気まぐれUO日記:E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

Author:試作E型

討伐対象:Ogre cook
討伐場所:トランメル ダンジョンロング 2F

レギュレーション:特攻(亜人)スペルブックあり、人モード(最初だけ実験のため虎)

久々の討伐報告になります。

今回はロングの住人でもひときわの強さを持つ、Ogre cookに挑んできました。

■Ogre cook特徴
・高攻撃力/高レスリング
物理レジ74で37~43程度貰うぐらいの高い攻撃力。包帯は確実に滑ります。
これに120を超えるレスリングのため、どちらかというと「命中し辛い」と言うより「回避し辛い」というのが難関。

・高HP/高抵抗
20000程度はあるHPと、物理75~80/エネ65~75という微妙に高い抵抗値。
ひたすら時間がかかります。

・自動反撃
ダメージそのものは一定(レジ70~で6~15ぐらい)で、ダメージが入る度に反撃してくる感じ。
手数が増えるとこちらのダメージもバカにならないので、調子良く攻撃が当っているときには特に注意。

・マゴット召喚
召喚されたマゴットは特に手を出してこないので、無視できるのですが。
ただ、一緒に出てくる緑色の粘液を踏むと、一定時間走れなくなるので注意。

長期戦を予想し、包帯を1000枚ほど持って、いざロングへ。
また、トリンシックローズもいつもより心持ち多めに。

うまくオーガコックだけを釣りだし、通路で迎撃します。
今回は隔離に少々手間取りました…

トリンシックローズを5分おきに食べます。時間管理も兼ねています。
(今回は毒は無いので、ペタルは不要。)

なお、分身はほとんど意味がありません。
反撃は分身を消費させた上で本体にダメージが来るので…
それでも、包帯を巻いている途中に、こちらの攻撃が命中していない場合とかの時間稼ぎにはなります。
変身しているとそれ以外にマナ使わないし…

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

最初は物理レジが高い、という点から、虎モードで挑んでいたのですが、
「出血発生時の自動反撃がきつい」点から、人モード(犬変身)に切りかえました。

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

犬にした理由は「HP回復能力を少しでも増やしたいから」です。

殴っていると、命中する度にそれなりの量のHPを持っていかれるため、包帯だけだとかなり危ない状態が続きます。
特に手数の早いうち(スタミナが十分にある時)は、HPがガリガリ削れるという状態に。
これに加えて、オーガコック本体の殴りが相当痛いため、2発貰うと危険信号。

油断すると(と言うか包帯を最速で巻きつづけないと)あっさり灰色の世界へ。

ちなみに、今回の討伐では7回ほど死後の世界を見てきました(汗

冒頭の画像はその一コマ。
外のヒーラーまでダッシュ中。

もっとも、相手の自然回復は微々たるものなので、あきらめずに挑戦を繰りかえします。

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

ここまで削りました…がまたも死亡。
幸いヒーラーが近くにいるので、蘇生は楽なのですが…

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

何度も何度も死にそうになったり、死んだりしながらも、ここまで来ました。
ライフが2割を切ったあたりから、逃走モードに入ります。

非常に足が早いので、ターゲットウィンドウを出し、ダブルクリック連打で引きよせます。
(これでだいぶ逃げられまくるのを阻止できる)

敵のいる部屋側にできるだけ行かないようにコントロールしつつ、少しずつ削っていきます。

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

ドットまで来ました。あと一息、なのですが、高い攻撃力と自動反撃のせいで、とどめを刺す瞬間まで油断できません。

そして数分後…
無事撃破しました!

E型格闘ガーゴイル討伐記録07:オーガコック

交戦時間はおよそ1時間30分ほど。時間かかりました…
今回は死んだ回数が多い、というのもありますが(汗

最初は減り具合から見て、あきらめようかなぁ…とも思ったのですが、「倒せるのは今しかない!」と思い、がんばってみました。
次のパブリッシュでクエスト対象になるので、少しは混むと思うので…

「最後まであきらめないこと」が重要だと改めて思った次第です。

余談ですが、3段ケーキのレシピ、出ましたー

気まぐれUO日記:E型格闘ガーゴイル討伐記録06:金処刑人

格闘家への道:金処刑人撃破報告

Author:試作E型

討伐対象:金処刑人(パラゴン化したExecutioner)
討伐場所:イルシェナー ロックダンジョン

レギュレーション:スペルブックあり、人モード

「攻撃反射」が相手だとどうなるのか、ちょっと確認も兼ねて金処刑人に挑んできました。

■処刑人の特徴
・全攻撃反射
反射率は50%。要するに常時レジ100でBOがかかっている感じ、と言えば良いでしょうか。
毒ダメージだろうがFist of Furyのダメージだろうが何だろうが全部反射してくるので、攻撃力/攻撃速度を上げすぎると死にます。

・武器持ち+そこそこの攻撃力
その名の通り、処刑斧を持っています。スキルもしっかり入っている(UOモンスター協会さんによると、伐採まで入っている様子)ので、ダメージはそこそこ貰います。
が、こいつは人間であるのもあり、ディザームが通ります。
しかもスキルが剣術らしく、素手になったとたん命中/回避率ががたがたに。

さて、いざ戦闘開始!

…の前に、ただの処刑人(ディザーム済み)+赤メイジにやられました(汗
相方に蘇生に来てもらい、とりあえず金が湧くのを待ちます。
※なので今回はSSに相方が写りこんでいます。

すると、金処刑人の登場!

あらためて戦闘開始です。

格闘家への道:金処刑人撃破報告

まずはディザームで武器を落とします。これで相手はほぼ何もしてこなくなります、が。
こいつのメインは反射なのであまり意味がないとも。

反射でどんどん分身が消されるため、分身は展開せずに殴りあいます。
安全を追うのであれば、いっそのこと低ダメージになるようにブレイサーを外せばよいのですが…それだとパラゴン特有のHP回復に泣かされるはめになりかねないので、ブレイサーはつけっぱなしで戦っています。

魔ダメ80ぐらいのLTが20点ほど、殴りもエネワン張って20点ほど。当たりが良いと40点通りますが、20点帰ってきます。
連続してあたりを引くとそれはそれできつくなります。
(包帯回復能力を上回ることも)
保険のため、Rampageを発動しておき、こちらの自然HP回復能力を増やしておきます。

なお、早く倒そうとしてFist of Furyを使うと、3発分+LTのダメージと、その後の抵抗貫通攻撃(いまの構成で最大42点)の半分が一気に跳ね帰ってくるので、運が悪いと死にそうに。

格闘家への道:金処刑人撃破報告

7分ぐらいでここまで削れました。相手側に特に回復もないのでのんびり行けるのですが、最速で包帯を巻いていかないと、あっというまにピンチになります。

パラゴンゆえ足も速いので、いったん仕切り直しをする際にはパラブロウを忘れずに。
徒歩では逃がしてくれません。(それで一回ピンチになりました…)

格闘家への道:金処刑人撃破報告

ドットまで来ました。追いこみのためFist of Furyを使ってみます。
すると20点*3+LT20点に次の攻撃が貫通42点+LT20点という構成になってしまい、一気に71点ほどライフが持っていかれました(汗
危ない危ない…

格闘家への道:金処刑人撃破報告

で、撃破!
所要時間は10分ちょっとでした。

結果としてはブレイサーなしのほうが安定しそうでした。
「こちらの攻撃力を落とさないと死ぬ可能性がある」と言う意味でもおもしろい相手でした。