが、こちらの回復力より高いため、張り付いたままでは死んでしまうのです…
(緊急時の自分包帯は、殴られるとまず滑るので期待できない)

近くで蘇生して再開。
とりあえず分身の身代わり率85%のうちがメインターゲットとなって、じりじりとダメージを与えます。
相方のほうはやることがあまりない状態ではありますが、たまーにターゲットが移るので、その時には備えておきます。
あとは分身を抜けてきた分でこちらが死ぬ可能性がある(特に分身0のときに硬直を食らう、など)ので、クロス包帯は維持し続けます。

半分まで来ました。ここまで所要時間は20分少々。
危ない場面は少しありましたが、順調と言って良い感じです。

T-REXは特段回復能力を持っているわけではないので、単純に削りきれば勝ち、となるのも大きいところ。

なお、こちらのダメージは、不調和入りで 以下のような感じです。

  • 素殴り:6~10(格闘マスタリがない場合は2~6点程度)
  • ブレイサーのLT:21~30
  • トラの出血:20点ぐらいから徐々に下がる

そしてあと少しまで来ました。
…が、FoFのために欲を出しすぎて死亡。
その場で包帯が巻けたので、すぐさま蘇生して続行です。

特に逃げ出すわけでもないので、追いながら戦わなくても良いところは楽な点ですが…

そして撃破!
討伐時間は50分強でした。相方の不調和がかなり効果がありました。
(たぶん不調和がないと、この1.5倍ぐらいはかかると見込まれる)

とりあえずこの「ダブルライダー作戦」での初の撃破となりました。
格闘家の場合、「倒せない」=「時間が足りない」場合が多いので、今回のような作戦で倒せる相手が増えると良いなぁと思います~

UOにおける槍試合に関するあれこれ(ルールのおさらいと装備/スキルについて)

エイです。

ブログや別サイトのHPの引越しもとりあえず終え、一段落しています。
まだちょっとやらなければいけない事はあるのですが、それはまた。

さて、今回は『「UOにおける槍試合」に参加するにあたり、どんな感じなら大丈夫なのか?

と言う点について、E型の主観を多分に交えながら、簡単に記載してみます。
少しでも槍試合に興味を持ち、参加される方が増えることを期待していますー

■2019/04現在、槍試合が行われているシャード(日本)

・北斗(CS(クラシックスタイル)/EX(エクストリーム)):CS/EXで隔月開催
・出雲:年一回開催
・倭国:月一回開催(ですが、2年ほど前から開催されていない…)

失念していたらゴメンナサイ…

■おおまかな槍試合のルール

・基本的には1vs1。選手は事前に専用ギルドに加入するか、アリーナで試合を行う。
・選手はランスと盾を装備の上騎乗し、対戦相手と向かい合う。
SpMのディスマウントをセットしておく。
・審判の合図をもとに突撃し、相手と交錯する。
・その時、「相手をディスマウントにより落馬させたら」1ポイントが、落馬させた選手に加算される。
・これを繰り返し、先に2ポイント先取するまで繰り返す。
・選手死亡は仕切り直し(北斗EXルールを除く)

という感じです。
これはうちの過去の記事を参考にしていただければ、だいたいのイメージがわかると思います。

きまぐれUO日記:第12回 北斗CS槍試合に参加してきました!

きまぐれUO日記:第8回 北斗EX槍試合に参加してきました!

さて、その上で、「槍試合に参加し、楽しみ、かつ勝つため」の構成とはどんなものになるでしょうか?
今回はそれを少し見ていこうと思います。

続きを読む →

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用電源工事顛末記

イナムラ総研横浜支部:エアコン専用回路敷設顛末記

Author:試作E型

エイです。
引越しから1ヶ月ちょっと経過して、だいぶ生活も落ち着いてきました。
溜まっていたお絵かきなども進めつつ、いろいろと必要な部材を調達したりしています。
(前の家は「たぶんまた後で引っ越すことを前提」として住んでいたので…)
長期的に見て必要だと思う部材には、あまり手を出さないようにしていました。

最近は植木用の鉢(巨大)とか、それ用の土(10Lでは足りない…)などを買い出したりしました。
シャコバサボテンの鉢がもうパンパンなんですよね…

さて、引越しの時の話でも取り上げていましたが、エアコン用の専用電源の工事にまつわるお話を、簡単ですがまとめてみました。

なお、自力でやるためには「第二種電気工事士」以上の資格が必要になります。
高専の電気科に行っていれば取得できたのですが…
(うちは情報科でした)
これは余談。

以下、詳しい説明は折返しにて。

続きを読む →