UOデータベース:PUB97以降のペットのスロット評価値計算シートを更新しました(19/08/06版)

 

どうもダイです。

夏バテしまくっておりますが、相変わらずUOはプレイしております。
なかなかイラストが進んでくれないのが目下のネックです。

さて、それは置いておいて、題記の通り、 Publish97以降実装されたペット強化にまつわる自作の計算用エクセルシートを更新しました。

前回の記事が5月2日なので、3か月ちょっと経過していますね。

 

今回の更新部分は大してないのですが、以下のような感じになっています。

  • 誤字脱字、一部の計算ミスを修正
  • 取得アビリティの前提条件などに抜けがあった部分を追記
  • Vollemの初期スロット変更(2→3)に対応

 

このシート自体は、一昨年(2017年)のPublish97実装直後からずーっと時間をかけてまとめていたものです。
ここでは名前を控えさせていただきますが、このシートのデータ調査、検証、意見など、協力してくれた方々にこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。
(実際にかなりの人数の方々の協力があって、このシートは出来上がっています!)

 

該当エクセルシートは、以下のURLからダウンロードして下さい。
(当Blog内のアドレスになります)

PUB97以降ペットスロット評価シート 19/08/06版

 

具体的な使い方に関しては、エクセルシート内に最低限まとめたものを書いてありますが、以下の注意事項を守れる方のみ使用を許可します。

  • 原則として、最低限ペット育成や訓練を行った事、もしくは練成システムについてある程度知識のある人向けの内容になっています。
  • 運用方法については自己責任でお願いします。ペット訓練は原則不可逆なので、このシートを過信せず、かならずTC1へコピーするなどしてテストを行ってください。
  • このシートを使用したことによるいかなる問題について、当方は責任を負わないものとします。
  • エクセルシートの内容について、無断転載は厳禁とします。紹介する場合などは、この記事(もしくはBlogトップ)にリンクを張るようにしてください。
  • 今後のパブリッシュによって内容が変更される可能性が大いにあります。変更点についてはできるだけ追従して更新をかける予定ではありますが、内容を完全に保証することは出来かねます。

 

質問などについては、こちらの記事のコメントで受け付けますが、あまりに初歩的な内容や、注意事項を理解していないと思われる内容については回答いたしませんので、ご了承ください。

また、訓練に適したモンスターは何か?や最強のペットなどんなものか?といった質問は、他の方にゲーム内などで聞くなりしてください。
当方でもゲーム内でならばある程度お答えしますが、Blog側では質問自体を削除させていただきます。

どうしても質問したいという方は、出雲シャードの自分のテイマーキャラである、naokoをPC酒場などで探し出して直接聞いてください。
(北斗シャードにも同名キャラはいますが、こちらのアクティブ率はそこまで高くありません。PC酒場やイベントに出入りしているのを捕まえてください)

 

それでは良きUOペットライフを!

 

UO検証ログ:Publish105:Forgotten Treasureでのトレハン変更点について(マジック戦利品の部)

エイです。
梅雨が明けたと思ったら、今度は昨年並みの暑さですねー…(汗

さて、Publish105 でのトレハン変更点などについて、今回は「戦利品(特にマジック装備品)」を主眼に、執筆現在(2019/07/31)で判明していることを記載しておきます。

罠解除等については、また別途記事にする予定です。

■地図カテゴリについて

従来の地図には特にテーマはありませんでしたが、Publish105以降の地図には、以下のテーマから一つが付与されます。
大雑把な内容物の傾向も併記しておきます。

  • 戦士(主に重武器や盾、プレート系金属鎧など。戦闘系スキル関連)
  • レンジャー(主に弓や鋲鎧系など。野生系スキル関連)
  • 暗殺者(主に軽い武器やプレート以外の金属鎧など。シーフ系スキル関連)
  • メイジ(主に杖やデフォルトが瞑想可の防具など。メイジ系スキル関連)
  • 匠(主に作成品でしか作れなかったもの。生産型スキル関連)

■個別戦利品について

基本となるファセットはトランメル/フェルッカ/マラスです。これらのファセットでは、基本戦利品が生成されます。
なお、以下すべての戦利品の画像は、L3以降の地図から出土したものです。
(パラディンソードだけL2だったかもしれない)

  • 戦士
    基本戦利品:プレート系防具、兜類、杖以外の両手武器及び、軽量以外の片手武器、盾など
    新規ドロップ装備:ドラゴン系防具、パラディンソード(イオドーン限定)
  • レンジャー
    基本戦利品:鋲鎧系防具(ボーンを除く)、ウッドランド系防具、弓、皮剥ナイフなど
    新規ドロップ装備:特になし
  • 暗殺者
    基本戦利品:チェイン/リング系防具、軽量で「毒が塗れる」武器(クリスなど)、一部帽子類(バンダナ)など
    新規ドロップ装備:鞭3種(イオドーン限定)
  • メイジ
    基本戦利品:基本瞑想可の防具、ボーン系防具、杖系武器、一部帽子類(ウィザードハット)など
    新規ドロップ装備:特になし

  • 基本戦利品:斧系武器、「チャージ付き」武器(ツルハシ、鍛冶ハンマー類)、ほとんどの帽子類など
    新規ドロップ装備:サークレット系、ボンネット、キャップ、エルフグラス、シェフのトーク帽(イオドーン限定)
  • 特記事項
    • トクノファセットの場合は、各種カテゴリに対応したトクノ式装備追加
    • テルマーファセットの場合は、各種カテゴリに対応したSA装備追加
    • イオドーンファセットの場合は、各種カテゴリに対応したToL装備追加レンジャー:虎、戦士:亀)
    • イルシェナー/テルマー/イオドーンの場合、近接武器に「破片残留」が付与される可能性がある

トクノでの例。なお笠は匠の地図から出ることを確認。

※以下、まだトレハンの戦利品として出現を確認できていないもの

  • 熊/鹿/部族(2種類とも)/オークマスク
    どうも部族マスクはイオドーンのレンジャーから出るらしいが…こちらではまだ出土を確認できず。

■戦利品の質と量について

L1ではせいぜい「マジックアイテム上級」、L2では「アーティファクト低級」が概ね最大です。
そのため、マジック品を狙う場合は、基本的にL3以降を狙うことになります。
L3からは、最高で「アーティファクト伝説級」までのアイテムが出る可能性があります。
L4以降は、戦利品の質自体はほぼ変更がありません。(レベルが上がると、分布が変わらず量が増える)

戦利品の「質」、「掘った人の幸運値」に影響を受けます。
具体的には不明ですが、アイテムの予算ポイントが、幸運判定により増加するような感じです。
また、フェルッカでは幸運+1000相当のボーナスがあります。

また、「掘り出した時の箱ので、中身の予算の幅が影響を受けます。→鉄→の順に良い)
箱の色は、「掘った人の測量スキル」に影響を受けます。
あくまで「幅」なので、錆箱でも一番よい場合はアーティファクト伝説級が出るときもあります。(ただし強度が低い)

戦利品の「量」は、「掘った時の、箱から一定距離以内にいたPTメンバーの人数」で増加します。
ただし、箱の予算ポイントそのものはあまり増えないため、戦利品一つあたりの質が低下する傾向が強いです。

■戦利品のプロパティについて

基本的に「接頭/接尾辞は1つまで」という特殊な制限がかかっています。
通常ドロップの場合、アーティファクト上級クラスより上のアイテムは、「接頭/接尾辞が2つとも付与されている」のが普通です。

例1)(通常の「ダブルワード」)

例2)(トレハンの「シングルワード」)

片方のワードは、「付与されている全プロパティの半分まで」しか影響しないため、残り半分はワード種に影響を受けずに抽選されます。
このため、擬似的な「無ワード」扱いのものが生成されることがかなりあります。
(例外として、抵抗値は+15だけ、どのワード種にも含まれずに付与されるパターンがある)

例3)言霊の/魔術+疾風の/速攻系のダブルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」と、疾風~の「スタミナ系プロパティ」以外は各抵抗+15のみ。

例4)言霊の/魔術系のみのシングルワード
言霊~の「マナ系プロパティ」以外に、HP回復や装備条件、命中、抵抗+20などを引いている。

■戦利品(マジック品)についてのまとめ

マジック関連についてはこんな感じでしょうか。
簡潔にまとめると、

  • とにかくL3より上を狙うこと
  • 欲しいアイテムのある地図カテゴリを間違わない(斧が欲しい場合は匠、など)
  • できるだけ測量スキルを上げる(100以上が望ましい)
  • できるだけ幸運を積む(2000程度が現実的なライン)
  • できるだけPTメンバーは少ないほうが、「少数精鋭」の良いアイテムが引けるので、やや推奨

でしょうか。

きまぐれUO日記:出雲♀テイマー用、見えない衣装-極の作成。

 

どうもダイです。

今年は涼しいなーと思っていたらいきなり暑くなり、体の調子が全くついて行けてません…
お盆ぐらいには体が慣れてくれれば良いのですが、果たしてどうなることやら><

 

さて、それは置いておいて、以前真・見えない衣装の作成をしたときに「虎首のいいものがあれば…」と書いていたのですが、Publish105でのトレジャーハント周りの変更で、これまでドロップ品が存在しなかったサークレットにマジック品が追加されたため、別ルートで理想形を作れる目途が立ちました!

というわけで、さっそく「防具4パーツで各種条件を満たせる装備(盾無し)」「理想的なパーツ配分」バージョンのお披露目としましょうー

 

例によって長いので折り返しますね。

 

 

続きを読む →

きまぐれUO日記:第14回 北斗CS槍試合に参加してきました!

 

 

どうもダイです。

怒涛のBlog更新ラッシュも、これでひとまず最後になるはず…です!
先週から疲れが全く抜けていませんが、もうひと踏ん張りしなければ。

まぁ、それはさておき。
題記の通りですが、昨晩7/20の21:45より、北斗シャードのトリンシックマーケットプレイスにて、第14回、北斗CS(クラシックスタイル)槍試合が開催されました。
その大会に今回も出場してきましたので、毎回ではありますが内容をざっくりとまとめてみたいと思います。

 

画像も多いので、詳細は折り返しにてー

 

続きを読む →

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(ようやくベンチマーク編)

参照記事:

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(パーツ解説~組み立て編)

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(挙動安定化編)

 

どうもダイです。

ようやくベンチマークを安定して実行できる環境になったので、張り切ってテストです!
今回は測定するベンチマーク環境が少ないというのもあるので、分量はざっくりとした感じになります。

※今回は主にCPUの性能調査になるため、3DMarkは除外しています。
また、ディスク性能については、旧マシンとはストレージ構成そのものが異なるため、新マシン側の速度だけの調査としています。

 

では折り返しにて。

 

 

続きを読む →

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(挙動安定化編)

 

次の記事:

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(ようやくベンチマーク編)

手前の記事:

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(パーツ解説~組み立て編)

 

 

どうもダイです。

引き続き新マシンの組み立てにまつわる設定などのお話をまとめていこうと思います。
ほんとに長いので、詰まったところと解決策を要約しながら進めていきます。

では折り返し!

 

続きを読む →

きまぐれUO日記:出雲馬上槍試合 「Lanze de Angriff ! ~Joust 2019~」に参加してきました!

どうもダイです。
今年は冷夏なのか、7月も中旬なのにエアコンを入れない日が続いています…
5月が暑すぎたんだよなぁ><

さて、題記の通りですが、昨晩07/14の22:00より、出雲シャードのトラメルはニューマジンシア大花壇前にて、馬上槍試合 「Lanze de Angriff ! ~Joust 2019~」が開催されました。
その大会に今回出場してきましたので、内容を見やすくまとめてみたいと思います。
…相変わらずですが、長くなりますのでご容赦くださいませ。

では折り返し!

 

 

続きを読む →

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(パーツ解説~組み立て編)

 

次の記事:

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(挙動安定化編)

D型マシンをRyzen 7 3700Xに新調しました!(ようやくベンチマーク編)

 

 

どうもダイです。

 

7/7に、AMDから待望の新CPU、Ryzen 3xxxシリーズが発売されました。
リリースのアナウンスが出ていた昨年末あたりから、ずーっと待ち焦がれていた、「多コア、高性能、低消費電力」と三拍子そろったCPUとなっています。

今回は発売日に表題の「Ryzen 7 3700X」を調達することができましたので、それを使用したマシンの組み立て、および安定動作からのベンチマークまでの悪戦苦闘記録を残してみたいと思います。

だいぶ長くなる予定ですので、記事は折り返しの先で…(汗
※記事は全3回を予定しています。まずはパーツ選定と組み立てのお話から。

 

 

 

 

続きを読む →

D型新PC用電源についてレビューのようなもの(SSR-600TL)

けっこうやることが詰まっていて、それなりにてんてこまいな状態になっています。
エイです。

2019/07/07発売予定のRyzen 3xxx番台、楽しみです。
(D型用にRyzen 7 3700Xを購入する予定です)
当初の予定である2018年末から約半年、待ったなぁ…

しかし、我が家には流用できるパーツがほぼ無い(メモリもDDR3までしか家にない)ため、新造することになりました。

現在、各所から必要なパーツを調達している(記事執筆時点で、残りはCPUだけ)のですが、今回は先に「電源」だけ、ちょっとテストした結果などを記載しておきます。

他のパーツ類は、実際にD型のマシンを組んだ時に別途検証する予定です。

続きを読む →

きまぐれUO日記:「Lanze de Angriff ! – Joust 2019 -」練習試合に参加してきました!

どうもダイです。

こんな夜中に起きちゃいまして、折角だからと昨日のお話の記録でもつけつつ、宣伝でもしようと思っています。

 


 

さて、来る2019年7月14日(日) 22:00(受け付けは21:30~)より、出雲シャードはニューマジンシア大花壇前にて、馬上槍試合イベント「Lanze de Angriff ! – Joust 2019 -」が開催されます!

それに先立ちまして、昨日の22時半より、ニューヘイブンアリーナにて、練習試合と当日の会場の様子の下見、質疑応答などが行われました。

イベントに関する詳しい内容、及びエントリー方法やルールなどについては、主催者様である出雲ニューマジンシア首長のBlog「出雲ニューマジンシア通信」様を参照してください。

参考リンク:「出雲ニューマジンシア通信」様

折角なので、バナーもペタリ。

 

今回はやや突発的な練習試合ということもあり、参加人数は少なめでしたが、大まかなルールなどは観戦に来ていただけた人たちには十分伝わったのではないかと思います。

 

また、質疑応答では、実際の会場の下見や、装備プロパティの(できれば)ポイントなどについても話し合われました。

こちらがまだ設営中ですが、実際の会場になります。

個人的には丁度よいサイズじゃないかと思うのです。

撮影にも困らない広さですし、選手の動きも適度な余裕を持たせつつ、あらぬ方向に走り去っていかないよう配慮されています。

 

あ、一応装備のプロパティについてなのですが、円滑な試合進行へご協力いただくため、出来うる範囲で構わないので、「マナコスト、マナ、マナ回復」3点については、ある程度で構いませんのでプロパティとして装備に組み込むようにしていただけると助かります。

(出雲ではディスマウントのマナ回復をまつ関係で、マナ回復の数値が低いと、大変試合に時間がかかるのです…)

あくまで必須!というわけではありませんので、参加予定の皆様には、衣装の作成時に念のため気を払っていただけると、イベント進行がよりスムーズになると思います。

(主催者側でも、マナドリンクなどの緊急マナ回復剤やUraliの催眠薬なども用意する予定です)

よろしくお願いいたします。

 


 

さて、うちの装備もちょっと回避を見直しつつ、後は来週末のイベントに備えることになります。

…どれだけの参加者に恵まれるか、参加者側ではありますが、大変気をもむところです。
いっぱい来てほしいなぁ!