[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2のセットアップと使用目的について

Raspberry Pi 2入手レポ

Author:試作E型

エイです。
記事の順番的にはこの記事が最初になる予定だったのですが、まとめるのに意外と時間がかかってしまいました(汗

以下、現時点での関連ページを記載しておきます。

関連記事:
[小さな機械の相棒]Raspberry Pi 2入手+ベンチマーク
Raspberry Pi 2の放熱状況を改良してみよう

さて、題名の通り、Raspberry Pi 2(Model B)を購入しました。

とりあえず、現在想定している使用目的は
「1F居間のテレビの代わり、及び調べ物などを行なうためのPCの代わり」
です。

昨年中頃に落雷でアンテナorチューナーが損傷して以来、食事時に居間に居る必要が無い(台所から近いという理由以外には存在せず)ためです。

その代替物としてノートPC(中古VersaPro)も使っていたのですが、そもそもVGA出力で出していたテレビの消費電力がバカにならず(通常動作時50W超)、かといってノートそのもののディスプレイは破損してしまった為使えず。
かと言ってAndroidタブレットの方だと、持ち運びには良いのですが、画面がやや小さい+無線LANオンリーのため、ネットワーク接続が安定しないのが問題に。これは我が家の構造そのものの問題でもありますが。
無線用ルータが2Fにあるため、1Fだと位置によっては電波がほとんど届きません。
ノートの方は有線LANで何とかなるのですが。

また、上記のノートPCの代替品となると、現在では中古市場で\10,000程度(+送料)から見繕えるレベルであるようでして。
(当然、中古ゆえの弱点(バッテリーがへたっている、HDDが腐っているetc)などは色々とありますが…)
全体の消費電力が20W程度で妥協できるならば、「すでに動いている」系であるこちらのほうが格段に扱いやすいです。

できればこれより安く調達することが目的の一つともなっています。

で、白羽の矢が立ったのが、「Raspberry Pi 2(Model B)」なわけでして。
全部込みで\5,120(本体\4,291、送料/税含む)。これはインパクトがあります。
元々Raspberry Pi B+で何とかできないかと思っていた所で、コア数/メモリ増加(それでも消費電力3Wほど)、価格ほぼ据置きと言うのは強い後押しになりました。
発注してから届くのに時間がかかる…とのことでしたが、我が家の分は何故か最速(2/5発注で2/10着)で到着。

到着した時に身近な物との比較をしてみました。
Raspberry Pi 2入手レポ
んー、サイズに関しては事前に調べてたとは言え、いざ手にとってみると、これは小さい。

さて、買うと決めてしまった段階で、周辺機器などを検討する必要がありました。

以下、折り返しにて。

続きを読む →