きまぐれUO日記:♀ガーゴイル投擲キャラの構築と、専用衣装の作製。

 

 

どうもダイです。

先月に引き続き、超大型の台風が絶賛接近中ということで、戦々恐々としています。
多分逸れてくれないだろうから、また眠れない夜になるんだろうなぁ…(汗

 

現在は、できる対策を可能な限り施している最中です。

 

さて、それと並行しながらになるのですが、ふっと

「サブアカウント側に遠距離攻撃キャラがいないな…」

と思い、それならせっかくだしガーゴイルで投擲キャラを作ろう!ということになりました。

 

今回はそのキャラクターの構成及び、専用装備のお披露目になります。

 

例によって長いので折り返しますね。

 

 

続きを読む →

気まぐれUO日記:E型メインキャラ向け装備「Publish106対応幸運装備:アビスの魔曲家」作成

エイです。

Publish106が来て、フェローシップショップにお目当てのレシピが追加されたので、以前から画策していた、「幸運装備の更新」を行ってみました。
どうにかして「幸運メンポ」を投入してみたかったのですが、見た目が…というところに、「エレガントカラー」という新しい首防具が追加され、そのレシピ品に「幸運のエレガントカラー」なるものが追加されたので…

ベースとなっている装備はこちらです。
(参考:気まぐれUO日記:E型メインキャラ向け装備「幸運装備ほぼ最終型:プレートメイジ」作成)

これ以上の更新は、あと武器ぐらいしかない状態です。
(アクセサリはスキルブーストが必要+キャストリカバリがいくばくか必要なため、理論値ではこのあたりが限界)

と言うわけで折り返しです。

続きを読む →

きまぐれUO日記:第15回 北斗CS槍試合に参加してきました!

 

どうもダイです。

 

昨晩は珍しく夜更かししてしまったため、大変眠たいです><
まぁ楽しかったからよかったのですが!
たまにはこういう日があってもいいよね…

 

さて、題記の通りですが、09/21の21:45より、北斗シャードのトリンシックマーケットプレイスにて、第15回、北斗CS(クラシックスタイル)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

 

画像が多いので折り返しますー

 

 

 

続きを読む →

UO:Publish106″Forsaken Foes” 軽く解説とバグへの注意喚起

Publish106が、2019/09/17付でワールドワイドリリースとなりましたので、軽く解説と、現在までに判明している問題点などを記載しておきます。

参考:UO公式サイトのリリースノート(英語)

Publish 106 – Forsaken Foes

■Forsaken Foesでの主な目的(フェローシップシルバー関連)

  1. 「空のソウルバインダー」を作成し、バックパック第一階層に所持しておく
  2. 海系の敵/ボスから、ソウルを回収する(回収したソウルはソウルバインダーにチャージされる)
  3. ソウルが溜まったソウルバインダーを、フェローシップ教団に提出し、「フェローシップシルバー」と言うポイントに交換してもらう
  4. 交換したフェローシップシルバーでリワードをもらう

■空のソウルバインダーの作り方

作成は「ガラス細工」で行います。そのため、錬金スキルが100.0必須になっています。
作成道具の「ガラス吹きパイプ」ロイヤルシティのアルケミストが販売しています。

空のソウルバインダーの材料は

  • 砂:20個
  • エセリアル砂:5個

で、成功率は10%となっています。
失敗時は上記2つの材料をある程度失ってしまうため、

  1. 「ガラス細工作成ボーナス」付きタリスマンを用いて成功率を上げる
  2. 何らかの生産マスタータリスマン(カテゴリは何でも良い)で、失敗時の素材ロスをなかったことにする(タリスマンのリチャージは「ルーンの小枝」で行う)

のいずれかの方法を取ることになります。
前者は「通常の砂の量に余裕がある」「作成にあまり時間をかけられない」場合、後者は「通常の砂の量に余裕がない」「作成に時間はかけられる」という使い分けになるかと思います。

通常の砂は、採掘GMのキャラクターが「良い砂の見分け方」(ロイヤルシティのNPCアルケミストが販売)という本を読んだ上で、「砂地」をシャベルやつるはしで掘ると出てきます。(一回の採掘につき1個、フェルッカなら2個出てくる)
また、海賊船の積荷に、稀にそこそこの数が入っていることがあります。

エセリアル砂は入手方法は2通りあり、

  1. ミノックに追加されたNPCから購入する(単価112gp/1アカウントあたり、500個単位で5000個まで購入可能/EJは購入不可(商品引換券の形で出てくるため)/在庫はコーガルが討伐されるたびにリセットされる)
  2. コーガルを討伐した時に、大量(約90000~95000個程度)にばらまかれるものを回収する

のいずれかになります。

■ソウルの貯め方

空のソウルバインダーをバックパックの第一階層に置いた上で、「ソウルバインド」属性の付与された敵(色がオレンジ色になっている/名前の下に「Soul binder」と表記)を倒すことで、ソウルバインダーにソウルがチャージされます。

ソウルバインド属性の付与された敵はおおむね以下の通りです。

  • コーガル/スカリス/カリュブディスなどのHSボス
  • コーガルの手下/カリュブディスの足などのHSボス取り巻き
  • 海賊船の船長/船員(商船含む)/灯台船の船員/灯台船の周囲に発生する海洋生物(灯台船は除く)
  • トレハンの箱から「最初に一回だけ出てくるガーディアン」のうち、「テイム不可能な生物」

です。

溜まったソウルの目安は以下のとおりです。

  • Measure個のソウル:空ではない~1%未満
  • Grand個のソウル:1%~25%未満(青色)
  • Exalted個のソウル:25%~50%未満(緑色)
  • Legendary個のソウル:50%~90%未満(オレンジ色)
  • Mythical個のソウル:90%~100%(紫色)

おおむね、一番ソウルを所持しているHSボス(及び海賊船船長)で、一匹あたり7214ポイント(1瓶の最大は10000ポイント、72%前後)チャージされます。
雑魚の場合、確認できたチャージ量は以下のような感じです。

  • トレハンガーディアンのタイタン:1ポイント
  • トレハンガーディアンの黒閣下:137~139ポイント
  • コーガルの手下:10~50ポイント前後?
  • カリュブディスの足:20ポイント前後
  • 灯台船周囲の海洋生物:1~10ポイント前後?

なお、状況はまだ未確定なものの、これが複数回分一気に貯まる(最大で6本分フルチャージ(合計60000ポイント)まで一気に溜まった)こともありますし、何故か少しも貯まらないこともあります。
主に「非パーティメンバーが支援/攻撃などを行っている」場合に発生するような感じ”ですが、確定状況が判明していません。
ソウルの合計数は明らかに増えることだけは確定しています。

このため、ソウルを貯めることを目的とした場合、「空のソウルバインダーを複数本(できれば6本以上)携帯しておく」ことが必要になります。
瓶がすでに満杯、もしくは所持していなかった場合、貯まるはずのソウルは消滅してしまうので、それを避けるためです。

■ソウルとフェローシップシルバーとの交換

溜まったソウル(「~個のソウル」表記になっているソウルバインダー)は、フェローシップの家にある「エセリアルソウルクレンザー」という水色の箱にドロップすることで、「フェローシップシルバー」と交換することができます。

交換レートは「溜まったソウルの量(100%を10000とする)=フェローシップシルバーの量」です。
貯まりきったMythicalの瓶を収めると、10000フェローシップシルバーになります。

なお、貯めておける上限は300000フェローシップシルバーまでで、この値を超えるように瓶を収めることはできません。

■フェローシップシルバーとリワードの交換

リワードは、フェローシップの家近くにいるNPCから、フェローシップシルバーと交換する形で入手します。

なお、2019/09/21時点では、まだ全ての実装予定のリワードがリストにあるわけではありません。
(月ごとに追加するタイプだと思われます)

かぼちゃの手漕船がほしい人などは、おそらく10月の実装(ハロウィン時期)になると思われるので、それまでにフェローシップシルバーを貯めておきましょう。

■HSボス討伐にまつわる注意点(2019/09/21現在、未修正のバグ)

記事執筆現在、HSボス(コーガル/スカリス/カリュブディス)について、大人数で倒した場合、「死体が残らない」バグが発生しています。
最初に確認されたのは、先行リリース時の出雲シャードで、以下のような状態でした。

  1. 2019/09/10:カリュブディスを30人規模で討伐、死体が消えた。(本来釣り上げた人に入るはずのAF入手のメッセージも出ず)
  2. 2019/09/11:スカリスを30人規模で討伐、3体討伐するも、全て死体が消えた。
  3. 2019/09/16:スカリスを20人ちょうどで討伐、死体が消えた。直後、10名前後の2班に分けて討伐した4体(2体x2班)は死体が残った。
  4. 日付を失念してしまったが、スカリスを14人で討伐した時には、死体が残った。
  5. 2019/09/19:ワールドワイド適用後、北斗にてコーガルを10名で討伐した時には、死体が残った。

なお、いずれの場合もソウルだけは通常と同じように貯まるのを確認しています。

本件に関しては、09/10、09/11の時に2度バグレポートは運営側に送付済みですが、ワールドワイド時点では修正案内が出ていません。

棺桶がないのはもちろんのこと、本来ボスが所有しているAFドロップの判定も消失するため、かなり深刻なバグになっています。

対策としては、修正されるまでの間は「15名程度以下で討伐を行う」ことを強く推奨します。

きまぐれUO日記:出雲♀騎士のビルド変更と、PUB106スパイク鞭衣装の作成。

 

どうもダイです。

 

涼しくなってきたのは良いのですが、気温の乱高下が発生しまくっているため、体調管理がやっぱり辛いという日々が続いております><

大変眠い…

しかもUOにもPub106が導入されたため、そちらの検証などでもてんやわんやという状態なので、毎日体力を限界まで酷使しております。

 

…さて、PUB106の報酬もだいぶ貯まってきたことだし、かねてより考えていた、出雲♀騎士のビルド変更および、それに最適化された装備の作成に取り掛かりました。
検証などで忙しくはあるのですが、たまには息抜きも必要ですね(何

例によって長いので折り返しますね。

 

 

 

続きを読む →

きまぐれUO日記:第10回 北斗EX槍試合に参加してきました!

どうもダイです。

眠い目をこすりつつの記事作成になります。
やっぱり槍試合の記事は時間がかかる…

さて、題記の通りですが、08/24の21:45より、北斗シャードのニューヘイブンアリーナにて、第10回、北斗EX(エクストリーム)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

今回は大変画像が多く、記事も長いので、折り返しておきますー

 

 

続きを読む →

きまぐれUO日記:北斗♀テイマー用、量産型(?)見えない衣装-極の作成。

 

どうもダイです。

 

体調は持ち直してきていますが、中々寝付けない日があったり、まだまだつり橋を渡るような体調です。
それでも1日の活動量は増えてきているので、良いことではあります。

 

さて、今回は見えない衣装-極の北斗♀テイマーバージョンを「できるだけローコストで」作成してみました。
結果としては確かにローコストにはなったのですが、別方向で大苦戦することに…><

 

 

例によって長いので折り返しますね。

 

続きを読む →

きまぐれUO日記:PUB105向け特殊強化ペット(スキル不要強化Vollem)の育成。

 

どうもダイです。
連続投稿になります。

PUB105でトレジャーハントにテコ入れが入りましたが、それ用に現在使っている、スキル値不要の強化Vollemが微妙に使いづらかったため、それの最適化を兼ねて、特殊なペット強化にまつわるお話などをまとめてみようと思います。

 


 

Vollemの入手先など

  • UOSAパッケージの特典アイテム(当時1パッケージにつき1個、封印の水晶がついていた)
  • クリンナップブリタニアの報酬(500,000ポイント)

どちらも出てくるVollemの性能は全く同じです。

アイテム画像をペタリ。

 

 

スキル値不要強化Vollemへの注意点など

  • 基本スロット3→5
  • 基本テイム値-18.9(表記は0.0)
  • 1回の強化訓練につき、テイム値は2.4上昇する(表記は小数点以下切り上げだが、内部データは小数点以下をそのまま保持している)
  • 要求テイム値が表記30.0までなら、コントロール値は0を維持する
    また、各スロットでの”最初の1回”の強化訓練には、回数を8回分として計上する
  • →強化訓練回数は、合計12回(2スロット分強化するなら、合計4回)まで

初期状態のVollemの性能は以下の通りです。

形容するなら「乗れないけどコントロール値0のナイトメア」だと思ってもらえれば解かりやすいです。
そのままの性能でも、釣りや採掘の護衛あたりには十分活躍してくれます。

また、こいつは魔法系生物なので、せっかくなのでトクノ諸島で召喚させておきます。
(一応武士道と忍術を選択可能なようにしておくためだが、今回は取得させる予定がないため別段意味はない)

 

 

上記の内容をいろいろと踏まえつつ、とりあえず育成開始です。

 


 

 

訓練前の下準備

  • 適当なスパーリング相手で、DEX/INTを125まで伸ばしておく
  • 訓練開始ボタンを押下できるようにするため、およびテイム値30.0まで訓練するために、動物学と調教を+15ずつしたアクセサリ(リング/ブレスレット合計で+30ずつ)を装備する

アクセサリは、強化訓練終了後は外してしまって構わないので、一時的なブーストです。

また、ステータスはポイントもさることながら、スタミナ120以上にしておかないと、訓練時に大変まどろっこしい思いをするので、今のうちに上げておきましょう。

 

3→4スロット

  • 相方のバードメイジと、ダンジョンシェイムのUnbound Energy VortexとCrazedでスパーリング

(Vollemは物理以外の抵抗値が低いので、これらのモンスターで訓練する場合、鎮静マスタりー、不調和などが必須)
(ソロの場合は、ダンジョンロングのCave Trollあたりが妥当)

バーストタイムを有効利用して、15分程度で完了。

 

強化訓練内容

  • Armor Ignore
  • 格闘110
  • 物理抵抗80
  • 炎抵抗80
  • 冷気抵抗65
  • 毒抵抗65
  • エネルギー抵抗70
  • DEX150
  • スタミナ150
  • INT700
  • HP回復20
  • マナ回復11

以上

(余った1ポイントは破棄)

 

 


 

 

強化完了直後のステータスは以下の通りです。

 

抵抗値の計算をちょっとミスして、トータル360点(本来の上限はトータル365点)で配分してしまいましたが、今回のケースだと365点全部振るとマナ回復の帳尻が合わせづらくなるため、これで結果オーライということにしました。
(総訓練回数12回の厳しい制限があるため、同一項目の微調整はやってはいけない)

なお、これまで使用していた強化Vollemは、冷気抵抗を初期値のまま、DPSを18-25に上昇させているスタイルだったのですが、トレハンに関しては以下の問題を抱えていました。

  • 基礎DPSが16-22もあるため、攻撃力寄与が12%程度しかない
    (ここから魔法/ブレス使用で寄与率はさらに減少)
  • 冷気抵抗が抜けているため、トレハンガーディアンのネクロ勢のウィザーが大変痛い
  • 同じ理由で、コールドドレイク/フロストドラゴン相手ではあっさり死んでしまう

 

今回の強化訓練の内容は、それらの弱点を補強する形になっています。

実マナ回復はスキルが育ち切ると最終的に42.20まで伸びるため、このアビリティ構成ならば、マナ125でも十分やっていけるはずです。
格闘は115を読ませようか迷いましたが、ポイント50点のしわ寄せがマナ回復に出るため、110のほうがバランスが良いという結論になりました。

 

 

とりあえず絶賛スキル育成中なので、実践投入は数日後になると思います。
かなり特殊な例ですが、強化ペットのサンプルとして参考になれば幸いです。

※あくまでサンプルですので、個体値によって最終ステータスなどは異なってきます。
必ずTC1でテストを行ってから、実際のシャードで強化訓練をするようにしてください。

 

 

UOデータベース:PUB97以降のペットのスロット評価値計算シートを更新しました(19/08/06版)

 

どうもダイです。

夏バテしまくっておりますが、相変わらずUOはプレイしております。
なかなかイラストが進んでくれないのが目下のネックです。

さて、それは置いておいて、題記の通り、 Publish97以降実装されたペット強化にまつわる自作の計算用エクセルシートを更新しました。

前回の記事が5月2日なので、3か月ちょっと経過していますね。

 

今回の更新部分は大してないのですが、以下のような感じになっています。

  • 誤字脱字、一部の計算ミスを修正
  • 取得アビリティの前提条件などに抜けがあった部分を追記
  • Vollemの初期スロット変更(2→3)に対応

 

このシート自体は、一昨年(2017年)のPublish97実装直後からずーっと時間をかけてまとめていたものです。
ここでは名前を控えさせていただきますが、このシートのデータ調査、検証、意見など、協力してくれた方々にこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。
(実際にかなりの人数の方々の協力があって、このシートは出来上がっています!)

 

該当エクセルシートは、以下のURLからダウンロードして下さい。
(当Blog内のアドレスになります)

PUB97以降ペットスロット評価シート 19/08/06版

 

具体的な使い方に関しては、エクセルシート内に最低限まとめたものを書いてありますが、以下の注意事項を守れる方のみ使用を許可します。

  • 原則として、最低限ペット育成や訓練を行った事、もしくは練成システムについてある程度知識のある人向けの内容になっています。
  • 運用方法については自己責任でお願いします。ペット訓練は原則不可逆なので、このシートを過信せず、かならずTC1へコピーするなどしてテストを行ってください。
  • このシートを使用したことによるいかなる問題について、当方は責任を負わないものとします。
  • エクセルシートの内容について、無断転載は厳禁とします。紹介する場合などは、この記事(もしくはBlogトップ)にリンクを張るようにしてください。
  • 今後のパブリッシュによって内容が変更される可能性が大いにあります。変更点についてはできるだけ追従して更新をかける予定ではありますが、内容を完全に保証することは出来かねます。

 

質問などについては、こちらの記事のコメントで受け付けますが、あまりに初歩的な内容や、注意事項を理解していないと思われる内容については回答いたしませんので、ご了承ください。

また、訓練に適したモンスターは何か?や最強のペットなどんなものか?といった質問は、他の方にゲーム内などで聞くなりしてください。
当方でもゲーム内でならばある程度お答えしますが、Blog側では質問自体を削除させていただきます。

どうしても質問したいという方は、出雲シャードの自分のテイマーキャラである、naokoをPC酒場などで探し出して直接聞いてください。
(北斗シャードにも同名キャラはいますが、こちらのアクティブ率はそこまで高くありません。PC酒場やイベントに出入りしているのを捕まえてください)

 

それでは良きUOペットライフを!

 

UO検証ログ:Publish105:Forgotten Treasureでのトレハン変更点について(マジック戦利品の部)

エイです。
梅雨が明けたと思ったら、今度は昨年並みの暑さですねー…(汗

さて、Publish105 でのトレハン変更点などについて、今回は「戦利品(特にマジック装備品)」を主眼に、執筆現在(2019/07/31)で判明していることを記載しておきます。

罠解除等については、また別途記事にする予定です。

■地図カテゴリについて

従来の地図には特にテーマはありませんでしたが、Publish105以降の地図には、以下のテーマから一つが付与されます。
大雑把な内容物の傾向も併記しておきます。

  • 戦士(主に重武器や盾、プレート系金属鎧など。戦闘系スキル関連)
  • レンジャー(主に弓や鋲鎧系など。野生系スキル関連)
  • 暗殺者(主に軽い武器やプレート以外の金属鎧など。シーフ系スキル関連)
  • メイジ(主に杖やデフォルトが瞑想可の防具など。メイジ系スキル関連)
  • 匠(主に作成品でしか作れなかったもの。生産型スキル関連)

■個別戦利品について

基本となるファセットはトランメル/フェルッカ/マラスです。これらのファセットでは、基本戦利品が生成されます。
なお、以下すべての戦利品の画像は、L3以降の地図から出土したものです。
(パラディンソードだけL2だったかもしれない)

  • 戦士
    基本戦利品:プレート系防具、兜類、杖以外の両手武器及び、軽量以外の片手武器、盾など
    新規ドロップ装備:ドラゴン系防具、パラディンソード(イオドーン限定)
  • レンジャー
    基本戦利品:鋲鎧系防具(ボーンを除く)、ウッドランド系防具、弓、皮剥ナイフなど
    新規ドロップ装備:特になし
  • 暗殺者
    基本戦利品:チェイン/リング系防具、軽量で「毒が塗れる」武器(クリスなど)、一部帽子類(バンダナ)など
    新規ドロップ装備:鞭3種(イオドーン限定)
  • メイジ
    基本戦利品:基本瞑想可の防具、ボーン系防具、杖系武器、一部帽子類(ウィザードハット)など
    新規ドロップ装備:特になし

  • 基本戦利品:斧系武器、「チャージ付き」武器(ツルハシ、鍛冶ハンマー類)、ほとんどの帽子類など
    新規ドロップ装備:サークレット系、ボンネット、キャップ、エルフグラス、シェフのトーク帽(イオドーン限定)
  • 特記事項
    • トクノファセットの場合は、各種カテゴリに対応したトクノ式装備追加
    • テルマーファセットの場合は、各種カテゴリに対応したSA装備追加
    • イオドーンファセットの場合は、各種カテゴリに対応したToL装備追加レンジャー:虎、戦士:亀)
    • イルシェナー/テルマー/イオドーンの場合、近接武器に「破片残留」が付与される可能性がある

トクノでの例。なお笠は匠の地図から出ることを確認。

※以下、まだトレハンの戦利品として出現を確認できていないもの

  • 熊/鹿/部族(2種類とも)/オークマスク
    どうも部族マスクはイオドーンのレンジャーから出るらしいが…こちらではまだ出土を確認できず。

■戦利品の質と量について

L1ではせいぜい「マジックアイテム上級」、L2では「アーティファクト低級」が概ね最大です。
そのため、マジック品を狙う場合は、基本的にL3以降を狙うことになります。
L3からは、最高で「アーティファクト伝説級」までのアイテムが出る可能性があります。
L4以降は、戦利品の質自体はほぼ変更がありません。(レベルが上がると、分布が変わらず量が増える)

戦利品の「質」、「掘った人の幸運値」に影響を受けます。
具体的には不明ですが、アイテムの予算ポイントが、幸運判定により増加するような感じです。
また、フェルッカでは幸運+1000相当のボーナスがあります。

また、「掘り出した時の箱ので、中身の予算の幅が影響を受けます。→鉄→の順に良い)
箱の色は、「掘った人の測量スキル」に影響を受けます。
あくまで「幅」なので、錆箱でも一番よい場合はアーティファクト伝説級が出るときもあります。(ただし強度が低い)

戦利品の「量」は、「掘った時の、箱から一定距離以内にいたPTメンバーの人数」で増加します。
ただし、箱の予算ポイントそのものはあまり増えないため、戦利品一つあたりの質が低下する傾向が強いです。

■戦利品のプロパティについて

基本的に「接頭/接尾辞は1つまで」という特殊な制限がかかっています。
通常ドロップの場合、アーティファクト上級クラスより上のアイテムは、「接頭/接尾辞が2つとも付与されている」のが普通です。

例1)(通常の「ダブルワード」)

例2)(トレハンの「シングルワード」)

片方のワードは、「付与されている全プロパティの半分まで」しか影響しないため、残り半分はワード種に影響を受けずに抽選されます。
このため、擬似的な「無ワード」扱いのものが生成されることがかなりあります。
(例外として、抵抗値は+15だけ、どのワード種にも含まれずに付与されるパターンがある)

例3)言霊の/魔術+疾風の/速攻系のダブルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」と、疾風~の「スタミナ系プロパティ」以外は各抵抗+15のみ。

例4)言霊の/魔術系のみのシングルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」以外に、HP回復や装備条件、命中、抵抗+20などを引いている。

■戦利品(マジック品)についてのまとめ

マジック関連についてはこんな感じでしょうか。
簡潔にまとめると、

  • とにかくL3より上を狙うこと
  • 欲しいアイテムのある地図カテゴリを間違わない(斧が欲しい場合は匠、など)
  • できるだけ測量スキルを上げる(100以上が望ましい)
  • できるだけ幸運を積む(2000程度が現実的なライン)
  • できるだけPTメンバーは少ないほうが、「少数精鋭」の良いアイテムが引けるので、やや推奨

でしょうか。