Princeton シリウスWタブレット(PTB-S3BK)乗り換えについて

冬場はどうにもこうにも手先が冷えてしまって作業がはかどらない試作D型です。
先月末に内科の定期健診で採血を受けたときに、看護師から「ものすごい冷たい手だねぇ~」と驚かれましたが、自分としては小学校からこんな感じなので、「小さい頃から悩みの種で・・・」と返すほかないというのが何とも;
足先も含めて、「鉄の手足」と勝手に名づけて毎日暮らしています。

さて、そんな12月の頭にペンタブレット(現在”タブレット”と略すると、タブレットPCの略称だと思われてしまう;)をPrincetonのPTB-S3BKに乗り換えました。
元々はWacomのIntuos3 PTZ-430を無理やり延命させながら16:9のディスプレイにも負けずに使用していたのですが、さすがにペン本体の消耗が激しく、各種オプションパーツも軒並みデッドストック状態。

しかし、同メーカーの現行品であるIntuos5 Pro(ちょっと前はIntuos5とBamboo:こちらが現在の無印Intuos5)は相変わらず価格が高く、かといって入力サイズが小さいのもいい加減厳しいかなぁ・・・等と去年あたりから思い悩んでいました。

そんななか、数日前に価格調査サイトを覗いてみたら、Princeton製のペンタブレットが随分値下がりしているのを発見して、丁度いい機会だし購入してみようか!という運びになりました。

以下に、そこから数日間の人体実験で判明したPrinceton製のペンタブレットの使い勝手などなどを記載してみようかなと思います。

続きを読む →