気まぐれUO日記:E型格闘ガーゴイル討伐記録03:金クーシー

格闘家への道:金クーシー撃破報告

Author:試作E型

討伐対象:金クーシー(パラゴン化したCu Sidhe)
討伐場所:イルシェナー ツイステットウィールド

レギュレーション:特攻スペルブックあり、人モード

包帯戦士には鬼門とも言える、金クーシーに挑んでみました。
素のクーシーはスペルブックありなら比較的すんなりと落すことができたので。

■クーシーの特徴
・高い攻撃力
高ベースダメージ/高STRによる黒閣下かそれ以上の攻撃力。
・高確率のブリードアタック
包帯が非常に阻害されやすいです。被弾+ブリード→包帯(ダメージ回復できず)→被弾+ブリード→…というコンボは死への片道切符。
・このクラスではやや控え目なスキル値。
最大でもパラゴン補正入れてレスリング120。盾は入りますが…

格闘家への道:金クーシー撃破報告

さて、いざ戦闘開始!
5分おきのトリンシックローズに常時分身、エネワンをメインに据えます。
Fist of Furyはよほど余裕があるときだけ。

…が、ちょっとして近くにドライアド等が湧いたため、場所を移動します。
魅了を入れられたらシャレにならないので…

格闘家への道:金クーシー撃破報告

素クーシーもそうですが、とにかく出血が厄介すぎます。
出血した瞬間は包帯が巻けず、ダメージを受けてからはじめて巻けるという仕様のため、どうしても一手遅れます。
出血を止めたそばから出血がはいることも。
なお、ブリードアタックは分身を貫通してきます。よって出血はずっと頭の痛い問題に…
また、ブリードのダメージは分身を消す効果があるので、対処が遅れると分身が剥がされるのでさらに厄介に。

そんなこんなで戦っていると、HPを半分ほど削ったところで一回死亡。
(冒頭の画像です)
先の被弾+ブリードコンボを止められず。分身が残っていても死ぬときは死にます(汗

霊性アンクまで走って復活し、戻ってくると7割まで回復していました(汗
あきらめずにそのまま第二ラウンドへ。

格闘家への道:金クーシー撃破報告

クーシーは魔法による回復が無いかわりに、10秒ごと?に無限に巻きつづける包帯が厄介です。
結構モリっと回復されるので…
あとはこのクラスのパラゴンになると、必ずついてくる「各種自然回復+51」(元の生物の能力に比例、最大で+51)
10秒間に51ダメ与えないと絶対に倒せないという…

金クーシー討伐5(人).jpg

しかし、ドットまで来ればあと一息。
途中からマナ切れを起こすのか、ブリードの被弾数が少なくなるのでチャンスでもあります。

金クーシー討伐6(人).jpg

そして撃破!
討伐時間は途中一回死亡を含めて45分ほど。死ななければ30分ちょっとぐらいだったのかなーと思います。

クーシーは油断すると、あっという間に分身を潰されてしまうので、そこに注意でしょうか。