お絵描き向けLinux環境の構築テスト中

Linuxでのお絵描き環境について

Author:試作E型

エイです。

現在、タイトルの通り、
「何とかLinuxでお絵描き環境を構築できないか?」
と言う実験をしている最中です。
絵描きと平行、かつ環境構築をやりなおす機会が非常に多いため、なかなか選定が進みませんが…

現在、Windows7Pro+Photoshop(古め)と言う環境でお絵描きをしているわけですが、
・将来的な話として、Windowsをこれ以上使い続けたくない(スタンドアロンOSとしての道が無さそう)
・クラウド製品には手を出したくない
・ついでにAdobe製品からも離れたい

という、ややへそ曲がりな感じになっていまして。

でもDirectXに依存しているゲームだけはどうにもならないので、もうしばらくWindowsなんだろうなぁ、とか。(なのでOpenGL陣営として、Vulcanに期待しているわけですが)
これは蛇足ですが。

そこで、昨年末あたりから、ちょこちょこっとお絵描き環境変更のアプローチをしています。
乗り換え先となる予定のLinux環境下でも使える、となると、
・GIMP(Photoshopの総合お絵描きツール)
・Krita(Painter基準のお絵描きツール)
・MyPaint(PainterClassic基準のお絵描きツール)

などなど。一応これらはWindows環境下でも動作確認ができます。MyPaintはちょっと厳しいですが;
尤も、これ以外にも検討対象(PintaとかInkSpaceなど)はあるのですが。あくまで現時点で検証ができているものです。
また、Windowsのままで良いなら、商用だと
・SAI
・CripStudioPaint(個人的には使いたくない)
・PaintShop Pro
無償なら
・FireAlpaca
・Pixia
などもあるのですが…Windowsから離れるとなると、選択肢から外れます。
一応、FireAlpacaならばそれなりに作業実績があるのですが。

さて、ソフトの選定はある程度できたのですが…
ここからは実際の環境構築にまつわるお話です。

続きを読む →

Linuxメモ:Intel CPUでTurboBoostのON/OFFを設定する

題記の通りのメモなので、乱文乱筆お許しあれ。

※15/04/16 起動時に自動的にTurboBoostをOFFにする方法を追記。

・Linuxインストール時、デフォルトの状態ではTurboBoost機能は有効になっていることが判明したが、ノートPCのBIOSからでは該当機能のON/OFFができないため、OS上から設定を何とかして変更したいという事になった。

 確認方法としては、i7z-GUI上でクロックを確認しつつ、top -d 0.0001を2プロセスほど走らせるとTurboBoostが有効になるので、一番手っ取り早い。
 
 ※通常のcpuinfoで取得できる情報($ cat /proc/cpuinfo)からでは、TurboBoostがかかっているかどうかは判断できないので注意。

 
 対策としては、msr-toolsをインストールして、手動でTurboBoostをOFFにする。

 参照リンク:My Tech Notes : A script to disable and enable intel cpu turbo boost on Linux

 具体的には、

 $ sudo apt-get install msr-tools

 でmsr-toolsをインストールしてから、

 $ sudo wrmsr -pi 0x1a0 0x4000850089
 (-piのiはコアナンバー。自分のノートPCの場合、-p0~-p3まで4回コマンドを発行する)

 を実行してやることで、TurboBoost機能をOFFにすることができる。
 
 TurboBoostを再びONにする場合は、以下のコマンドを実行。
 
 $ sudo wrmsr -pi 0x1a0 0x850089
 (-piのiはコアナンバー。自分のノートPCの場合、-p0~-p3まで4回コマンドを発行する)

 共通コマンド:コアナンバーの確認

 $ cat /proc/cpuinfo | grep processor

※なお、PCを再起動すると設定が元に戻ってしまうため、毎起動ごとにコマンドを実行するか、参考リンクのようにスクリプトを書いておいたほうが良い。
 自分の場合も設定用スクリプトをhomeに置いて、起動時に実行するようにした。

現在使用しているメインマシンも、Intel CPU(Xeon E3-1231 v3)なので、Linux環境に移行した際にはお世話になるはずだ。
 (まぁ、デスクトップPCならば、BIOS設定でTurboBoost機能を無効にすれば済む話ではあるのだが…)

ちなみに、TurboBoost ON/OFF時における “top -d 0.0001” コマンド3プロセス発行の消費電力及び温度は以下の通り。

 ・ON: 32-33W 最大温度75℃
 ・OFF: 23-24W 最大温度61℃

Windows側とほぼ同じ消費電力及び温度差が出るため、自分の環境下ではOFFにしていたほうが望ましい。

15/04/16 追記部分

・ログイン時に自動的にTurboBoostをOFFにする方法
/etc/rc.localに以下の1行を追加。

 echo 0 > /sys/devices/system/cpu/cpufreq/boost
 (編集にはスーパーユーザ権限が必要)

編集後、再起動もしくはログアウト/ログインで自動的にTurboBoostがOFFになる。

TurboBoostを再度ONにする場合は、

 $sudo su
 #echo 1 > /sys/devices/system/cpu/cpufreq/boost

と、一度スーパーユーザになってからコマンドを発行すれば良い。
(sudoコマンドを直接かませると、うまく行かないので注意)

…こっちのほうがスマートにコマンドを発行できるなぁ。調査してくれたE型に感謝!

[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2+RaspbianのChromiumをアップグレードする

RaspbianのChromiumを更新する
Author:試作E型

2016/01/08:追記。Debian8リリース後は、libc6はJessieのリポジトリから持ってくるようにする必要があった。

前回の記事で、Raspbian上でのChromiumで何とかFlashPlayerを動かしたわけですが…
[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2+Raspbianで何とかFlashを動かしたい

普段、メインマシンで使っているブラウザ(Firefox)では、
・広告除去のためにAdBlockPlus/それ相当の広告ブロックツール
・無用なスクリプト実行阻止のためのNoScript
・表示要素ブロックのためのAdBlockPlus ElementHider/Remove It Permanency(RIP)

が入っています。
これのおかげで、*目障りな*モノをだいぶ見ずに済んでいるのですが…

RapbianのリポジトリにあるChromium(22.0.1229.94)のバージョンだと、Chromeストアが使えない;
この関係で、ChromeExtention(拡張機能)が軒並み使えないと言う状態です。

仕方なく、googleで検索し、「古い」バージョンのAdBlock 2.5.54(Chromium 22で動作確認されている)を使ってたり、
一応manifest.jsonを手動で書き換えれば無理矢理新しいものも動く「場合がある」ので、その方法でAdBlock 2.19を入れてみたりしていました。
これには要素ブロック機能もあるため、最低限は使えるのですが…いかんせんメモリ使用量が重量級。
メインメモリ1GB(うちGPUが128MB占有)の状態では、かなり厳しいと言わざるを得ません。
ブラウザそのものも古い、と言うので心配な点もありますし。

と言うわけで、何とかChromiumだけでも更新したいなぁと考えた次第です。
結論としては無事できました。

続きは折り返しにて~

続きを読む →

[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2+Raspbianで何とかFlashを動かしたい

RaspberryPi2(Raspbian)でどうしてもFlashが使いたい
Author:試作E型

とりあえずRaspberryPi2を「低価格パソコン」として使う方向で弄っているわけですが…
つっかかる部分がけっこうありました。

その一つと思われる、Adobe Flash Player関連のお話です。

現在はできるだけHTML5に移行しているようですが、まだまだリッチコンテンツのコンテナとして稼動している例が多いように思われます。
YouTubeのHTML5プレイヤーはまだ大分重たいですし。

そしてLinuxだと、このFlashPlayerが単体で提供されておらず(ディストリビューションによっては入手可能)、さらにARM版となると、まともなビルドが無い、と言うレベル。
(RaspberryPi2のCPUであるBCM2836はARMv7)

一応、デフォルトブラウザのEpiphany+Gnashで何とかYouTubeは視聴可能ですが、
・シークバーを弄ると、ブラウザが落ちる
・動画の連続再生時には、ブラウザのリロードが必須

と言う感じで、あまり使い勝手は良くありません。

動画だけならOMXPlayerGUIにURLを送ると再生できるので、何とかなっているのですが、それでも
・シークバーが再生時間に連動していない
等の問題はあります。

そしてそれでも解決しない、Flashに依存したコンテンツ関連。
例えばニコニコ動画などは、Epiphany+Gnashでは再生すらできない状態。
あまりアクセスしないとは言え、Sims3関連の動画とかを見たり、YouTubeに無い音楽などを聞く時には使うから、再生できないのは困りもの。

…と言うわけで、何とかしてこれらのFlashコンテンツを再生しよう、と言うのが今回の目的です。

続きを読む →

突然Sims3解析日記:作成物の使用パッケージ確認ツール「s3dc」の作成 Ver0.2.0

Sims3DependencyChecker v0.2.0

Author:試作E型

エイです。
Sims3建築祭用のLotを考えたり(SS部門専門ですが、一つ二つは作成済み)とか、暑中見舞のイラストの準備をしたりとか、色々やっています。

その関係だったのですが、前回の記事(突然Sims3解析日記:作成Lotの使用パッケージ確認ツールの作成)で、自作のEP/SPチェッカーを作ったわけです。

今回はそのバージョンアップを行ったので、それの公開も兼ねての記事になります~

ツールは以下からダウンロードできます。
Sims3 Dependency Checker(s3dc) v0.2.0 == Download(Dropbox)

主な変更/改良点は以下の通りです。
.Jarから.exe形式に変更(Launch4jでラッピングしただけ)。必須JREがインストールされていなければ文句を言うようになりました。
ルック&フィールをMetalからWindowsに変更。少し使いやすくなったかな?(特にファイル選択メニュー)
アプリケーションアイコンの追加。(フリー素材+自作。ターゲットが.sims3packファイルなので、○じゃなくて□の方がよかったかも) ただしウィンドウのアイコンはJava標準のままです。
なおアイコンそのものはやや荒いです。作り込んでないからなぁ

EP/SP以外のコンテンツ(CC/Storeコンテンツ)の数のカウントが可能になった※。CC/Storeコンテンツかどうかの区別は行えていないのでその点には注意。
EP/SPに発売日順の番号を付与した(但し発見順のため、ソートはしていない)
・SP08:70’s 80’s 90’s Stuffの略称を(789)から(70)に変更。(比較的どうでも良いけど)
・XMLデータ表示部分を、読み込み完了後に先頭から表示するようにした

※Storeコンテンツでも、「Packageエレメントに記載があるもの/ないもの」があるため、一概に区別できず。
よって、EP/SP以外のコンテンツがDependencyエレメントに認められた場合、CC/Storeコンテンツとしてカウントするようにしています

Sims3DependencyChecker v0.2.0
例)CC/Store品が含まれていないLotを読みこんだ結果

早い話、ここで「No CC/Store used」と表示されれば、「クリーンな」作成物と言える…はず。
GUIDがどのオブジェクトかが分かれば良いのだけど…バイナリ部分でも見てみないと無理かな(汗

バグなどがあれば proto_type_e@inamura-glab.sakura.ne.jp まで。
またはこの記事のコメントでもOKです。

以下、作成にまつわる余談になります。

続きを読む →

突然Sims3解析日記:作成Lotの使用パッケージ確認ツールの作成

Author:試作E型

唐突ですが、Sims3のLot建築の関連で、

・今、自分で作成したLotで、どのEPを使ったのかいまいち覚えていない
・人が作ったLotなどで、何のEPが使われているかが分からない

と言うことが発生したりしています。
手前は確認をすれば良いだけなのですが…

MTSなどにアップする場合、自分で「使用しているEP/SP」にチェックを入れないといけないため、
特に使用しているEP/SPが増えると、確認が大変になります。
目視で確認するにも、見えづらい位置に置いてしまっていて確認がしづらい、と言うことも発生し得るわけで。

しかし、それをチェックするツールは、現時点(2014/07/16)では存在せず、
1. ゲーム内での目視確認(建築途中であれば、パッケージごとのフィルタ機能で絞りこみは可能)
※「うっかりフィルタの初期化を忘れていたりして、別なものを入れている可能性」はある。
2. .sims3pack形式のファイル(テキストとバイナリのコンポジット)をUTF-8対応エディタで開き、直接文字列を読んで確認する
※エディタによっては、.sims3packの先頭17バイトがバイナリデータのため、うまく読みこめない可能性がある
の二つの方法しかありません。

前者1.の方法で確認を取っている人は多いと思いますが、これだと「他人の作ったものを確認する」ことができません。
(うっかりミスなどのチェックが不能)

そこで、2.の方法を自動で行なえるツールとして、Sims3 Dependency Checker(s3dc)を作ることになりました。
まぁ、JavaとEclipseの使い方のお勉強も兼ねて、と言うのが副次的な目的なのですが(何

さて、ツールとしての説明を以下に記載しておきます。
以下からダウンロードできます。
Sims3 Dependency Checker(s3dc) == Download(Dropbox)

・システム要件
JRE(Java Runtime Edition) 1.7以降がインストールされているシステム。OSについては不問(のはず)です。
レジストリや一時ファイルなどは一切使用しません。

・使い方
1. s3dc.jarファイルを起動。(大抵はファイルをダブルクリックでOKのはず)
2. 左上のボタンをクリックするとファイル選択ダイアログが開くので、調べたい.sims3packファイルを選択する
3. ファイルが無事開けたら、.sims3pack形式のXMLデータ、及び依存関係を表示します
4. 終了したい時は右下のQuitボタンから。

S3DC_Sample.jpg
SSです。使い方の参考としてどうぞ。

・アンインストール方法
s3dc.jarを削除するだけです。

色々と機能は少なかったり足りなかったりしますが、「テスト版」として使える段階にはなっています。
(今後実装したいが、現在のところ制限されている機能)
・CC/Storeコンテンツ有無の確認
・ファイルのドラッグ&ドロップへの対応
・大量のCC(おおよそ100種類程度が目安)が使われているファイルに対する問題への対応

とりあえず使い方の解説はここまで、以降は内部についてのお話です。

続きを読む →

VMWare上でのCentOS 6.4(64Bit版)動作テスト

※2013/08/19 表記ミスが一部あったので修正。

何か新しいことが出来ないものかなぁ・・・と日々悶々としながら過ごしています。
相変わらずのD型です。

今回はふっと「Linux辺りで個人ユースのサーバでも打ち立てられれば、何か新しいことが出来ないものかなぁ」と思い立った関係で、その手始めとして、現在稼動しているマシン上にVMWareを導入して、その中で仮想マシンとしてLinuxを起動させてみようかなぁ・・・とモソモソ実験を行ってみました。

VMWare+Linuxについては昨年6月だかに一度導入したことがあるのですが、その時はFedora17(確かそうだったはず・・・)を使用していて、「仮想マシンとはいえ、随分と重いなぁ・・・」と大した操作もやらずに放置してしまっていたのをうっすら覚えています(汗

今回はLinuxの当世事情や基本操作の最習熟も兼ねながら、(もしかしたら)別PCでのサーバ構築も視野に入れて少しずつ勘を取り戻していこうかなと思います。

※必要な注釈とかを色々混ぜ込んだらえらい長くなってしまった上にスクリーンショットを撮影しまくるハメになりました; 気長に読んでくださいまし。

続きを読む →