それがたとえ僅かでも、具体的な”頑張るための指標”を知りたい

毎日毎日、それこそ物理的に体がズッシリと重たくなったり、体のあちこちが痛くなったり、目がかすんだり軽い眩暈を起こす程度まで肉体を酷使しつつ、精神的にも二日にいっぺんぐらいは「これだけやっても何の反応もないか・・・」という絶望感に苛まれながら生活しているのだが、それでも「こんなもんではまだまだ不足だ。社会にはもっともっと頑張っている人たちが居るんだから、休んでいてはダメだ」という感覚に囚われることが非常に多い。

自分自身、おそらくここ10年ぐらいで特に強く感じているものだと考えているのだが(社会人として仕事を始めた時期とも一致するので詳細な切り分けはちょっと難しい)、自分の周囲(家族、親交の深い知人友人を除く)では、下記のような単語が頻繁に飛び交っていると感じている。

「何が何でも一生懸命に」
「寝食を忘れて」
「全身全霊で」

自分はこれらの単語に関して「なるほど、確かにヒトカドの物を残していくためには必要な概念だ」と素直に感じるのだが、それとは裏腹に、それらの単語を実際に聞くときには大きな違和感を感じてしまってならない。

大きな理由としては、恐らくその単語を口にしている人達が、ほぼ一様に「その単語が意味する行動を何一つ実践していない」事があるのではないかと考えている。

一番良く聞く話が、その実践例として「何日徹夜した」とか「仕事で今日も終電だよ」などという一種の苦労自慢なのだが、自分から言わせれば「徹夜するぐらいならその手前の時間からしっかり時間配分しなかったツケを無理やり支払っているだけだろう」という程度のものでしかない。
さらに、本当にそれらの概念を真摯に考えて行動し続けている人達は、決してそんな話をしている肉体的余裕も精神的余裕もあるわけがなく、ただ黙々と目標に対して向き合い続けているのではないかと考えている。

自分自身もこういった記事を書き連ねている時点で、本当に真摯にある目標に対して向き合い続けている訳では無いのだが、逆に「全ての行動を特定の目標に対して捧げ続ける」という概念は、それほど長くは続けられないものだと強く感じている。

例えば「寝食を忘れて」といっても、実際に自分が一番集中している時でも、連続24時間もその状態が続くことは無く、その時間が終わって一息入れたら何かエネルギーを摂取したくなるし、その状況が繰り返し1週間も2週間も続いたら物理的に体を壊してしまうと感じている。

「全身全霊をかけて」といっても、自分の目標以外の「生きるために必要な、もしくは社会生物として行うべき行動」に関して、何かの代替手段を用意するか、誰かに肩代わりしてもらうことを前提として初めて成立する概念であり、これも何日も続くことは実際問題難しいと感じる。

確かに、そんな問題の数々を人や時の巡り合せによって克服している人が偉大な足跡を残しているものを、文献や時にはリアルタイムで見ることがあるのだが、その割合は社会の全体人口から見ると途轍もなく小さい規模でしかない。
体感でしかないが、大体1~10万人に一人、1年に2名以上見かけることができれば多いほうだと思っている。
さらに、その足跡を穴の開くほどその人の背景世界まで考慮してみても「確かにこの結果を導き出すために、その人は時間空間的にあらゆる犠牲を払いつつ、それでもなお巡り合わせや運の力によって社会内部に存在できている、実に偉大な人だと感じるが、自分がそれを出来るかといったら、背景世界からして違うため、参考にならないという感覚までしか至らず、「じゃあ、~の様に頑張ろう!」という話には決して至らない。

そんな話を日常的な生活空間の会話で頻繁に交換しながら「頑張るぞ!」「お前も頑張れよ!」と言い合っているのは、「単なる意気込み」にしかならないのではないか?と感じてしまってならない。
ただし、それが余りにも頻繁に使用されているため、自分自身の行動を振り返ってみたときに「明確な肉体的・精神的にダメージが蓄積している」サインが出ているにも拘らず、「そんな感覚を持っていること自体が怠ける精神の象徴だ」という感覚へのすり替えが発生しているのが、現在最も自分自身を活動に対して重たくのしかかっている部分の一つではないだろうか。

-自分は毎日「明日も生き続けるための余力を残しつつ、残りの体力・精神力を限界まで注ぎ込んで生きている」が、
それでも具体的な結果を出すために、休まず何かをし続けなければいけないのだろうか?

-逆に具体的な結果が出たからといって、その結果だけに捕らわれ本来続けるべき活動を止め、長期的にはその結果自体が風化するまで休み続けてしまってもいいのだろうか?

-人は何を持って「休んでいる」としているのか、逆に何を持って「頑張っている」としているのか、そして人間が人間として生きていくためのそれらの配分はどのようにあるべきなのか?

現在は「もっと世界の成り立ちを考え続ければ、少しずつでもその指標の欠片が手に入るのではないか?」と信じて日々自分の知っていること、知らないことへの更なるアプローチを試み続けているが、具体的な手がかりは殆ど見つからず、体力や気力はすり減り、悩みは増え続ける一方である。

2013年函館旅行4コマ ー初日編ー

2013年函館旅行1本目

朝から晩まで喋りっ放しというのは、自分達以外には実行したことがないなぁ・・・

どうもD型です。
放送大学の授業を3本はしごで視聴していたらすっかり夜が更けてしまいました;
やはり心理学、建築工学は今の自分にとっては魅力的な分野なんだなぁと改めて認識しています。

・・・いきなり4コマとは関係ない話になってしまいましたが、手前のE型の記事である程度まとめてしまった「2013年 函館旅行」の内容になります。
去年も出かけているので特に新味もないかなぁ・・・と考えていましたが、何もかも予想外に年月が経過していたり、個人的には十分大変な旅行になりました。

D型視点の旅行日記兼4コマの説明は詳細にて。

続きを読む →

(E型)2013年度墓参りレポートおまけ:函館のガラナ事情

(E型)自画像+2013函館旅行よもやま話

エイです。
そういえば自前のイラストをカラーで描いたことがなかった(D型は何枚か描いていますが)ので、旅行中にデッサンを取った自画像をば。

E型は視力が宜しくないので、B5版程度の大きさに描くと線がかなりブレます><

ぜんぜん気温が下がらないせいで、体調がかなりがたがたです;

さて、タイトルに記載していますが・・・
「函館市内の自販機からコアップガラナが消えている?」と言う話を恩師から聞いたので、市内を移動する傍ら、自販機の状態について確認してみました。

少なくとも母校の函館高専の自販機からはなくなったとの話。
そういえば、歩いているときにもあまり見かけなくなったなぁ・・・と思うところもあったので、ほんのちょっとだけ調べてみました。

(E型)自画像+2013函館旅行よもやま話

上の写真はは愛飲している㈱小原のコアップガラナです。函館は地元でもあるので、我々にとってもっともなじみのあるガラナ飲料です。ちなみに購入場所は函館空港の売店です。
各種北海道フェアの時には、輸出?されていることがあるため、道外でも見たことがある人が居ると思います。
道外では、キリンガラナ(旧:メッツガラナ)が自動販売機で販売されていたことがある(横浜でも確認)ので、そちらも見たことがあるかもしれません。

味は・・・うーん、表現が非常にしづらいのですが・・・(適切な表現が見つからない:)
E型はとりあえずコーラより好きです。
日本国内で流通している「薬くさい飲み物」の代表例になるのか・・・なぁ?

薬くさい飲み物:
(※個人的な見解を含みます)
・沖縄および小笠原諸島のルートビア ※まだ飲んだことが無い
・関東および中部のドクターペッパー
・北海道のガラナ
・他の地域のコーラ

と言う分類になるでしょうか?

続きを読む →

(E型)2013年度墓参りレポート:2日目以降はぶらぶら編

10月8日 試作D型追記

前回の記事

(E型)2013年度墓参りレポート:初日は忙しかった編

の続きです。
記事を書いている最中ですが、部屋が寒いです;;
ちょうど函館の外の気温と変わらないぐらいなので、「外に居ながら作業している」感じが・・・;

2013/09/30(月曜日)

(D型)2013年函館旅行データ

D型:2日目の早朝に撮影した宿からの風景。中央右の赤茶色の建物は昨年滞在したホテルです。
・・・今年の宿は至って普通でしたが、長期滞在には肩肘張らない方が便利なのでこれはこれでOKです。

この日からはメインとなる予定が無いため、基本的に自由行動になりました。
但し、初日の疲れがどうにも抜けない(無理しすぎた)+天候が思わしくない(午前中は比較的マシ)ため、動くのは午前中ぐらいと決めて行動を開始しました。

(行動予定)
ホテル→実家跡→どこかで昼食or軽食→ホテル

天気は非常に微妙なところですが、自宅跡(これは昨年の墓参りのときに更地になっているのを確認済み)がどうなっているか、確認のために現地へ。
昨日、伯父から「何か新しく建っている」と言う話があったので、「場所が場所だけに、下宿とか何か建てたのかな?」と思っていたのですが・・・

駐車場になっていました;

(D型)2013年函館旅行データ

D型:今年も跡地を撮影してみました。建物の記憶は現在GoogleMapにしか残されていないため、自分たちのアルバムと併せて大事に保管しています。

まぁもともと更地にしていた訳だからしょうがないかなぁ・・・と思ったりもしますが、
やはり長らく暮らしていた場所がなくなるのは寂しいですね;

その後は出身小学校の様子を確認しつつ、どこか昼食(軽食)が取れそうなところへ。
どうやら改修工事が入っていたらしく、工事車両の出入りのためのガードマンが居たりしました。
ゲートが「もともとあった金網を切り開いて、木の枠組みをつけただけ」だったのはアレでしたが^^;

D型:小学校の改修工事現場のゲートは、「本当に木の枠組みをくっつけた」だけで、もう少し耐久性とか安全性とかを考えてもらいたい・・・と二人で突っ込むことになりました(ぉ

10:30頃 Cafe Chocolatで軽く食事(と言う名の甘いもの補給)

ランチタイムではなかったのですが、「ケーキだけでもいいですか?」と聞いたところ、大丈夫とのことでした。
場所が場所だけに、初見で来るのはかなーり迷うのでは。
(我々なら出身小学校の近く、と言えば通じる位置ですが・・・別に「観光地」でもない住宅街のど真ん中なので)

D型:元々ココは旅行前にちょっとだけ函館観光案内を調べていて見つけた場所なのです。本当に住宅地のなんでもないところに存在しているので、うっかり通り過ぎるところでした(汗

(我々としては珍しいことに)メニューをほとんど見ておらず、後でレシートを見てみたら「ケーキセット」(ケーキ二つにドリンク)になってました。実際に単体で食べるより少しお得。
同じケーキひとつと、もうひとつはそれぞれ違うものを頼んでみたのですが、どちらのケーキも非常に美味でした。久方食べていませんでしたが、E型はレアチーズケーキがお好みです。

・・・そういえば母親が「(喫茶店は)ケーキは下手をすれば原価割れ、コーヒーで元を取る」と話してたことを思い出したりしました。
コーヒーはどこのお店でもだいたい「高い」です(何

D型:写真は4コマ投稿時点にでもアップしようかと目論んでいます。のんびりした感じのお店で、ゆっくり休憩するなら観光客向けとしてもOKなんじゃないかと思います。
・・・この場所を見つけられるかどうかが最大の難関になると思いますが;

雨は降ったり止んだりしながらも、天候は崩れる方向へ・・・

そんなわけで徒歩にてホテルに帰宅。
帰宅前に最寄の湯の川生協に寄り、飲み物やおやつなどを補充。

そういえば補充した飲み物の写真「だけ」は自分で撮っていました。
(別な写真はD型が別途撮影しているのですが・・・自前のタブレットPCのカメラが使いづら過ぎる)

(E型)2013年旅行時撮影

ちょうど自分用に購入したのが「白いガラナ 和梨テイスト」
・・・どう考えてもハズレな香りが漂いますが、一口。

ガラナの風味がほぼ無くなり、ほとんど梨の絞り汁といった感じがありました。
予想通りといえば予想通り;;

しばし休息(と言うより昼寝を挟まないと動けない)して、さて何かしようかな?
・・・と思ったのですが、ブログの内容とか昨日話していた内容とか調べたり考えたりしていたら、そこまで体力と時間があるわけでもなく;

午後10時過ぎに温泉にゆっくり浸かり、就寝。

晩御飯、あまり多い量を出さないでくださいな;

続きを読む →

(E型)2013年度墓参りレポート:初日は忙しかった編


10月7日 試作D型追記


Author:試作E型


エイです。
10月に入って涼しくなるかと思ったら、まだまだ暑い日が続いていますね~
今日も横浜は30度近くまで気温が上がり、また天気も悪いので、非常に不快指数が高い状態です;
まだ台風も何個か来そうな気配ですし。

さて、本題に入りますが・・・
今年も母親の命日近くを見計らって、墓参りのため、3泊4日の予定で生まれ育った函館に帰りました
そのレポートと言う形で記録を残しておきたいと思います。
(なお、E型の主観のため、D型との認識は若干異なります)

ただの行動ログに近いものになっていますが、そのあたりはご容赦ください。

また、書く量が多くなってしまったため、2回に分割して記載する予定です。
初日とそれ以外の分量差が激しすぎるのが原因ですが;

続きを読む →