UOにおける槍試合に関するあれこれ(ルールのおさらいと装備/スキルについて)

エイです。

ブログや別サイトのHPの引越しもとりあえず終え、一段落しています。
まだちょっとやらなければいけない事はあるのですが、それはまた。

さて、今回は『「UOにおける槍試合」に参加するにあたり、どんな感じなら大丈夫なのか?

と言う点について、E型の主観を多分に交えながら、簡単に記載してみます。
少しでも槍試合に興味を持ち、参加される方が増えることを期待していますー

■2019/04現在、槍試合が行われているシャード(日本)

・北斗(CS(クラシックスタイル)/EX(エクストリーム)):CS/EXで隔月開催
・出雲:年一回開催
・倭国:月一回開催(ですが、2年ほど前から開催されていない…)

失念していたらゴメンナサイ…

■おおまかな槍試合のルール

・基本的には1vs1。選手は事前に専用ギルドに加入するか、アリーナで試合を行う。
・選手はランスと盾を装備の上騎乗し、対戦相手と向かい合う。
SpMのディスマウントをセットしておく。
・審判の合図をもとに突撃し、相手と交錯する。
・その時、「相手をディスマウントにより落馬させたら」1ポイントが、落馬させた選手に加算される。
・これを繰り返し、先に2ポイント先取するまで繰り返す。
・選手死亡は仕切り直し(北斗EXルールを除く)

という感じです。
これはうちの過去の記事を参考にしていただければ、だいたいのイメージがわかると思います。

きまぐれUO日記:第12回 北斗CS槍試合に参加してきました!

きまぐれUO日記:第8回 北斗EX槍試合に参加してきました!

さて、その上で、「槍試合に参加し、楽しみ、かつ勝つため」の構成とはどんなものになるでしょうか?
今回はそれを少し見ていこうと思います。

続きを読む →