E型:機械のBuddy(PC)作成レポート(組み立て編)

エイです。

ここ1~2ヶ月前から思案しながら、なんとかできないかな?と思っていた、

自分用PCの作成

がようやくひと段落着いたので、今回の経緯などを色々と書いてみます。
もしこういった構成で組むことがある人へのメモと言う意味でも残しておきます。

■設計コンセプト
・現在使用中のマシンより省電力であること
・現在使用中のマシンより静音であること
・現在使用中のマシンより高速動作すること
・HDDは旧MBについているIDEタイプが限界のため、SATAのみとする。
 (従来のデータは新しいHDDに引っ越す)
乗り換えコスト\30000以内。(本体のみ入れ替えのため、入出力デバイスはそのまま)
 ただし、予備のHDDのコストは除く。

■新しいPCの作成経緯
現在使用中のPCでは、色々と処理にネックがある状態になっているため。
赤字は特に乗り換えたいもの)
・CPU:Core2Duo E6300(2160MHz)
・MEM:DDR2 800MHz 6GB
・HDD:(SATA)WestenDigital WD10EZRX 1GB
    (IDE) Maxtor 型番忘れ 80GB
    (IDE)Hitachi 型番忘れ 400GB
・グラフィックボード:Gigabyte Radeon HD7750
他・・・
測定消費電力量:平常負荷時、およそ100Wh程度。

さすがに色々と型落ちすぎる上、以前購入したRadeon HD7750のボードが、MB側のPCIExpressの対応速度限界に引っかかっている(PCIExpress1.1止まり)ため、半分無駄になっているのもあります。

(問題詳細)
CPU:CPUはもう乗り換えないとどうにもならないレベル。E8600番台でも積んで延命させようかとも思いましたが・・・
HDD:IDEタイプが2台ともかなりの期間(およそ2代前から)がんばってくれいていた関係で、すでに温度管理も怪しい状態に。回復不能セクタも出てきているので、早々にサルベージして封印する必要あり。
そしてそもそもIDEタイプは使われていない・・・;
消費電力:先にD型向けに作成した、AMD A8-3820をメインに据えたマシンでは、平常負荷65Wh程度のため、現在のマシンだとただの大食らいということに・・・

さて、という訳で実際のパーツ選定に移ります。

続きを読む →