きまぐれUO日記:第7回 北斗CS槍試合に参加してきました!

第7回北斗CS槍試合に出場してきました

どうもダイです。

気温差にダメージを受けていたり、私事がバタバタし始めていたりしていますが、とりあえず元気です!

さて、題記の通りですが、昨晩1/20の21:45より、北斗シャードのトリンシックマーケットプレイスにて、第7回、北斗CS(クラシックスタイル)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

2018年1発目となる槍試合ですが、今回から北斗での一般ルールでの槍試合の名称が、クラシックスタイルという形に変更されました。
これとは別にエクストリーム(EX)ルールの槍試合があるので、名称の差別化は必要ですね。

ルールは原則今までの一般ルール槍試合と変わらないのですが、変更点が1点。

・ガーゴイルでも参加可能

という嬉しい変更がありました。
(今回の大会では残念ながらガーゴイルの出場者がいなかったのですが…^^;)

参加者の幅が広がるというのは良いことですね!

…さて、今回の衣装のお披露目からスタートしましょう。

第7回北斗CS槍試合に出場してきました

今回の見た目は、「カジュアルスタイル」をテーマに作ってみました。
下はいつもの通りの見た目を維持しつつ、上はタートルネックでオープンバックな肩出しニットセーターと、おしゃれなキャップという構成になりました。
現在出雲の♀弓手の恰好にやや近い感じになっています。

色は黒とアイスブラックを基準に、アクセントにオフホワイト、あと頭はアビス布製だったりします。

また槍は、見栄え重視でLT70%の槍をこしらえてみました。

今回の参加者ですが、各シャードのイベントと重なったりしたためか、合計6名と少々少なくなってしまいました。
(北斗、飛鳥、倭国、無限でプレイヤーイベント被りでした…)

とりあえず全員のPDを撮影できましたので、ペタリ。

第7回北斗CS槍試合に出場してきました

冒頭の記念撮影時にまとめて撮った関係で、ちょっと窮屈になってしまいました><

肝心の試合内容ですが、相変わらず決定的瞬間のようなスクリーンショットが大して撮れていないため、丁度撮影できた1枚を貼りつけつつ、試合記録を書いていこうと思います。

第7回北斗CS槍試合に出場してきました

[1回戦第1試合]
1×倭国の黒騎士 VS 自分〇2

もう恒例となってしまったカードのような気がします。
1合目は回避できたものの、2合目で相打ちで一気に俵に足がかかってしまいました。
久しぶりにのクラシックスタイルで大分緊張しながら操作していましたが、次の3合目で無事2本目を取り、勝利することが出来ました!

この辺はめぐりあわせというものを感じざるを得ません…

[1回戦第2試合]
2〇ドス赤い魔の人 VS うちの相方×1

どちらもストア品ペット(Windrunner VS Lasher)という珍しい対決になりました。
試合は長い膠着状態が続き、双方1本ずつ取り合いながら、渡り合うこと実に21合!
最後はドス赤い魔の人が執念で2本目をもぎ取り、勝利を飾りました。
相方はベストドレッサーに期待!

今回は6名という事で、シード二人(前回のEX槍試合の優勝/準優勝者)なので、ここから2回戦となります。

[2回戦第1試合]
1×飛鳥の鹿の人 VS 自分〇2

最初の方でいきなり落とされて、一気に暗雲が立ち込めるものの、そこから何とか2本取り返しまして、久しぶりの決勝進出となりました!
実は1回戦第1試合以降は長期戦になるケースが今回は多かったです。
やはり相手の回避をどう抜けるかが課題です。

[2回戦第2試合]
1×金色のスカラ首長 VS ドス赤い魔の人〇2

こちらも因縁の対決。
”レアが出なくなる呪い”をどちらが引き継ぐのかという、試合とは別のデスマッチ状態になっていましたが、
ひたすらに相手の首を狙っていたドス赤い魔の人が、執念で2本目を奪取し、見事勝利しました!
しかし金色の人はブロック率高いなぁ…

これより3位決定戦と決勝。

[3位決定戦]
0×飛鳥の鹿の人 VS 金色のスカラ首長〇2
前回のEX槍試合の準優勝者と優勝者の組み合わせ。シード選手でも負けるときは負けるのです。
UO乱数おそるべし…
試合は長らく膠着するかと思いきや、途中から金色の人が一気に攻勢に出て、見事2本持っていきました!

[決勝戦]
2〇自分 VS ドス赤い魔の人×1

ついに来た決勝戦。
第6回大会でも同じ組み合わせの決勝戦だったので、リベンジを果たせるかどうか…
1合目でいきなり落とされて、ものすごく冷や汗をかくものの、3合目で1本取り返し、その後は双方譲らない状態がしばらく続きました。
ブロック3回ずつぐらいしたのかな…

で、最後は15合目で自分が何とか2本目をもぎとり、勝利となりました!

やったー!

…さて、試合も終わったところでベストドレッサーの発表となりました。
得票数は7票と、ダントツにかき集めた人が居た様子。

相方、受賞おめでとう!

今回は無念の1回戦落ちだったけど、無事仕事ができたようで何よりです。
虹ユニコとの色合いのトータルコーディネートが評価された模様。

最終的な表彰者は以下の通りです。

第4位 :飛鳥の鹿の人
第3位 :金色のスカラ首長
準優勝:ドス赤い魔の人(惜しくも”まお”止まりでした…)
優勝 :自分

ベストドレッサー賞:うちの相方

主催者の皆様、参加した騎士の皆様、そして観戦に来てくださったすべての皆様、本当にお疲れ様でした!

おまけ、今回の優勝賞品と副賞。

第7回北斗CS槍試合に出場してきました

賞金1M、いやげもののくまの剥製(トロフィー)と、勇士の表彰状でした
これはまた出雲に持って帰りたいなぁ。

総括。
今回は回避63%で挑んだのですが、落とされつつもギリギリの粘りで勝ちを拾えました。
クラシックスタイルは、機動で劣勢をカバーできないため、1本先行しているかどうかというのは非常に重要だと改めて感じました。
逆に1本取られた時のプレッシャーは半端ではないです。

ただし、エクストリーム側とは違って、参加基準はクラシックスタイルのほうが圧倒的にハードルが低い(事実上槍と盾を持って、SpMにディスマウントがセットできればOK)ので、これから参加してみたい!という方の参戦もぜひぜひお待ちしております。

試合に負けてもベストドレッサーという道もありますよ!