きまぐれUO日記:PUB105向け特殊強化ペット(スキル不要強化Vollem)の育成。

 

どうもダイです。
連続投稿になります。

PUB105でトレジャーハントにテコ入れが入りましたが、それ用に現在使っている、スキル値不要の強化Vollemが微妙に使いづらかったため、それの最適化を兼ねて、特殊なペット強化にまつわるお話などをまとめてみようと思います。

 


 

Vollemの入手先など

  • UOSAパッケージの特典アイテム(当時1パッケージにつき1個、封印の水晶がついていた)
  • クリンナップブリタニアの報酬(500,000ポイント)

どちらも出てくるVollemの性能は全く同じです。

アイテム画像をペタリ。

 

 

スキル値不要強化Vollemへの注意点など

  • 基本スロット3→5
  • 基本テイム値-18.9(表記は0.0)
  • 1回の強化訓練につき、テイム値は2.4上昇する(表記は小数点以下切り上げだが、内部データは小数点以下をそのまま保持している)
  • 要求テイム値が表記30.0までなら、コントロール値は0を維持する
    また、各スロットでの”最初の1回”の強化訓練には、回数を8回分として計上する
  • →強化訓練回数は、合計12回(2スロット分強化するなら、合計4回)まで

初期状態のVollemの性能は以下の通りです。

形容するなら「乗れないけどコントロール値0のナイトメア」だと思ってもらえれば解かりやすいです。
そのままの性能でも、釣りや採掘の護衛あたりには十分活躍してくれます。

また、こいつは魔法系生物なので、せっかくなのでトクノ諸島で召喚させておきます。
(一応武士道と忍術を選択可能なようにしておくためだが、今回は取得させる予定がないため別段意味はない)

 

 

上記の内容をいろいろと踏まえつつ、とりあえず育成開始です。

 


 

 

訓練前の下準備

  • 適当なスパーリング相手で、DEX/INTを125まで伸ばしておく
  • 訓練開始ボタンを押下できるようにするため、およびテイム値30.0まで訓練するために、動物学と調教を+15ずつしたアクセサリ(リング/ブレスレット合計で+30ずつ)を装備する

アクセサリは、強化訓練終了後は外してしまって構わないので、一時的なブーストです。

また、ステータスはポイントもさることながら、スタミナ120以上にしておかないと、訓練時に大変まどろっこしい思いをするので、今のうちに上げておきましょう。

 

3→4スロット

  • 相方のバードメイジと、ダンジョンシェイムのUnbound Energy VortexとCrazedでスパーリング

(Vollemは物理以外の抵抗値が低いので、これらのモンスターで訓練する場合、鎮静マスタりー、不調和などが必須)
(ソロの場合は、ダンジョンロングのCave Trollあたりが妥当)

バーストタイムを有効利用して、15分程度で完了。

 

強化訓練内容

  • Armor Ignore
  • 格闘110
  • 物理抵抗80
  • 炎抵抗80
  • 冷気抵抗65
  • 毒抵抗65
  • エネルギー抵抗70
  • DEX150
  • スタミナ150
  • INT700
  • HP回復20
  • マナ回復11

以上

(余った1ポイントは破棄)

 

 


 

 

強化完了直後のステータスは以下の通りです。

 

抵抗値の計算をちょっとミスして、トータル360点(本来の上限はトータル365点)で配分してしまいましたが、今回のケースだと365点全部振るとマナ回復の帳尻が合わせづらくなるため、これで結果オーライということにしました。
(総訓練回数12回の厳しい制限があるため、同一項目の微調整はやってはいけない)

なお、これまで使用していた強化Vollemは、冷気抵抗を初期値のまま、DPSを18-25に上昇させているスタイルだったのですが、トレハンに関しては以下の問題を抱えていました。

  • 基礎DPSが16-22もあるため、攻撃力寄与が12%程度しかない
    (ここから魔法/ブレス使用で寄与率はさらに減少)
  • 冷気抵抗が抜けているため、トレハンガーディアンのネクロ勢のウィザーが大変痛い
  • 同じ理由で、コールドドレイク/フロストドラゴン相手ではあっさり死んでしまう

 

今回の強化訓練の内容は、それらの弱点を補強する形になっています。

実マナ回復はスキルが育ち切ると最終的に42.20まで伸びるため、このアビリティ構成ならば、マナ125でも十分やっていけるはずです。
格闘は115を読ませようか迷いましたが、ポイント50点のしわ寄せがマナ回復に出るため、110のほうがバランスが良いという結論になりました。

 

 

とりあえず絶賛スキル育成中なので、実践投入は数日後になると思います。
かなり特殊な例ですが、強化ペットのサンプルとして参考になれば幸いです。

※あくまでサンプルですので、個体値によって最終ステータスなどは異なってきます。
必ずTC1でテストを行ってから、実際のシャードで強化訓練をするようにしてください。

 

 

UOデータベース:PUB97以降のペットのスロット評価値計算シートを更新しました(19/08/06版)

 

どうもダイです。

夏バテしまくっておりますが、相変わらずUOはプレイしております。
なかなかイラストが進んでくれないのが目下のネックです。

さて、それは置いておいて、題記の通り、 Publish97以降実装されたペット強化にまつわる自作の計算用エクセルシートを更新しました。

前回の記事が5月2日なので、3か月ちょっと経過していますね。

 

今回の更新部分は大してないのですが、以下のような感じになっています。

  • 誤字脱字、一部の計算ミスを修正
  • 取得アビリティの前提条件などに抜けがあった部分を追記
  • Vollemの初期スロット変更(2→3)に対応

 

このシート自体は、一昨年(2017年)のPublish97実装直後からずーっと時間をかけてまとめていたものです。
ここでは名前を控えさせていただきますが、このシートのデータ調査、検証、意見など、協力してくれた方々にこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。
(実際にかなりの人数の方々の協力があって、このシートは出来上がっています!)

 

該当エクセルシートは、以下のURLからダウンロードして下さい。
(当Blog内のアドレスになります)

PUB97以降ペットスロット評価シート 19/08/06版

 

具体的な使い方に関しては、エクセルシート内に最低限まとめたものを書いてありますが、以下の注意事項を守れる方のみ使用を許可します。

  • 原則として、最低限ペット育成や訓練を行った事、もしくは練成システムについてある程度知識のある人向けの内容になっています。
  • 運用方法については自己責任でお願いします。ペット訓練は原則不可逆なので、このシートを過信せず、かならずTC1へコピーするなどしてテストを行ってください。
  • このシートを使用したことによるいかなる問題について、当方は責任を負わないものとします。
  • エクセルシートの内容について、無断転載は厳禁とします。紹介する場合などは、この記事(もしくはBlogトップ)にリンクを張るようにしてください。
  • 今後のパブリッシュによって内容が変更される可能性が大いにあります。変更点についてはできるだけ追従して更新をかける予定ではありますが、内容を完全に保証することは出来かねます。

 

質問などについては、こちらの記事のコメントで受け付けますが、あまりに初歩的な内容や、注意事項を理解していないと思われる内容については回答いたしませんので、ご了承ください。

また、訓練に適したモンスターは何か?や最強のペットなどんなものか?といった質問は、他の方にゲーム内などで聞くなりしてください。
当方でもゲーム内でならばある程度お答えしますが、Blog側では質問自体を削除させていただきます。

どうしても質問したいという方は、出雲シャードの自分のテイマーキャラである、naokoをPC酒場などで探し出して直接聞いてください。
(北斗シャードにも同名キャラはいますが、こちらのアクティブ率はそこまで高くありません。PC酒場やイベントに出入りしているのを捕まえてください)

 

それでは良きUOペットライフを!