突然Sims3プレイ日記:高さ違いの長い片流れ屋根を持つスターターハウス作成

特殊な屋根のスターターハウス

Author:試作E型

久し振りの更新になります~
4コマも進めないとなぁと思いつつ、Sims3の建築周りのネタもちょこちょこと思いついていたりするので、なかなか進まないと言う;

まぁ気温変化による体力へのダメージがかなり大きいのですが;

さて、例によってスターターハウスですが、今回は一つだけ命題が。

「屋根先の高さが異なる屋根」をSims3で再現するにはどうすればよいか
です。

・できればチートコード発行なしで行いたいが、たぶん無理(普通に1階ごとの高さ区切りになってしまう)
・設置コストを普通の屋根と同じ、もしくはそれに近い金額に抑えたい(要するに§0)

1階層分を使えば余り考えずにすむのですが、それだと壁代がまるまる1フロア分余計にかかってしまうので、よほどの高級住宅でもなければ投入できない、と言う難点があります。

で、それを実現してみたのが今回のLotです。
玄関部分の片流れ屋根を2セル延長している部分がその部分になります。
別に規模は関係ないので、最低限で実験できるものにしてみました。

ちなみに詳しい方法は
・普通に壁を設置し、最初の屋根を張る
・伸ばしたい方向の壁の高さを「ConstrainFloorElevation+Alt階段設置方法」で、「正確に」適当な段数(今回のLotでは2段)下げる(再現性の向上のためです)
・下げた部分を平らにならし(でないと屋根が敷設できない)、屋根を張る
・さらに延ばしたい場合は繰り返す
・最後に屋根全体の傾斜をまとめて調整(まとめて調整しないと屋根が歪みます)して、シルエットをととのえる
と言うことをしています。

・屋根の傾斜を緩くするなら、下げる(もしくは上げる)段数を少なくする
・屋根の傾斜をきつくするなら、下げる(もしくは上げる)段数を多くする

と覚えておけばだいたい辻褄があうと思います。

フロアや壁の正確な下げ方はこちらの記事を参照して下さい。

建築物件の詳細については折り返し。

続きを読む →